ニュース

ウェザーニューズ、「年末年始の10日間予報」発表

年越し寒波到来!日本海側では大雪となる恐れも
初日の出、太平洋側ほど晴れてバッチリ見えそう

~ インターネット・携帯サイトの「年末年始の天気Ch.」で最新情報を毎日更新 ~

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、年末年始の計画に天気情報を役立ててもらうため、2012年12月27日(木)~2013年1月5日(土)までの全国各地の10日間予報を発表しました。最新の10日間予報は、インターネットサイトと携帯サイト「ウェザーニュース」内の『年末年始の天気Ch.』で確認することができます。『年末年始の天気Ch.』では、各地の天気予報をチェックできるほか、旅先からの実況リポートやスキー&スノボ情報、道路の渋滞・規制情報など、帰省や旅行の計画に役立つコンテンツを取り揃えています。

都道府県別、年末年始の「10日間予報」の最新情報はこちら
インターネットサイト
「年末年始の天気Ch.」

URL: http://weathernews.jp/newyear/
携帯サイト
URL:http://wni.jp/

年末年始10日間の全国の天気

〜初日の出、太平洋側ほど晴れてバッチリ見えそう〜

20121226_1
画像をクリックすると拡大画像が見られます

クリスマス寒波が去った後、次は年越し寒波がやってきます。27日は冬型の気圧配置が弱まり、日本海側の雪は段々と収まる見込みです。その後、28日〜30日に日本列島を低気圧が通過し、31日からは再び冬型の気圧配置に変わる予想です。この冬型の気圧配置は2日頃まで続き、日本海側では大雪となる所がありそうです。太平洋側は冬晴れの年越しとなり、初日の出は太平洋側で見られる所が多くなりそうです。詳しくみると、北海道の道東の太平洋側、関東〜近畿の太平洋側、四国東部、九州の太平洋側の一部では、綺麗に輝く初日の出が拝める所が多い見込みです。北海道、東北の太平洋側〜中部エリアの内陸部〜近畿北部、山陽、四国西部、九州の広い範囲、沖縄県では雲が多いものの、雲の隙間を狙って、初日の出を拝めるチャンスがあります。各地で真冬の寒さになるので、初詣などは万全の寒さ対策をしてお出かけ下さい。

【北日本】は、29日〜30日に低気圧が通過して雪や雨が降る予想で、北海道では大雪の恐れがあります。その後、31日~2日頃は強い寒気が流れ込んで、日本海側は大雪となる所がありそうです。帰省時の移動は、最新の情報を確認するようにして下さい。
【東日本】は、28日~30日に低気圧や前線の通過でまとまった雨になる所があり、その後、31日〜2日頃は強い寒気が流れ込む予想です。日本海側で雪がまとまり、風も強まるため、交通への影響が考えられます。帰省時は、時間に余裕を持って出発した方が良さそうです。太平洋側は晴れますが、寒さが厳しい年越しになりそうです。
【西日本】は28日~30日に低気圧や前線の通過でまとまった雨の所があり、その後、31日~2日頃は強い寒気が流れ込みます。日本海側は雪が降り、市街地でも積もる所がありそうです。太平洋側は晴れても寒さが厳しい年越しになる予想なので、初詣などお出かけの際は、しっかりとした寒さ対策が必要です。
【南西諸島】は寒暖の変化が大きい年末年始となる予想です。30日~2日頃は、すっきりしない空となり、北風が吹く影響で気温以上に寒く感じそうです。初詣や挨拶回りなど、暖かくしてお出かけ下さい。

