ニュース

次回は105年後の希少な天体ショー“金星の日面通過”、明日6日に迫る!

“金星の日面通過”、西日本で絶好の観測チャンス

〜 「SOLiVE24」、日面通過開始の朝7時から終了の13時まで、全国3ヵ所から生中継 〜

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、6月6日(水)に“金星の日面通過”を迎えるにあたり、多くの方に観測を楽しんでいただくため、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にてその中継を実施することを発表しました。番組では、観測に適すると予想される全国3カ所から“金星の日面通過”の様子を中継する予定です。また、番組では、スマートフォン向けアプリ「ウェザーニュースタッチ」や携帯サイト「ウェザーニュース」の利用者から寄せられたコメントや写真を紹介し、視聴者と共に天体ショーを盛り上げていく予定です。

6日(水)の天気は?

〜 金星の日面通過”、西日本で絶好の観測チャンス! 〜

20120605_1_1
画像をクリックすると拡大画像が見られます

6日(水)の“金星の日面通過”とは、金星が黒い点となって太陽の前面を横切る現象で、次回日本国内で金星の日面通過が見られるのは105年後となります。“金星の日面通過”となる6日(水)は、西日本はよく晴れて、バッチリ観測できそうです。一方、梅雨前線の影響を受ける東日本では、太平洋側ほど雲が厚く雨になります。東海地方では段々と天気が回復しますが、関東地方では昼過ぎまでは雨が降りやすく、観測は難しそうです。北日本は寒気の影響で雲が出やすく、雲の間からの観測となりそうです。

“金星の日面通過”、東京で7時11分スタート

20120605_1_2
画像をクリックすると拡大画像が見られます

“金星の日面通過”は6日(水)朝〜昼間にかけて、黒い点が太陽の上部を通りすぎるように動き、約6時間見ることができます。東京で、金星が太陽を横切り始めるのは7時11分、金星が最も深く入り込むのは10時30分、通過終了は13時47分です。観測する際は、目を痛めないよう必ず専用の観測グラスをご使用ください。最新の“金星の日面通過”の見解、観測を楽しむための注意点は、スマートフォン向けアプリ「ウェザーニュースタッチ」や携帯サイト、インターネットの特別サイトで確認することができます。

「SOLiVE24」で“金星の日面通過”を全国3カ所から中継!

20120605_1_3

24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、“金星の日面通過”を視聴者と観測して楽しむため、番組編成はそのままに、6日(水)7時より各地から中継を行う予定です。ウェザーニューズでは、“金星の日面通過”の感動を多くの方と味わえるよう、観測に適すると予想される2地点、スタジオがある千葉県の合計3カ所から“金星の日面通過”の状況をお届けする予定です。番組は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」で楽しめる他、PCやテレビ(BS 910Ch)でも視聴可能です。番組では、中継の様子だけでなく、視聴者の方と共に“金星の日面通過”を見た感動や喜びをチャット機能を利用して語り合っていきながら、利用者から寄せられた写真・コメントなども紹介し、楽しんでいきます。また、悪天候のため“金星の日面通過”の観測が難しいエリアの方や観測に出かけることが難しい方も「SOLiVE24」を通して各地の“金星の日面通過”の様子を楽しむことができます。

“金星の日面通過”の最新情報はこちらから

スマートフォン向けアプリケーション

「ウェザーニュースタッチ」

をダウンロード後、「おしらせ」にアクセス

携帯サイト

「ウェザーニュース」

http://wni.jp/

インターネットサイト
「ウェザーニュース」

URL:http://weathernews.jp/venus/