Seaman’s Eye

Mission

キャプテンのもう一つの目となり、海の今を計る

海上は陸上と違い、波や風などを計る観測インフラが整備されていません。Seaman’s Eyeはその名の通り、キャプテンのもう一つの目となり、船舶の安全運航をサポートします。汎用化されたスマートフォンを活用し、船舶の動揺・軌跡の把握やカメラによって海上の様子を撮影し、海上の“今”をリアルタイムでモニタリングします。Seaman’s Eyeによって観測された情報は船舶向けの航海支援情報や気象・海象予測に活かされています。

Seaman’s Eyeによって観測された海上の様子と航海の軌跡、動揺。