【都道府県別の天気傾向】

20121226_0

【エリア別詳細】

北海道 年末年始は、雪の降り方に注意が必要です。27日以降は次第に雪が収まり、一旦寒さが和らぐ予想ですが、30日は低気圧が通過して湿った雪になり、大雪の恐れがあります。31日~3日頃は冬型の気圧配置で強い寒気が流れ込む予想です。日本海側やオホーツク海側は吹雪になったり、積雪が多くなる可能性があります。帰省時の移動の際は、最新情報を確認するようにして下さい。また、太平洋側は晴れても厳しい寒さが続くので、暖かくしてお過ごし下さい。初日の出は太平洋側ほど晴れてバッチリ見える見込みです。
その後は雪や寒さのピークを越えますが、4日~5日頃は再び低気圧の通過で、大雪となる恐れがあります。
20121226_2
画像をクリックすると拡大画像が見られます
東北 年越しは寒さが厳しくなりそうです。27日以降は冬型の気圧配置が弱まり、厳しい寒さや日本海側の雪は段々と収まる予想ですが、29日~30日は低気圧が通過するため、雨や湿った雪になりそうです。31日以降は再び冬型の気圧配置になり、2日頃までは強い寒気が流れ込みます。日本海側は大雪の恐れがあり、太平洋側にも雪雲が流れ込むことがありそうです。帰省時の移動の際は、最新情報を確認して下さい。
1日の朝は、雲が多いものの、太平洋側で雲の隙間から初日の出を眺められるチャンスがありそうです。暖かくしてお出かけ下さい。3日以降は徐々に寒気が弱まりそうです。
20121226_3
画像をクリックすると拡大画像が見られます
関東 年末年始は真冬の寒さとなりそうです。29日~30日は低気圧が接近・通過し、雨が降る予想です。31日以降は冬型の気圧配置で冬晴れとなり、初日の出が拝める見込みです。寒気の影響で寒さが厳しい年越しとなるので、初詣や初日の出を見に行く際はマフラーや耳当てなどの小物を用いた、万全の寒さ対策が必要です。
3日は一旦高気圧に覆われ寒さが和らぎますが、4日は再び低気圧が接近し、天気は下り坂になります。
20121226_4
画像をクリックすると拡大画像が見られます
東海・甲信 年末年始は冬らしい寒さとなりそうです。28日~30日は低気圧が接近・通過して、沿岸ほどまとまった雨が降り、甲信では雪になる所もある見込みです。31日以降は冬型の気圧配置で冬晴れとなり、太平洋側ほど綺麗に輝く初日の出が拝める見込みです。寒気の影響で寒さが厳しい年越しとなるので、初詣や初日の出を見に行く際は万全の寒さ対策が必要です。
3日は冬型の気圧配置が一旦緩み、寒さが幾分和らぐ予想です。4日は再び低気圧が通過し、雨が降る分、体感温度は少し下がりそうです。
20121226_5
画像をクリックすると拡大画像が見られます
北陸 年末年始は、雪の降り方に注意が必要です。27日以降は次第に冬型の気圧配置が弱まって、段々と雪が収まり、寒さも和らぐ予想です。28日~30日は低気圧・前線が通過するため、雪ではなく、雨の所が殆どとなりそうです。雪崩に要注意です。31日~2日頃は強い寒気が流れ込むため、再び雪で風も強く、大雪となる恐れがあるので、帰省時の移動の際は、最新情報をこまめに確認して下さい。初日の出を拝むのは難しい予想なので、自宅でのんびり過ごすのがオススメです。3日以降は、寒さのピークを越えそうです。
20121226_6
画像をクリックすると拡大画像が見られます
近畿 年越しは厳しい寒さになりそうです。年末には低気圧や前線が通過し、雨になる予想です。その後は寒気が到来し、大晦日から2日にかけて寒さのピークとなる見込みです。北部では雪が降り、市街地でも積雪の可能性があります。中・南部では天気が変わりやすく、雪が舞うこともあります。太平洋側ほど綺麗に輝く初日の出を拝める見込みです。キーンと冷えるので、暖かい甘酒で身体を温めると良さそうです。その後は一旦高気圧に覆われ、寒気が弱まるので、徐々に寒さは和らぎます。仕事始めの4日~5日頃は低気圧の通過で雨になりそうです。
20121226_7
画像をクリックすると拡大画像が見られます
中国 年末年始は、天気が周期的に変化する見込みです。クリスマス寒波の後は一旦寒さが緩みますが、低気圧の影響で広いエリアで雨となる予想です。低気圧通過後は冬型の気圧配置になり、寒気がやってくるため、大晦日から2日が寒さのピークとなりそうです。山陰地方では雪となり、市街地でも積雪する可能性があるため、初日の出を拝むのは難しそうです。また、山陽地方でも雪が舞うことがありますが、雲の隙間から初日の出を拝めるチャンスは十分にあります。
その後は徐々に寒気が弱まり、3日にかけて日差しの温もりを感じられそうです。仕事始めの4日~5日頃は低気圧の通過で雨になる予想です。
20121226_8
画像をクリックすると拡大画像が見られます
四国 年末年始は、天気が周期的に変化する見込みです。クリスマス寒波の後は一旦寒さが緩みますが、低気圧の影響で広いエリアで雨となる予想です。低気圧通過後は冬型の気圧配置になり、寒気がやってくるため、大晦日から2日が寒さのピークとなりそうです。瀬戸内エリアでは雪が舞うこともあるので、万全の寒さ対策が必要です。太平洋側ほど晴れて、初日の出をバッチリ拝める見込みです。
その後は徐々に寒気が弱まり、3日にかけて日差しの温もりを感じられそうです。仕事始めの4日~5日頃は低気圧の通過で雨になる予想です。
20121226_9
画像をクリックすると拡大画像が見られます
九州 年末年始は、天気が周期的に変化する見込みです。クリスマス寒波の後は一旦寒さが緩みますが、低気圧の影響で広いエリアで雨となる予想です。低気圧通過後は冬型の気圧配置になり、寒気がやってくるため、大晦日から2日が寒さのピークとなりそうです。北部では雪が舞うこともあり、初詣など万全の寒さ対策をしてお出かけ下さい。初日の出は、広いエリアで雲の隙間を狙って眺めることができそうです。
その後は徐々に寒気が弱まり、3日にかけて日差しの温もりを感じられそうです。仕事始めの4日~5日頃は低気圧の通過で雨になりそうです。
20121226_10
画像をクリックすると拡大画像が見られます
南西諸島 年末年始は、曇りや雨の日が多くなる予想です。特に低気圧や前線の影響を受ける28日〜29日は雨が降りやすく、傘が必要になります。その後は冷たい北風が吹き、元日をピークに暖かな上着が必要な寒さとなりそうです。1日の朝は、雲が多いものの、雲の隙間を狙って、初日の出を拝めるチャンスは十分あります。
3日以降は寒さが徐々に和らぎ、暖かさが戻ってくる見込みです。
20121226_11
画像をクリックすると拡大画像が見られます

本情報をプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら