サービスができるまで

私たちの予測技術とリスクコミュニケーションサービスの流れ

Observation + Eye-Servation

独自の観測インフラ
による観測情報

サポーター“感”測情報

一日平均約13万人からの
ウェザーリポート
台風時には約25万人が参加

全世界の公的機関の
観測情報

例:気象庁、世界気象機関など

多岐にわたる観測データを収集

Analysis + Forecast

独自の予測モデル

KN-Expertシステムによって予測技術者の知見を反映

24時間365日のモニタリング

気象技術の研究開発とオクラホマ大学との連携

これらの予測情報をもとにお客様ごとの対応策情報を作成

Risk
Communication
(10Vスケールに基づく対応策情報)