ニュース

今年最後の3連休、各地の天気と“ホワイトクリスマス予報”を発表

3連休は日本海側ほどホワイトクリスマス、東名阪でもチャンスあり

〜 3連休のお出かけは、太平洋側では23日(日)・24日(月)がオススメ 〜

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、24日(月)のクリスマスイブに向けて“ホワイトクリスマス予報”を発表するとともに、3連休の計画に役立てて頂くため、22日(土)〜24日(月)の各エリアの天気予報を発表しました。3連休は、初日の22日(土)に低気圧と前線が通過する影響で広い範囲で雨や雪となり、その後クリスマス寒波が到来しそうです。24日(月)は、日本海側を中心に雪となる予想で、夜には東名阪の大都市圏でも雪がチラチラと舞ってホワイトクリスマスになる可能性があります。“ホワイトクリスマス予報”の最新情報は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『お知らせ』ページや携帯サイトの『イルミネーション情報』で公開しています。

24日(月)、クリスマスイブの天気は?

20121221
画像をクリックすると拡大画像が見られます

24日(月)夜〜25日(火)の朝は、強い寒気の影響で日本海側を中心に雪となり、全国の広い範囲でホワイトクリスマスになる可能性があります。北日本の日本海側〜山陰では、大雪になる恐れがあり、風が強く、吹雪くこともあるので、自宅でのんびり過ごすのがオススメです。北日本の太平洋側や東名阪の大都市圏、瀬戸内エリアでは、雨が雪に変わり、夜にはチラチラ舞う雪とイルミネーションのロマンチックなコラボが楽しめる可能性があります。冷たい風でグッと冷え込むので、暖かい服装でお出かけ下さい。一方、東海沿岸部〜西日本の太平洋側では、雲が流れ込みにくく、雪となる可能性が低いため、ホワイトクリスマスは『難しい』予想です。今シーズン1番の寒さとなるところもありそうなので、しっかりとした寒さ対策をしてお出かけ下さい。

※このMAPは、12月21日時点での予報をもとに見解を出しています。最新の天気は随時更新しているスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」のお知らせページや、携帯サイトのイルミネーション情報にてご確認ください。

3連休の天気は?

22日(土)は、低気圧と前線が通過する影響で全国的に雨や雪、強風となる予想です。23日(日)〜24日(月)は冬型の気圧配置となる見込みで、日本海側は雪が続き、冬らしい銀世界の休日となりそうです。太平洋側では、日差しが届きますが、冷たい風でグッと冷え込むのでしっかりとした寒さ対策が必要です。

<北日本>

22日は各地で雨や雪となり、東北北部では雪が積もる予想です。その後、強い寒気が流れ込む影響で日本海側ほど雪が続き、東北の日本海側は23日、北海道の日本海側は24日に大雪となる恐れがあります。強い風で吹雪くこともあるので、3連休は自宅で年賀状を書いたりするのも良さそうです。
東北の太平洋側では24日に雨や雪が止み、日差しの届くタイミングがある見込みです。グッと冷え込むので、万全の寒さ対策をしてお出かけ下さい。

<東日本>

22日は各地で冷たい雨が降り、お出かけには傘が手放せません。太平洋側では雨が強く降る可能性があり、標高の高いところでは雪まじりの雨となりそうです。その後クリスマス寒波が到来し、北陸では23日の夜から(25日まで)大雪となる恐れがあり、長野や飛騨エリアでも積雪するほどの雪となる可能性があります。外せない予定は22日に済ませて、あとは年賀状を書く等、自宅でのんびり過ごすのも良さそうです。
関東や東海、甲信エリアのお出かけは、23日〜24日がオススメです。天気が回復して日差しが届く予想なので、冬の屋外イベントも楽しめそうです。グッと冷え込んで真冬の寒さが続くので、暖かい服装をしてお出かけ下さい。

<西日本>

22日は各地で冷たい雨が降り、太平洋側では強く降る可能性があるため、お出かけには傘が必須です。その後、23日〜24日はクリスマス寒波が到来して日本海側から雪に変わり、九州でも北部を中心に雪が舞う可能性があります。近畿北部や山陰では、市街地でも積雪することがありそうです。外せない予定は22日に済ませて、あとは年賀状を書く等、自宅でのんびり過ごすのも良さそうです。
太平洋側のエリアでは、天気が回復する23日〜24日のお出かけがオススメです。今シーズン1番の寒さになるところもある予想で、24日の夜は雪が舞う可能性があります。しっかりとした寒さ対策をしてお出かけ下さい。
南西諸島では、3連休は雲が多く、時々雨が降るぐずついた天気が続きます。風が強く、気温以上に寒く感じられるので、暖かい服装でお出かけすると良さそうです。

※この見解は、21日時点での予報をもとに出しています。最新の天気はスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」や携帯サイト、インターネットサイトで随時確認することができます。