ニュース

ウェザーニューズ、日本代表チームを現地でサポート

スポーツ気象チーム5人がリオデジャネイロに出発

〜リオの気象情報を毎日伝える「日本代表サポート特設サイト」を本日開設〜

スポーツ祭典気象 >

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、5日(現地時間)からリオデジャネイロで開催される国際スポーツ大会において、トライアスロン・セーリング・ラグビー・女子ホッケー日本代表チームなど全7競技16チーム(現時点)を幕張の予報センターと現地の2カ所からサポートします。本日、現地でサポートを行うスポーツ気象チーム5名がリオに向けて出発しました。観測機を現地に持ち込み、実況値を随時予報に反映することで、より精度の高い情報を提供していきます。選手の健康管理や練習スケジュール策定だけでなく、試合の戦略・戦術に活用できる気象情報を提供することでチームの勝利を後押しします。

 また、リオの気象情報を伝える「日本代表サポート特設サイト」を本日開設しました。スポーツ気象チームがリオの天気や競技ごとのサポートのポイントを毎日お届けします。

特設サイトはこちらから
http://weathernews.jp/s/topics/201607/140035/

スポーツ気象チームのリオ派遣メンバー
スポーツ気象チームのリオ派遣メンバー
◆ 7競技16チームを現地でサポート

 大会期間中は幕張の予報センターとリオから日本代表の7競技16チームを気象面で支援します。本日、現地でサポートするスポーツ気象チームの5名がリオに向けて出発しました。
 リオ派遣メンバーは3日に到着してから21日まで予報センターと連携してサポートを行います。会場周辺に観測機を持ち込んで観測を行うほか、予報士が現地の空を目で見た情報を予報センターに共有し、予測に反映することでより緻密な情報を作成していきます。

◆ ウェザーニューズ スポーツ気象チーム 現地派遣メンバー
チームリーダー:浅田 佳津雄
チームリーダー:浅田 佳津雄
予報リーダー:内藤 邦裕
予報リーダー:内藤 邦裕
海上競技担当:堀内 恒治
海上競技担当:堀内 恒治
陸上競技担当:御器谷 佳祐
陸上競技担当:御器谷 佳祐
観測担当:菅原 一輝
観測担当:菅原 一輝
◆ 「日本代表サポート特設サイト」を本日開設

 ウェザーニューズはリオの気象情報をお届けする「日本代表サポート特設サイト」を開設しました。サイト内では、日本代表チームとのやり取りやサポートのポイントのほか、リオの天気を毎日お届けします。特設サイトはスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」のほか、下記URLからご覧いただけます。

http://weathernews.jp/s/topics/201607/140035/

20160802_7

 ◆ 競技によるサポートポイントの違い

  • トライアスロン:風の強さによって自転車のホイールを変えたり、潮の流れによって泳ぐコースを検討したり、ペース配分を組み立てるなど、天気が非常に大きく影響する競技です。
    特に、リオは午前と午後で風の向きや強さが変わるため、切り替わるタイミングの把握が重要になります。
  • セーリング:いかに正確に予測し、風に乗ることができるかで勝負が決まります。特に午前と午後で風向きが変わるリオは、どれだけ風をよむことができるかがポイントとなります。
  • ラグビー:天気の雨・晴れ、風の強い・弱いで戦略戦術が変わります。7人制ラグビーは一日に数試合行い、試合と試合の間の体力回復にも気象条件が影響してくるので、一日の細かい気象情報が重要となってきます。