物流気象

Logistic-flow Inventory Management Service:LIMS

最適物流在庫管理サービス

豪雨、豪雪、熱帯低気圧、強風、洋上荒天など、ありとあらゆる気象現象が海送、陸送、空輸の輸送障害を引き起こす要因となります。
物流気象では、サプライチェーンの上流から下流まで、全行程に携わる供給企業、輸送企業、輸送インフラ企業、需要企業の連携による安全性、計画性、定時性、効率性の全体最適化と高次元標準化を目指すことを、物流気象リスクマネジメントの観点からリスクコミュニケーションを提供します。

物流在庫管理 Logistic Planning

動態把握、可視化と共有化

  • これまでの差異
  • これからの比較と選択
  • これからの計画

各Leg間の経送路別の所要時間、コスト、排出量

  • 計画 Planning(RTA : Required Time of Arrival)
  • 実況 Actual(ATD : Actual Time of Departure / ATA : Actual Time of Arrival)
  • 可能性 Possibility(PTA : Possible Time of Arrival)
  • 推定 Estimated(ETA : Estimated Time of Arrival)

季節、人為、気象ファクター

Service 1

Freight Schedule Management Service

動態のモニタリングに加えて、現在位置から目的地の到着可能時間(PTA)や推定到着時間(ETA)を提供します。推定到着見込みと荷受計画時間とのズレや延着リスクの見える化を行うことで、供給企業、物流インフラ企業、輸送企業と需要企業の連携によるサステナビリティー向上と物流在庫管理の経済性向上を支援します。

Mining Market Logistics Flow under Weather Risks
Energy Market Logistics Flow under Weather Risks
Crop Market Logistics Flow under Weather Risks
Manufacturing Market Logistics Flow under Weather Risks
コンテンツサンプル