ニュース

ウェザーニューズ、インドネシア地震の特設サイトを開設

被災地周辺の気象情報を配信、最新天気を把握して二次災害の防止へ

ジャカルタ >

9月28日にインドネシア・スラウェシ島で発生した地震・津波による死者数は12日時点で2,000人を超えており、現在も救助・復旧活動が続けられています。株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、救助・復旧作業などの二次災害防止や、被災者や現地に住む日本人の安全のため、「インドネシア地震特設サイト」を開設しました。本サイトでは、現地の1時間天気、週間天気、雨雲レーダー、衛星画像をインドネシア語・英語・日本語等で発信しています。今後は、停電時に明かりを確保する方法や水害時の衛生対策など被災地に向けた情報を追加していきます。

インドネシア・スラウェシ島では、16日にかけて大気の状態が不安定となり、昼間に限らず一時的に強い雨がざっと降りそうです。特に14日前後は長時間雨が続く予報で、災害につながる恐れもあるため、最新の気象情報にご注意ください。これらの情報が現地で被災された方々の避難生活や今後の救助・復旧活動に少しでもお役に立つことができれば幸いです。

インドネシア地震特設サイト(日本語/英語/インドネシア語他)
https://wni.my/?RXE

 

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら