ニュース

14日夜は今年最後の流星群!晴天エリアは前後10年で最高の観測条件に

ふたご座流星群”全国的に観測のチャンス

~「SOLiVE24」で“ふたご座流星群”を全国7カ所から生中継〜

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、三大流星群の一つであるふたご座流星群の観測を楽しんでいただくため、14日(月)夜〜15日(火)早朝の全国の天気傾向を発表しました。当日は全国の広い範囲で雲が多くなるものの、雲の切れ間から観測できる地域が多くなる見込みです。また高気圧に近い北海道の日本海側では良く晴れ、観測に絶好の夜空となりそうです。国立天文台によると、ふたご座流星群は毎年多く出現しており、ピーク時には1時間に40個以上の流星が見られることもあります。また、一晩中流星が出現するため、特に観測しやすい流星群です。今年の出現ピークとなる14日(月)夜〜15日(火)早朝は月明かりの影響がなく、天気が良ければ前後10年ほどの間で最高の観測条件となりそうです。ウェザーニューズでは14日(月)22時より、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて特別番組を組み、全国7カ所から流星の同時中継を行い、視聴者にリアルタイムでお届けする予定です。また、中継でとらえた星が流れた瞬間の動画を3分以内にスマホへお知らせするサービス“流星キャッチャー”の登録を開始しました。ウェザーニューズは、全国の皆様と一緒に天体ショーを楽しむため、今後も気象面のサポートだけでなく、天体観測に役立つきめ細かい情報を提供していきます。

“流星キャッチャー” の
登録はこちら
“ふたご座流星群”の最新情報はこちら
スマホアプリ
「ウェザーニュースタッチ」
をダウンロード後、
『星空Ch.』にアクセス
スマホ向けwebサイト
“ふたご座流星群”
http://weathernews.jp/s/star/gemini/
インターネットサイト特設ページ
“ふたご座流星群2015”
http://weathernews.jp/gemini/

12月14日(月)の天気は?

20151208_1

 ふたご座流星群がピークとなる14日(月)夜〜15日(火)早朝は、弱い低気圧や湿った空気の影響で全国の広い範囲で雲が広がりやすくなりますが、今年は月明かりの影響がないため、雲の切れ間を狙えば十分に観測を楽しめそうです。中でも高気圧に近い北海道の日本海側では良く晴れ、観測に絶好の夜空となる見込みです。ただ、低気圧に近い九州南部などでは厚い雲が広がり、観測には厳しい条件となりそうです。低気圧や前線、高気圧の位置次第で雲の広がり方が変わってくるので、最新の情報をご確認ください。この時期にしては気温が高めの予想ですが、夜は冷え込むのでしっかり防寒をしてお楽しみください。
 国立天文台によると、ふたご座流星群は毎年多く出現しており、ピーク時には1時間に40個以上の流星が見られることもあります。また、一晩中流星が出現するため、特に観測しやすい流星群です。今年の出現ピークとなる14日(月)夜〜15日(火)早朝は月明かりの影響がなく、天気が良ければ前後10年ほどの間で最高の観測条件となりそうです。

ふたご座流星群を「SOLiVE24」で全国7カ所から生中継!

24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、ふたご座流星群を視聴者と一緒に楽しむため、14日(月)夜(事前番組:22時〜、流星中継23〜25時)に特別番組を放送します。この番組では全国7カ所のロケ先から流星を生中継し、流星の映像と観測スタッフのコメントをリアルタイムにお伝えします。また、チャット機能で流星を見た感動を共有できるため、視聴者の皆様とスタジオが一体となって流星を楽しむことができます。当日、屋外で星空を見られない場合も「SOLiVE24」を通して、ふたご座流星群をお楽しみいただけます。番組はスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」やテレビ(BS 910ch)、インターネットサイト特設ページ “ふたご座流星群2015”(http://weathernews.jp/gemini/)のほか、YouTubeやニコニコ生放送から無料でご覧いただけます。

20151208_2

流星の動画が届く“流星キャッチャー”でどこでも天体観測!

 “流星キャッチャー”は、星が流れた瞬間の映像を3分以内にスマホに届けるサービスで、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『星空Ch.』から登録できます。ふたご座流星群の出現がピークとなる14日(月)夜(特別番組の時間帯:22〜25時)は、ウェザーニューズのスタッフが全国7カ所の流星中継をモニタリングし、流星が確認されると同時に動画を編集して、登録している方のスマホにPUSH通知でお届けします。PUSH通知画面からは流れたばかりの星の映像をすぐにご覧いただくことができ、どこにいても流星観測を楽しめます。
 また、当日は夜空を流れる星の数を全国の皆さまとカウントする“流星カウンター”を『星空Ch.』内で公開する予定です。ふたご座流星群は、流星の数が多い天体ショーで、2012年には全国1万人の皆さまと約5万個の流星をカウントしました。今年は全国的に雲の切れ間から流星が見られるチャンスがある予想なので、たくさんの流星出現に期待できそうです。

20151208_3