ニュース

お天気番組「ウェザーニュースチャンネル」を配信開始

TOKYO MXのリアルタイム配信無料スマホアプリ 「エムキャス」内で24時間お天気番組をスタート

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)が実証実験を行っている、番組をリアルタイムで配信する無料スマホアプリ「エムキャス」とウェブ版(http://mcas.jp/)のチャンネル内で、当社が運営するお天気番組「ウェザーニュースチャンネル」の配信を開始しました。ウェザーニューズは、2000年にBS910chで放送を開始してから現在まで、ニコニコ生放送やYouTube Live、ケーブルテレビ、BSデジタル放送など様々なメディアに「ウェザーニュースチャンネル」を配信してきました。今後も、ウェザーニューズは「ウェザーニュースチャンネル」を通して減災につながる気象・災害情報をお伝えしていきます。

「ウェザーニュースチャンネル」はこちらから
無料アプリ「エムキャス」
App Store・Google Playからダウンロード
ウェブ版「エムキャス」
http://mcas.jp/

お天気番組「ウェザーニュースチャンネル」を「エムキャス」で配信開始!

「ウェザーニュースチャンネル」視聴イメージ

 ウェザーニューズは、TOKYO MXのリアルタイム番組配信の無料アプリ「エムキャス」とウェブ版(http://mcas.jp/)でお天気番組「ウェザーニュースチャンネル」の配信を開始しました。これまでに「ウェザーニュースチャンネル」は、ニコニコ生放送、YouTube Live、地上デジタル放送、BSデジタル放送、ケーブルテレビ、ポータルサイト(NTTドコモ / KDDI)の自社媒体を除く6種のメディアで配信されてきました。今回「エムキャス」に一つのチャンネルとして加わることで、7種の媒体で流れることとなります。
 番組は、24時間放送することでどこよりも早く地震・津波情報を発信するほか、チャット機能を活かして視聴者に今の天気や服装を聞いたり、ビデオチャットで全国の視聴者と繋いだりするなど双方向のコミュニケーションを図るお天気番組です。