ニュース

気象災害から身を守る いざという時の備えは完璧ですか?

明日、TV、インターネットを通じ、全国規模で取り組む「減災訓練」実施

~ 12:00から「SOLiVE24」で全国の視聴者と緊急地震速報「The Last10-Second」で一斉訓練 ~

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、阪神淡路大震災から17年目の明日1月17日(火)、震災を振り返り、今後起こりうる大規模な地震の発生に備え、12時00分より24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」内で「減災訓練」を実施します。「減災訓練」は、インターネットに接続しているPC、スマートフォン、BS「910Ch」放送を視聴できる方なら誰でも参加可能です。いつ起こるかわからない地震に対しては、普段から備品や避難経路の確保などの対策を十分に備えておく必要があります。訓練では、地震の発生前に配信される緊急地震速報を受け、地震が発生するまでの10秒間で何ができるのか、様々なシチュエーションに合わせて試みることができます。また、番組では訓練後、地象のプロより対策方法や大地震が想定されるエリアとその確率についてもわかりやすく解説します。ウェザーニューズでは、より多くの方が減災に対する意識を高め、一人ひとりが震災時に自ら行動して被害を軽減できるよう、今後も定期的に利用者との取り組みを実施していきます。

PCでの視聴・参加はこちら スマートフォンでの参加はこちら
SOLiVE24をダウンロード
URL:http://weathernews.jp/solive24/
◆スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」
 の「SOLiVE24Ch.」にアクセス
◆スマートフォン向けWEB版「ウェザーニュース」
 の「SOLiVE24Ch.」にアクセス

TV、インターネットを通じ、様々なシチュエーションに対応できる「減災訓練」

20120116-2_01

「減災訓練」は、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」内で実施されます。「SOLiVE24」はPC、BSデジタル放送910ch、スマートフォンで視聴することができる番組で、当日に番組を視聴できる方なら誰でも自宅や勤務先、移動中など、様々なシチュエーションで「減災訓練」に参加することができます。「減災訓練」は、1月17日(火)12:00~14:00の時間帯に、最大震度7の地震発生を想定して訓練用に緊急地震速報「The Last10-Second」の映像を番組内で放送し、地震が発生するまでの10秒間でどのような行動ができたのかを検証します。現在考えている避難方法を実践してみたり、突発的に起こったことに対し、自分がどのような対策が取れるのかなどを試すことができます。訓練後は、実際に自分が取った行動をチャットを通じて意見を交換し合い、地象のプロにより解説が行われます。また、番組では、阪神淡路大震災と東日本大震災の違いや、今後大地震が起こると想定されるエリアとその確率についてわかりやすく解説を行う予定です。

携帯サイト、インターネットサイトで過去の震災情報を共有

20120116-2_02

「減災訓練」は、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」内で実施されます。「SOLiVE24」はPC、BSデジタル放送910ch、スマートフォンで視聴することができる番組で、当日に番組を視聴できる方なら誰でも自宅や勤務先、移動中など、様々なシチュエーションで「減災訓練」に参加することができます。「減災訓練」は、1月17日(火)12:00~14:00の時間帯に、最大震度7の地震発生を想定して訓練用に緊急地震速報「The Last10-Second」の映像を番組内で放送し、地震が発生するまでの10秒間でどのような行動ができたのかを検証します。現在考えている避難方法を実践してみたり、突発的に起こったことに対し、自分がどのような対策が取れるのかなどを試すことができます。訓練後は、実際に自分が取った行動をチャットを通じて意見を交換し合い、地象のプロにより解説が行われます。また、番組では、阪神淡路大震災と東日本大震災の違いや、今後大地震が起こると想定されるエリアとその確率についてわかりやすく解説を行う予定です。