ニュース

国内外から総勢516名がエントリー、衛星画像のデータ圧縮率を競う

「ウェザーニューズプログラミングコンテスト」最優秀賞決定

〜最優秀圧縮アルゴリズムを大規模データの保持・管理に活用〜

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、「ウェザーニューズプログラミングコンテスト」の最優秀賞を決定しました。当社が活用している各種気象データの中でも衛星画像は特にデータサイズが大きく、保持や転送速度の向上が課題となっています。本コンテストは、衛星画像のデータを圧縮するアルゴリズムを開発して圧縮率の高さを競うもので、国内外から総勢516名のエントリーがありました。最優秀賞は、圧縮率23.71%(※)を実現するアルゴリズムを開発した町永圭吾さんが受賞されました。2月5日にウェザーニューズ・グローバルセンターで授賞式が行われ、代表取締役社長の草開より表彰盾と賞金が贈呈されました。当社はこのアルゴリズムを用いて衛星画像データを効率的に圧縮し、データの保持や転送速度の向上に活用してまいります。
(※)テストデータにおいて一般的な圧縮形式であるbz2圧縮と比べ23.71%小さいデータサイズに圧縮。

◆最優秀賞受賞者 町永 圭吾さんのコメント
 大変技術的に興味深いコンテストで、他にも膨大なデータが発生しており、圧縮技術に注目しているというお話も聞かせていただきました。大変でしたが、優勝できて嬉しいです。

最優秀賞受賞者 町永 圭吾さん(左)、
ウェザーニューズ代表取締役社長 草開 千仁(右)

◇「ウェザーニューズプログラミングコンテスト」概要
 ・期間:2017年12月15日正午〜1月15日正午
 ・エントリー人数:516名(所属:大学57校、中学・高等学校49校、企業108社、他)
  ・内容:衛星画像を圧縮するアルゴリズムを設計・実装し、データ圧縮率の高さを競う。  
           AtCoder株式会社の協力のもとオンライン上で実施。
 ・審査方法:当社の審査員が圧縮率やプログラムソースコードを審査し、最優秀賞を決定。

◇AtCoder 株式会社について
AtCoder株式会社は東京を拠点としたプログラミングコンテスト運営会社です。AtCoder社が運営するサービス「AtCoder」では年間60回を超えるプログラミングコンテストが開催され、常時1,000人以上が参加しています。
AtCoder株式会社(https://atcoder.jp)

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら