ニュース

東日本大震災から1年、津波被害ゼロを目指すために

3月9日~12日、「SOLiVE24」にて視聴者と一緒に考える「減災特集」を実施

~ TV、インターネットを通じて、地震訓練や災害による被害軽減についてディスカッション ~

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、東日本大震災から1年を迎えるにあたり、今後も起こると想定される大規模な地震、津波の発生に備え、3月9日~12日の4日間、「減災特集-津波被害0を考える-」を24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて実施します。「減災特集」は、インターネットに接続しているパソコン、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」、BS放送を見ることができる方なら誰でも参加可能です。「減災特集」では、地震訓練に参加できる他、今後起こることが想定される地震のエリア、津波の被害想定、そして東日本大震災の復興などについてウェザーニューズの減災担当や専門家と共に確認、振り返ることができます。また、災害による被害軽減を目指すため、これからの減災についてチャットやウェザーリポートなどを通して全国の視聴者と自由に語り合う(ディスカッション)ことも実施します。いつどこで発生するかわからない震災においては、普段からの十分な備え、的確な行動が生死を分け、被害の大きさを左右すると言われています。ウェザーニューズでは、東日本大震災から1年が経った今、「減災特集」の期間を通して、より多くの方が改めて減災に対する意識を高め、一人ひとりがいざという時に自ら行動し、被害を軽減できるよう取り組んでいきます。

「減災特集-津波被害0を考える」はこちらから視聴・参加可能
「SOLiVE24」のダウンロードはこちらから
URL: http://weathernews.jp/solive24/
スマートフォンアプリ
「ウェザーニュースタッチ」内の「SOLiVE24Ch.」

TV、インターネットを通じて実施する「地震訓練」

20120308_1_01

「地震訓練」は、3月10日(土)12:00~15:00の時間帯に実施されます。「地震訓練」では、最大震度7の地震発生を想定して、訓練用に緊急地震速報「The Last10-Second」を起動させ、地震が発生するまでの10秒間で何ができるのか、どのような行動を取ることができたのかを検証します。また、この時間帯には、ウェザーニューズの減災担当と共に、今後、発生すると想定される地震発生のエリアの他、津波の被害想定について確認をします。また、東北大学災害制御センター長の今村文彦教授のVTRをもとに、一人ひとりができる津波対策についても紹介します。番組は常にチャットと連動しており、減災担当者に質問を行ったり、地震や津波への理解を深めることができます。

全国の視聴者と減災について自由にディスカッション

ウェザーニューズでは、災害を完璧に防ぐ(防災)ことは難しく、被害を少しでも減らすために、今できることから始める「減災」の考え方に立って、国、自治体、企業、個人が総力を挙げて(自助・共助・公助)取り組まなければならないと考えています。3月10日(土)18:00~20:00の時間帯は、ウェザーニューズの減災担当と全国の視聴者と共に、減災についてチャットやウェザーリポートなどを通じて語り合う(ディスカッション)ことを実施します。自分の想いを自由に述べることができる他、様々な意見も参考にしながら知識を深めることができます。

3月11日の全国の空を繋ぐ「3.11の空を届けよう」企画

ウェザーニューズでは、毎月16日16時16分、全国のウェザーリポーターに今の空を写真に撮ってもらい、各地の様々な空模様を楽しみ、一つに繋がる空を感じてもらう「ソライロ」企画を実施しています。3月11日(日)は特別編として、一日を通して「3.11の空を届けよう」という企画を実施します。東日本大震災からちょうど1年が経った日、全国各地の空の写真を集め、各番組内で随時紹介し、全国各地の空を見ながらそれぞれの想いを番組で語り合うことができます。

津波発生時に備え、意見を交わし、対応策を考える「津波クロスロード」

20120308_1_02

3月12日(月)12:00~15:00の時間帯は、津波発生時を想定し、意見を交わすことで対応策を考える「津波クロスロード」を実施します。「津波クロスロード」は、まず調査という形で津波発生時を想定し、“大津波警報が発表されました。あなたは外出中で高台にいます。自宅は海のそばで家族がいるはず。あなたはどうしますか?”などを問いかけます。視聴者は、チャット機能を利用して全国の視聴者とそれぞれの意見を出し合い議論をします。また、番組内では、京都大学防災研究所の矢守克也教授のVTRも紹介し、専門家の意見も参考にすることができます。ディスカッションにおいては明確な答えはありません。「津波クロスロード」では、様々な立場の人と意見を共有することで、いざという時の対応策を身につけることを目標としています。

東日本大震災の復興を専門家と考えます

3月12日(月)18:00~20:00の時間帯は、日本災害復興学会理事である上村靖司先生に出演いただき、東日本大震災の復興について視聴者と共に考えます。この一年の復興について振り返ると共に、これからの復興がどうあるべきか語り合うことができます。また、一人ひとりができる復興支援についても紹介していく予定です。
その他、「減災特集」が実施される4日間は、番組内で期間を通して、避難場所の再確認やこだわりの減災グッズなどについて全国の視聴者と共有します。また、東北各地の被災地からの中継を随時行い、実際にウェザーニューズのサポーターの方にも出演いただき、震災から1年が経った想いをお話いただく予定です。