ニュース

ウェザーニューズ、商船三井、三井E&S造船「FOCUS」プロジェクトを始動

気象と運航船データにAI技術を活用し最適運航支援の実現へ

航海気象 >

株式会社ウェザーニューズ(代表取締役社長 草開千仁、本社:千葉県千葉市、以下「ウェザーニューズ」)は、株式会社商船三井(代表取締役社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)並びに三井E&S造船株式会社(社長:古賀 哲郎、本社:東京都中央区、以下「三井E&S造船」)と、運航データ利活用に向けたプロジェクト『FOCUS』(Fleet Optimal Control Unified System)を始動させました。まずは、商船三井運航船150隻から実海域における詳細な航海·機関データを収集し、クラウド上にデータ保管のうえ、3社の実績と知見を集結して、高度な運航モニタリングや推進性能分析のアプリケーションを開発します。船陸間の連携を一層深度化させるユーザーフレンドリーなアプリケーションを通じて、更なる安全運航強化、環境負荷低減を実現します。

今後、3社は『FOCUS』を通じて、機関状態診断·故障予兆診断技術の活用によるCBM(Condition Based Maintenance)化の促進、運航船との動画·音声情報共有によるタイムリーな船舶の状況把握、AI技術の活用による最適運航支援システムの実現、デジタルツイン技術の活用による船舶管理の強化等、継続的に実運航データを活用した有効性のあるアプリケーションソフトの拡充に努めます。

当社は、主に気象と運航船データにAI技術を組み合わせた最適運航支援の実現を中心として、海運業界を高度にサポートする技術を創造してまいります。

 

株式会社商船三井の会社概要

正式名称株式会社商船三井
所在地東京都港区虎ノ門2丁目11
設立19421228
資本金654億円(2018331日現在)
代表者代表取締役社長  池田 潤一郎
従業員数975人(連結10,832人、2018331日現在)
事業内容海運業

三井E&S造船株式会社の会社概要

正式名称三井E&S造船株式会社
所在地東京都中央区築地5丁目64
設立1937731
資本金2020 百万円
代表者代表取締役社長 古賀 哲郎
従業員数1,382名 (201841日現在)
事業内容造船・重工業

 

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら