ニュース

三大流星群の一つ“ペルセウス座流星群”、12日夜から13日朝にかけて観測ピーク!

“ペルセウス座流星群”、全国的に雲の隙間からの観測に

〜 12日(日)午後8時より、「SOLiVE24」にて流星の様子を全国7カ所から生中継 〜

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、観測ピークを間近にひかえた“ペルセウス座流星群”を多くの方に楽しんで頂くため、最新の気象予測から8月12日(日)の天気の傾向を発表するとともに、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて“ペルセウス座流星群”の様子を同時中継することを発表しました。12日(日)は、南からの湿った空気や前線の影響で全国的に曇りや雨のところが多くなりますが、雲の隙間から見えるチャンスがありそうです。番組では、流星の観測が期待される全国7カ所から同時中継を行い、リアルタイムでお届けする予定です。

“ペルセウス座流星群”の最新情報はこちらから

スマートフォン向けアプリケーション
「ウェザーニュースタッチ」

をダウンロード後、「星空Ch.」にアクセス

携帯サイト
「ウェザーニュース」

URL:http://wni.jp/

インターネットサイト
「ウェザーニュース」

URL: http://weathernews.jp/perseus/

“ペルセウス座流星群”、先島で観られる可能性が高く、全国的に雲が多い見込み

20120810_1
画像をクリックすると拡大画像が見られます

ペルセウス座流星群がピークとなる12日(日)は太平洋高気圧の勢力が弱く、南からの暖かく湿った空気や前線の影響を受け、全国的に曇りや雨のところが多くなる見込みです。観測には好条件とは言えませんが、雲の隙間から流星が見られるチャンスはまだ残されています。一番、条件が良さそうなのは、前線から離れていて、湿った空気の影響もそれほど大きくない先島諸島(沖縄県)です。西日本・東日本は夜間も気温が高く、熱帯夜のところが多くなりますが、北日本は涼しい夜になります。北海道や東北北部では肌寒いくらいになるので、流星観測をする際は、羽織る物があると良さそうです。また、流星群のピーク前後の11日(土)・13日(月)も、高気圧の勢力や前線の動きによって流星群を見られるエリアが変化するので、最新情報をご確認ください。

※このMAPは、8月10日時点での予報をもとに見解を出しています。最新の天気は随時更新しているスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」、携帯サイトまたはインターネットサイトにてご確認ください。

12日(日)午後8時より、「SOLiVE24」で“ペルセウス座流星群”を全国7カ所から生中継!

20120810_2

24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、“ペルセウス座流星群”を視聴者と観測して楽しむため、12日(日)午後8時より各地から中継を行う特別番組を放送します。中継は、流星の観測が期待される全国7カ所から行い、流星の様子と観測者のリアルタイムのコメントをお伝えします。当日、悪天候で観測が難しいエリアの方や外での観測が難しい方は、「SOLiVE24」を通して“ペルセウス座流星群”の様子を楽しむことが可能です。番組は、スマートフォン向けアプリケーション「ウェザーニュースタッチ」の『SOLiVE24 Ch.』で楽しめる他、パソコンやテレビ(BS 910Ch)でも視聴できます。パソコン向けのアプリケーションをダウンロードして視聴する場合は、チャット機能を利用して、流星を観た感動や喜びについて語り合っていきながら、より一層盛り上がることができます。