ニュース

ウェザーニューズ、第四回花粉飛散傾向を発表

東京が本格花粉シーズンに突入!飛散ピークは3月上旬〜中旬

1都18県で本格飛散!西・東日本の広い範囲で本格花粉シーズンへ

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、花粉観測機『ポールンロボ』によって基準を超える花粉飛散量が観測されたため、東京都の本格的な花粉シーズンの突入を発表しました。東京都での本格花粉シーズンのスタートは、昨年と比べて6日遅くなりました。また、本日までに1都18県で基準を超える花粉飛散量が観測され、西・東日本の広い範囲で本格的な花粉シーズンに突入しました。今後、東京都を含む関東〜九州の各地で3月上旬~中旬に飛散ピークを迎える予想です。『ポールンロボ』の観測データは、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」やインターネットサイト「ウェザーニュース」の『花粉Ch.』からご覧いただけます。また、ウェザーニューズは、スマホアプリの利用者を対象に一人ひとりに合わせた当日おすすめの対策方法や飛散予想を毎朝お知らせし、花粉症にお悩みの方をサポートしていきます。

『花粉Ch.』はこちらから
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」
をダウンロード後、
『花粉Ch.』にアクセス
スマホ向けwebサイト
「ウェザーニュース」
http://weathernews.jp/
s/pollen/
インターネットサイト
「ウェザーニュース」
http://weathernews.jp/
pollen/

ついに東京でも“本格花粉シーズン”に突入

ウェザーニューズが設置している花粉観測機『ポールンロボ』の観測によると、3月1日(火)に東京都で本格的な飛散開始の基準(※1)を超える花粉飛散量が確認されました。今後は、さらに飛散量が増え、3月上旬〜中旬にスギ花粉が飛散のピークを迎える見込みです。
本日までに、沖縄県を除く46都道府県中、1都2府34県で敏感な人がつらいと感じる花粉シーズンに入りました。そのうち、1都18県で本格的な花粉シーズンを迎えました。


花粉の飛散開始予想

今週末は平年よりも気温が高く、全国的に暖かくなるため、西・東日本の残りの地域でも続々と花粉飛散が本格化する予想です。さらに、今週末は東北の広い範囲で花粉シーズンに突入し、花粉シーズンに入った後は1週間から10日程度で本格的な花粉シーズンに突入する予想です。なお、北海道のシラカバ花粉は4月下旬にシーズンインの予想です。


花粉の飛散ピーク予想

既に花粉の本格シーズンを迎えた関東〜九州の各地では3月上旬~中旬に、北陸や東北では3月中旬~下旬にスギ花粉の飛散がピークを迎える予想です。
スギ花粉の飛散量がピークを過ぎた後は、桜の花が咲く頃にヒノキ花粉の飛散量が増えます。ヒノキ花粉の飛散のピークは、九州では3月下旬から、その他の西・東日本では4月上旬~中旬の見通しです。


花粉の飛散量予想

〜全国的に平年よりもやや少ない見込みも、西日本では昨年比1.5〜2倍の予想〜

2016年のスギ・ヒノキ花粉シーズンの花粉飛散量は、全国的に平年(2008~2015年平均)より少なくなる予想です。ただ、昨シーズンの花粉飛散量が少なかった九州北部や四国では昨年比が1.5~2倍と予想されるため、2015年に症状が軽かったとしても油断はできません。風が強い日や雨の降った翌日などには一時的に花粉の飛散が増える恐れがあり、注意が必要です。



都道府県ごとの花粉飛散傾向

※ 1:“本格花粉シーズンイン”は、各都道府県に設置している花粉観測機「ポールンロボ」のうち、3割以上が1日30個以上を観測する日(1日以上)を基準とし、ウェザーリポーターからの症状報告も参考にしています。“花粉シーズンイン”は、花粉観測機「ポールンロボ」のうち3割以上が1日10個以上を観測する日(2日以上)を基準とし、ウェザーリポーターからの症状報告も参考にしています。
※ 2:平年値:2008年〜2015年の8年平均飛散量