ニュース

第三回花粉飛散傾向を発表!花粉観測機「ポールンロボ」が観測基準値を上回る

【速報・第三回花粉飛散傾向】ついに東京など1都6県で花粉シーズンに突入

〜毎日の花粉予報や大量飛散情報が届く『花粉対策アラーム』で万全な対策を〜

モバイル/インターネット >

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、15日までに東京都、埼玉県、神奈川県、茨城県、群馬県、千葉県、静岡県の16県で基準(※)を超える花粉の飛散が観測され、今後も飛散が徐々に増える見込みであることから、当該の都県で花粉シーズンに突入したことを発表しました。東京都の花粉シーズンの開始時期は、寒気の影響を受けて昨年より16日遅く、平年(2008年~2017年平均)より12日遅くなりました。
 今後は厳しい寒さになる日もありますが、春の気配を感じるような暖かさになる日もあり、西・東日本で花粉シーズンのエリアが拡大しそうです。まだ花粉シーズンに入っていない地域の方も花粉対策を始めることをおすすめします。なお、西・東日本の広範囲で飛散ピークを迎えるのは、スギ花粉は3月上旬~中旬、ヒノキ花粉は3月下旬~4月中旬の予想です。
 ウェザーニューズでは、花粉観測量に応じて目の色が変化する独自の花粉観測機「ポールンロボ」を全国に設置しており、花粉のリアルタイム観測を行っています。観測された花粉情報は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」やウェザーニュースウェブサイトの「花粉Ch.」からご覧いただけます。また、スマホアプリの利用者を対象に、一人ひとりの症状に合わせた対策情報や予想飛散量を毎朝プッシュ通知でお知らせし、花粉症でお困りの方をサポートしていきます。

毎日の花粉予報や花粉観測データはこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後「花粉Ch.」にアクセス
または
ウェザーニュースウェブサイト「花粉Ch.
https://weathernews.jp/s/pollen/


東京など16県で花粉シーズンに突入

※クリックすると拡大されます

 15日までに花粉観測機『ポールンロボ』によって、東京都、埼玉県、神奈川県、茨城県、群馬県、千葉県、静岡県で基準(「ポールンロボ」の3割以上が110個以上を2日観測)を超える花粉飛散量が観測され、今後も飛散が徐々に増える見通しであることや、ユーザーからの花粉症の症状報告でも“つらい”や “ややつらい”の回答が増加していることを総合して、ウェザーニューズは花粉シーズンに突入したことを発表しました。
 花粉シーズンの開始時期は、寒気の影響を受けて各地とも昨年・平年よりも遅く、東京都では「昨年より16日遅く、平年より12日遅い」花粉シーズンの開始となりました。
 スギの雄花は暖かくなると花を開いて花粉を飛ばし始めます。今シーズンは、平年よりも気温の低い日が多くなり、特に1月下旬から記録的に強い寒気の影響を受けて各地で厳しい寒さとなりました。その後、2月になって寒気が緩んだことで気温が上がり、15日は東京で15を超えるなど、3月下旬並みの春の気配を感じる暖かさとなったため、スギの雄花が開き、スギ花粉の飛散シーズンに突入したものと思われます。

飛散開始予想:2月下旬にかけて、西・東日本でさらに花粉エリア拡大へ

※クリックすると拡大されます

 この先2月下旬は、気温の変動が大きくなります。寒気の南下によって厳しい寒さになる日もありますが、春の気配を感じるような暖かさになる日もあります。そのため、西・東日本では花粉シーズンに入るエリアが拡大しそうです。
 その後、3月に入っても寒気の流れ込む日はありますが、寒気は段々南下しにくくなります。暖かい日も増えるため、大雪に見舞われた北陸や東北南部でも3月上旬に花粉シーズンに入る予想です。

飛散ピーク予想:西・東日本のスギ花粉は3月上旬~中旬、ヒノキ花粉は3月下旬~4月中旬

 花粉シーズンに入った後、1週間から10日くらいで本格的な花粉シーズンに突入します。スギ花粉のピークは、関東など早い所で2月下旬から、西・東日本の広範囲で3月上旬~中旬、東北では3月中旬~4月上旬の予想です。3月が終わりに近づくとスギ花粉のピークは越え、代わって西日本からヒノキ花粉の飛散が増えていきます。
 九州や東海、関東では3月下旬~4月上旬、中国や四国、近畿では4月上旬~中旬にヒノキの花粉飛散量がピークとなる予想です。
 また、シラカバ花粉が飛散する北海道では、道南・道央はゴールデンウィーク前後、道北・道東は5月中旬に飛散ピークを迎える予想です。

※クリックすると拡大されます
※クリックすると拡大されます

飛散量予想:全国的に少なめの平年比65%に

 2018年のスギ・ヒノキ花粉シーズンの花粉飛散量は、全国で平年の65%となる見込みで、東日本を中心に平年の50%未満となる地域が目立ちます。特に、記録的な日照不足となった関東は、東京都で平年の50%、茨城県では平年の28%となる予想です。一方、九州北部や青森県、北海道(シラカバ花粉)では、平年の110%以上と飛散量が多くなる地域もあります。
 全国的に花粉飛散量が多かった2017年シーズンと比べてみても、三重県や静岡県、関東北部では50%未満と、大きく下回る予想となっています。
 ただ、風が強い日や雨の降った翌日などは一時的に花粉の飛散が増えるため、油断できません。飛散量が平年より少ない予想でも油断せず、花粉シーズンへの備えが必要です。

都道府県ごとの花粉飛散傾向

エリア

都道府県

花粉飛散量
(平年比:%)

花粉飛散量
(2017年比:%)

花粉シーズン
イン予想

花粉飛散ピーク予想

花粉シーズン
アウト予想

北海道

北海道

111

85

4月下旬

道南・道央:5月上旬
道北・道東:5月中旬

6月上旬

東 北

青森県

117

107

3月中旬

スギ:3月下旬〜4月中旬

5月上旬

岩手県

68

121

3月中旬

5月上旬

秋田県

76

85

3月中旬

5月上旬

宮城県

61

116

3月上旬

スギ:3月中旬〜4月上旬

5月上旬

山形県

67

97

3月上旬

5月上旬

福島県

53

86

3月上旬

5月上旬

関 東

茨城県

28

43

2/15

スギ:2月下旬〜3月中旬
ヒノキ:3月下旬〜4月上旬

5月上旬

栃木県

30

46

2月下旬

5月上旬

群馬県

30

47

2/15

5月上旬

埼玉県

48

77

2/14

5月上旬

千葉県

51

65

2/15

5月上旬

東京都

50

71

2/15

5月上旬

神奈川県

51

69

2/14

5月上旬

中 部

山梨県

45

68

2月下旬

スギ:3月上旬〜中旬
ヒノキ:3月下旬〜4月上旬

5月上旬

長野県

47

59

3月上旬

スギ:3月中旬〜下旬
ヒノキ:4月中旬

5月上旬

新潟県

59

101

3月上旬

5月上旬

富山県

46

50

3月上旬

5月上旬

石川県

57

65

3月上旬

5月上旬

福井県

55

67

3月上旬

5月上旬

静岡県

32

34

2/15

スギ:3月上旬〜中旬
ヒノキ:3月下旬〜4月上旬

5月上旬

愛知県

48

58

2月下旬

5月上旬

岐阜県

49

57

3月上旬

5月上旬

三重県

31

34

2月下旬

5月上旬

近 畿

滋賀県

42

54

2月下旬

スギ:3月上旬〜下旬
ヒノキ:4月上旬〜中旬

5月上旬

京都府

69

77

2月下旬

5月上旬

大阪府

55

60

2月下旬

5月上旬

兵庫県

77

88

2月下旬

5月上旬

奈良県

51

83

2月下旬

5月上旬

和歌山県

89

89

2月下旬

5月上旬

中国
四国

岡山県

71

66

2月下旬

スギ:3月上旬〜中旬
ヒノキ:4月上旬〜中旬

5月上旬

広島県

75

74

2月下旬

5月上旬

鳥取県

70

108

3月上旬

スギ:3月上旬〜中旬
ヒノキ:4月上旬〜中旬

5月上旬

島根県

70

97

3月上旬

5月上旬

山口県

89

92

2月下旬

スギ:3月上旬〜中旬
ヒノキ:3月下旬〜4月上旬

5月上旬

徳島県

55

57

2月下旬

スギ:3月上旬〜中旬
ヒノキ:4月上旬〜中旬

5月上旬

香川県

55

56

2月下旬

5月上旬

愛媛県

87

86

2月下旬

5月上旬

高知県

45

52

2月下旬

5月上旬

九 州

福岡県

115

101

2月下旬

スギ:3月上旬〜中旬
ヒノキ:3月下旬〜4月上旬

4月下旬

佐賀県

119

100

2月下旬

4月下旬

長崎県

111

75

2月下旬

4月下旬

大分県

65

59

2月下旬

4月下旬

熊本県

83

66

2月下旬

4月下旬

宮崎県

101

91

2月下旬

4月下旬

鹿児島県

107

118

2月下旬

4月下旬

全 国

65

75

花粉飛散量の求め方について
花粉の飛散量は、沖縄県を除く46都道府県に設置された花粉観測機「ポールンロボ」が観測した数値をもとに算出されています。また、花粉飛散傾向の予想は、過去の花粉飛散量と前年の夏と秋の天候やエリア別の飛散傾向、また全国から寄せられる『雄花リポート』を分析した結果です。
花粉シーズン開始や飛散開始予想日は各都道府県に設置している花粉観測機「ポールンロボ」のうち、3割以上が110個以上を観測した日(2日以上)を基準とし、ウェザーニュース会員からの症状報告も参考にしています
花粉飛散量の平年値:2008年~2017年の10年平均飛散量

参考情報:花粉対策コンテンツ

『花粉対策アラーム』イメージ

 スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「花粉Ch.」では、花粉飛散量や天気、風の予報を時系列で一覧できる1時間ごとのピンポイント花粉飛散予報や、花粉観測機「ポールンロボ」が観測したリアルタイムの花粉飛散量を無料でチェックできます。そのほか『花粉対策アラーム』では、その日の予想飛散量や花粉シーズンの開始・ピークをスマホにプッシュ通知でお届けします。さらに、花粉症タイプを診断する『花粉症チェックシート』にお答えいただくと、毎朝一人ひとりの症状にあった花粉対策や、臨時で大量飛散の情報をお知らせします。今のうちにぜひご登録ください。

 

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら