ニュース

「ウェザーニュースタッチ」と「Sunnycomb」を3D Touchに対応

〜もっと便利に!プレスですぐに現在地のお天気やLiVE動画をチェック〜

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、スマホ向けのお天気アプリ「ウェザーニュースタッチ」とグローバル版のソーシャルお天気アプリ「Sunnycomb」を3D Touchのクイックアクションに対応しました。今回のバージョンアップにより、今いる場所の予報が確認できる“現在地の天気”、 24時間365日気象情報を配信する“お天気LiVE動画”、空や体感を共有するコミュニティに参加できる“マイページ”にプレスでアクセスできるようになりました。ウェザーニューズは、ユーザーにとってより使いやすい形になるよう今後も新たなサービスの導入や操作性の改良を重ねていきます。


人気コンテンツをクイックアクションで呼び出そう!

 「ウェザーニュースタッチ」は全国900万人のウェザーリポーターと共に、日本の空の様子や季節の移ろいをみんなで共有する参加型のお天気アプリです。今回のバージョンアップにより、「ウェザーニュースタッチ」の中でも特にユーザーのニーズが高い“現在地の天気”、“お天気LiVE動画”、“マイページ”がiPhone 6s/iPhone 6s Plusに搭載された3D Touchのクイックアクションに対応しました。“現在地の天気”をタップすると、GPSの位置情報をもとにした周辺の10分・1時間・3時間毎や週間の天気予報がご覧いただけます。“お天気LiVE動画”では、ウェザーニューズ予報センターが24時間気象情報をリアルタイムに配信する番組「SOLiVE24Ch.」を楽しめます。また、“マイページ”では、天気の変化の予想をしたり、テーマに沿って自然や季節の風物詩を探したり、空でつながる“ソラトモ”とコミュニケーションをとるなどして楽しむことができます。
 「Sunnycomb」は、「ウェザーニュースタッチ」のグローバル版となるお天気アプリです。ウェザーニューズ予報センターは世界各国から届く空の写真を天気予報に反映しています。今回のバージョンアップにより、“現在地の天気”と“お知らせ”にプレスでアクセスできるようになりました。“現在地の天気”をタップすると、現在の天気・気温・湿度・風・降水量・日の出日の入りのほか、天気や気温の予想がご覧いただけます。

20151030_1

※3D Touchのクイックアクション画面
「ウェザーニュースタッチ」