ニュース

ウェザーニューズ、流星コンテンツを大幅バージョンアップ

日本で一番キレイな流星をいち早くあなたにお届け
ふたご座流星群の動画をスマホにリアルタイム配信

~ ソーシャル性を強化し、流星動画をみんなで共有できる“シェア機能”を装備 ~

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、12月14日朝にピークを迎えるふたご座流星群に向けて、スマートフォンで展開する「ウェザーニュースタッチ」内の星空チャンネルにおいて、流星コンテンツを大幅にバージョンアップします。今回バージョンアップするコンテンツ“流星キャッチャー”は、流星が観測された際、その動画をリアルタイムに編集、あらかじめ事前登録している登録者のスマートフォンにPUSH通知でお知らせし、いち早く流星を楽しむことが出来るサービスです。日本で一番キレイな星空が観測出来ると言われている場所から、最新の気象予測などを加味して選定されたスポットに中継班を派遣します。ウェザーニューズではこれまで、流星が観測できると期待される全国7箇所に中継班を派遣し、その様子をリアルタイムにSOLiVE24番組でお届けしてきましたが、今回は、番組を見られない方でも、より流星を楽しめるように、スマートフォン向けコンテンツをバージョンアップしました。

“流星キャッチャー”のご登録はこちらから
スマートフォン向けアプリケーション「ウェザーニュースタッチ」を
ダウンロード後、『星空Ch.』にアクセス

日本で一番キレイな星空で見る流星をリアルタイムに動画配信

20121210
流星キャッチャー PUSH通知画面イメージ

今回新たに開始する“流星キャッチャー”は、有料会員向けのコンテンツで、スマートフォン向けアプリケーション「ウェザーニュースタッチ」内にある星空チャンネルで、あらかじめ事前登録しておくと、ふたご座流星群の観測チャンスとなる13日の夜(23時から25時)に流星が観測された際、その様子を動画でリアルタイムにスマートフォンのPUSH通知が届き、いち早く流星を楽しむことができるサービスです。PUSH通知を受け取る流星の中継エリアは“全国”“現在地”から選択でき、いつどこにいても、スマートフォンで流星を視聴できるのが特徴です。また、“Facebook”や“twitter”を通じて流星の様子を他の人にも伝えることができ、より多くの方と感動を分かち合うことが可能です。流星を撮影する観測スポットは、その日、日本で一番キレイな夜空を選定するため、最新の気象予測および、観測に適している場所から最適なスポットをいくつかピックアップします。観測に行ったけど天候不良で観測出来なかった方や、夜に出かけられない方にオススメのサービスです。