ニュース

ウェザーニューズ、アジア諸国における減災への貢献を目指し、

第50回台風委員会総会の事前イベントのトークショーに協賛

〜ベトナム・ハノイで官民連携の事例を紹介し、意見交換〜

ハノイ >

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、2月28日から3月3日にベトナムの首都ハノイで開催された第50回台風委員会総会(The 50th Session of ESCAP/WMO Typhoon Committee、以下TC50)の事前イベントとして開催されたトークショー“The Role of Meteorological and Hydrological Services in Sustainable Development”に協賛しました。このトークショーでは、WMO(World Meteorological Organization)事務局長、VPCC(Vietnam Panel on Climate Change)諮問委員会副委員長、ベトナム気象総局副局長を中心に、アジア地域における防災及び気候変動対策、生産支援、経済社会発展における気象水門分野の役割について議論されました。また、TC50の開催期間中、当社とパートナーシップを締結しているベトナムHYMETECH (Centre for Application of Hydrometeorological Technology)と共に異常気象や気候変動による災害と経済損失の減少に向けて取り組んでいることを紹介し、官民連携の事例としてその意義を認める声を聞くことができました。今後もウェザーニューズは、アジアにおける台風および気象情報の精度向上と共に、気象情報の伝達手段を考慮した気象サービスを展開し、減災への貢献を目指していきます。

トークショーの様子
記念撮影

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら