防災気象

防災業務における最適配備体制をサポート

昨今、強大化している台風やゲリラ雷雨などによって、都市型水害が頻発しています。また、全国各地で局地的な豪雨が発生し、土砂崩れなどの危険も増えています。
ウェザーニューズの防災気象サービスは、気象特性のみならず地域特性や過去の災害事例を踏まえ、自治体ごとの気象災害特性を把握して情報提供をするとともに、その状況に応じた最適な配備体制の実現をサポートしています。
防災は「いざ」という時の判断が重要です。防災対策のすべてを公助たる自治体が担うのではなく、住民による「自助」「共助」を支援するコンテンツサービスも提供しています。

Service 1

水防対策支援サービス

気象災害の発生の恐れがある際の迅速かつ効率的な防災体制を確立するため、事前・事中・事後をサポートする、体制判断に不可欠なコンテンツを提供します。
地域災害特性に基づく水防体制指標の提供・意思決定時における必要なサポート・事後報告業務の支援・住民向け自主判断材料の発信などの業務直結型の支援サービスです。
また、仮説・運用・検証のサイクルにより、より適切な体制指標の運用を行い、体制配備のコスト適正化に貢献します。