ニュース

「花粉プロジェクト」に新たなウェアラブルカウンターが登場!

目のかゆみをカウントする『ポールングラス』のモニター募集開始

2月21日〆切、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」で100名募集

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、2005年にスタートした「花粉プロジェクト」の中で、目のかゆみをカウントする『ポールングラス』のモニター100名の募集を本日より開始しました。『ポールングラス』は、目のかゆみを記録する新しいウェアラブルなカウンターです。花粉による目のかゆみを感じた回数や時間を記録し、カウンターの目の色を「青」・「黄」・「赤」・「紫」の4段階に変化させます。また、記録されたデータは、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」で確認できます。ウェザーニューズは、2005年から花粉観測機「ポールンロボ」を用いて花粉飛散量の観測を続けてきており、今年は花粉による目のかゆみについて細かく調査し、かゆみの始まりやピークを地域ごとに調べます。募集期間は17日から21日の5日間で、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を通して受け付けます。

『ポールングラス』の
モニター応募はこちらから
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後、
「花粉Ch.」にアクセス

花粉が目に来るタイプの人は必見、『ポールングラス』 でつらい季節を楽しく乗り切ろう

 『ポールングラス』は、重さ37g(グラスとカウンターを含む)のウェアラブルなカウンターです。花粉による目のかゆみを感じた場合に、『ポールングラス』の鼻を押してもらいます。鼻を押すと点灯し、回数に応じて「青」・「黄」・「赤」・「紫」へと4段階に変化します。Bluetoothを内蔵しており、カウントされたデータはスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」からご覧いただけます。ウェザーニューズは蓄積されたかゆみのデータを分析し、地域ごとに今年のかゆみの始まりやピークを調べます。
 なお、モニター100名用とは別に、2月29日頃より200個限定で販売する予定です(3,980円/税抜)。色はクリアピンク・クリアブルー・スモークの全3種から選べます。



カウンターの色の変化
目の色
カウント数 1〜5回 6〜10回 11〜20回 21回〜

みんなで花粉症に立ち向かう「花粉プロジェクト」

 「花粉プロジェクト」は、一般の方々と一緒に花粉症に立ち向かうために2005年から実施している取り組みです。「花粉プロジェクト」では、全国の家庭・病院・学校などに花粉観測機「ポールンロボ」を設置していただくとともに、花粉症の方には毎日の症状を報告いただいています。
 「ポールンロボ」からウェザーニューズに自動送信された花粉飛散量のデータは無料で公開しています。花粉の飛散状況はウェザーニューズの予報センターで監視しており、観測データから毎年花粉のシーズンインや本格的な飛散開始を発表しています。観測データは、個人の症状に合わせた花粉対策アラームや、1時間ごとおよび週間の花粉飛散の予報に活用されます。さらに、観測データや花粉症の症状報告は花粉プロジェクトに参加している医療機関や一般企業にも提供され、花粉症の研究に役立てられます。花粉飛散状況は、インターネットサイト「ウェザーニュース」(http://weathernews.jp/pollen/)、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」、スマホ向けwebサイト「ウェザーニュース」(http://weathernews.jp/s/pollen/)の「花粉Ch.」からご覧いただけます。