ニュース

多大な被害をもたらした台風4号

10万人を超えるサポーターの現地報告が台風の被害軽減に貢献

  • TV視聴者からの参加が約10万人を記録
  • 各地から寄せられたウェザーリポートは2万通近く

株式会社ウェザーニューズ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、18日から19日にかけて日本列島を通過し、多大な被害をもたらした台風4号において、その被害を少しでも軽減するため、TV視聴者や携帯電話利用者から成るサポーターと共に、台風状況の正確な把握に努めました。その結果、10万人を超える日本各地からのリアルタイム報告により、正確な台風の実態把握加え、気象観測機から得られる数値的な情報以外の沢山の現地情報から、精度の高い台風情報の提供に成功しました。ウェザーニューズと全国15の放送局(朝日放送、テレビ朝日、名古屋テレビ、北海道テレビ、山口朝日放送、新潟テレビ21、福島放送、秋田朝日放送、山形テレビ、長野朝日放送、熊本朝日放送、鹿児島放送、岩手朝日テレビ、大分朝日放送、青森朝日放送)との視聴者参加型コラボレーション企画である「みんなでソラをライブ」の視聴者には、台風が接近した18日より、番組からの質問に対しTVリモコンのボタンを使って今の雨や風の様子、体感について報告して頂きました。24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」でも視聴者に同様の質問をしていった結果、2つの番組に寄せられた報告数は、19日の1日間で99,343件に達しました。携帯電話利用者からは、雨や風の様子だけではなく、身の周りの状況についても写真とコメントのリポートが届けられ、18日〜19日の2日間で18,082通のリポートが寄せられました。ウェザーニューズでは台風による被害を少しでも軽減するため、今後もより多くのサポーターと共に被害軽減に努めていきます。

テレビのリモコンを使いリアルタイムに現地状況を把握する“ソラボタン”

20120620_1
画像をクリックすると拡大画像が見られます

19日(火)、台風4号が6月としては8年ぶりに日本に上陸し、各地に多大な被害をもたらしました。ウェザーニューズでは、ウェザーニューズと全国15の放送局との視聴者参加型コラボレーション企画である「みんなでソラをライブ」の視聴者に、「いまの雨風は?」と質問していきました。視聴者には質問に対し、インターネットに接続されたテレビリモコンのカラーボタンを使い、番組時間内に選択肢(雨が強い、雨風ともに強い、風が強い、どちらも弱い)から回答して頂きました。また、インターネットやBS放送(910Ch)から視聴・参加できる24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」の中でも同様の質問をした結果、2つの番組に寄せられた報告数は19日の1日間で99,343件にもおよびました。定期的に雨風の様子を質問していった結果、寄せられた多くの報告により、台風の接近・上陸にともなう各地の雨風の強さやその変化を、全国の方と追っていき、台風の実態を把握することができました。

写真とコメントから現地の詳しい状況が把握可能なウェザーリポート

20120620_2

「ウェザーリポート」は、ウェザーニューズが2005年から展開している参加型の企画で、普段から空の様子や体感などを、コメントや写真・動画と合わせて報告して頂いています。今回、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」やスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」、インターネットサイト、テレビ(BS 910Ch)等を通じて、台風4号の影響についてウェザーリポートの募集を行いました。その結果、ウェザーニューズには被害の様子や、雨風の強さについてコメントしたリポートが続々と届き、18日(月)〜19日(火)の2日間に寄せられたリポートは18,082通にのぼりました。「風がだんだん強くなってきました」「強い雨が降り続き、道路が冠水しています」といった、現地の情報をリアルタイムに共有することができました。また、多くの方から寄せられたリポートにより、台風の影響を正確にとらえることができ、より精度の高い台風情報を提供していくことで減災につなげていくことができました。