ニュース

GWまであと約一週間! GWの天気傾向発表

GW期間は全国的に晴天と雨の繰り返しで、2~3日おきに変化

~ 晴天日は気温が上昇して清々しい陽気になり、半袖日和の日も ~

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、ゴールデンウィーク(4月27日~5月6日)の計画に天気情報を役立ててもらうため、期間中の天気傾向を発表しました。今回発表する内容は、全国および、北日本、東日本、西日本、南西諸島のエリアごとの天気と体感の傾向です。ゴールデンウィーク直前の4月26日(木)には、最新の全国各地の10日間天気予報を発表する予定です。

ゴールデンウィーク期間中の天気傾向

<全国>
~GWは晴天と雨の繰り返しに~

今年のゴールデンウィークは2~3日おきに天気が変わる周期変化型になりそうです。晴れる日もあれば、低気圧や前線の通過で雨になる日もある見込みです。上空に寒気が流れこみ、強い雨や雷雨になることもあるので、登山などは余裕を持った計画が必要です。晴れると清々しい陽気になり、西日本では気温が上がり、半袖日和の日が多くなりそうです。沖縄は梅雨の走りで、曇りや雨の日が多くなってきます。なお、ゴールデンウィーク期間中、桜の開花前線は東北北部から北海道へ渡り、特に東北北部ではお花見日和に恵まれる日が多くなりそうです。

<北日本>
~GW後半は、暖かなお花見日和に~

20120418_1_01
画像をクリックすると拡大画像が見られます

ゴールデンウィーク前半(4月27日~5月1日)は、天気が周期変化する見込みです。高気圧に覆われると朝晩は冷えても、昼間は日差しが暖かく感じられそうです。桜の開花前線は東北北部から北海道へ北上します。ゴールデンウィーク後半(5月2日~6日)は、弘前公園など東北北部でお花見シーズンを迎え、北海道は札幌周辺でも桜が開花します。高気圧に覆われて暖かなお花見日和が多くなりそうです。

<東日本>
~晴天日はレジャーに最適な陽気に~

20120418_1_02
画像をクリックすると拡大画像が見られます

ゴールデンウィークは、低気圧や前線の通過により、全般に天気が2~3日おきに周期変化し、晴天と雨の繰り返しになりそうです。ゴールデンウィーク前半(4月27日~5月1日)は、上空に寒気が流れ込み、山沿いでは強い雨や雷雨になる可能性もあるので、登山などは余裕を持った計画がオススメです。後半(5月2日~6日)は、晴れるとシャツ一枚で快適な陽気となりそうです。ゴールデンウィークは、最新情報を確認し、晴天の日を狙ってお出かけすると良さそうです。

<西日本>
~晴天日は半袖日和で、紫外線対策が必要~

20120418_1_03
画像をクリックすると拡大画像が見られます

ゴールデンウィークは、全般に天気が2~3日おきに周期変化する見込みです。高気圧に覆われると、清々しい晴天になり、昼間は半袖でちょうどいいくらいの日もありそうです。新緑が眩しい時期ですが、お出かけの際は、万全の紫外線対策が必要です。ゴールデンウィーク後半(5月2日~6日)は、低気圧や前線の通過で雨になる可能性もあるため、お出かけの際は最新情報を確認してください。

<南西諸島>
~GW後半は、早くも梅雨の気配~

20120418_1_04
画像をクリックすると拡大画像が見られます

ゴールデンウィーク前半(4月27日~5月1日)は、高気圧と前線が交互に通過する予想です。晴れたり曇ったりで、2~3日おきに雨が降る見込みです。日差しはジリジリと照りつけ、屋外レジャーは紫外線対策を万全にする必要があります。雨の後は涼しい北風が吹くこともありそうです。ゴールデンウィーク後半(5月2日~6日)は、前線の影響で曇りや雨の日が増える見込みです。梅雨の走りで、ムシムシ、ジメジメと感じられる日が多くなります。