ニュース

ウェザーニューズ、第二回紅葉見頃予想発表

紅葉の見頃は北日本で平年並、東〜西日本は遅めの予想

・今シーズンは全国的に鮮やかな色づきに期待!
・いろは坂は10月18日頃、嵐山は11月23日頃に見頃に

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は10月16日、全国各地の紅葉を楽しんでいただくため、第二回紅葉見頃予想を発表しました。北日本の平野部は平年並に見頃を迎えますが、東〜西日本は平野部ほど平年より遅い見頃となる予想です。東日本の山沿いでは平年並に見頃を迎える見込みで、すでに紅葉狩りを楽しめるスポットが増えています。今シーズンは朝晩の冷え込みや十分な日照によって、全国的に色づきが鮮やかな紅葉を期待できそうです。全国750カ所の紅葉の見頃予想日や、紅葉狩りの計画に役立つ情報は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」やインターネットサイト「ウェザーニュース」の『紅葉Ch.』をご覧ください。

最新紅葉情報はこちら
スマホアプリ
「ウェザーニュースタッチ」を
ダウンロード後『紅葉Ch.』にアクセス
スマホ向けwebサイト
「ウェザーニュース」
『紅葉Ch.』にアクセス
http://weathernews.jp/s/
インターネットサイト
「ウェザーニュース」
『紅葉Ch.』にアクセス
http://weathernews.jp/koyo/

全国の紅葉見頃予想

〜北日本は平年並、東〜西日本は平年よりも遅い見頃に〜
20151016_1

 今年の8月後半〜9月はオホーツク海高気圧の張り出しや寒気の流れ込み、低気圧や前線通過の影響で気温が平年より低くなり、北海道や東北〜東日本の標高が高い山では平年より早く見頃を迎えました。現在、北海道の平野部や東北〜東日本の標高が高い山で色づきが進んでおり、見頃を迎えているところが増えています。
 今後は10月後半~11月にかけて気温は全国的に高めとなる見通しです。すでに色づき始めている北日本の平野部や東日本の山沿いでは平年並に見頃を迎え、すでに紅葉狩りを楽しめるスポットが増えています。一方、東〜西日本の平野部は今後、気温が高めとなる影響で、平年より遅い見頃となる予想です。

〜全国的に紅葉が鮮やかになる条件揃うも、強風の影響が心配〜
20151016_2

 木々が鮮やかに紅葉するためには、葉が色づく時期に朝晩の冷え込みや十分な日照が必要です。
 今年は9月中旬から高気圧、低気圧、台風が交互に通過して天気が周期変化しました。すでに紅葉が始まっている北日本や東日本の山沿いでは、高気圧に覆われた日の朝晩の冷え込みと昼間の十分な日照によって、美しい紅葉になる気象条件が揃いました。ただ、北日本では9〜10月上旬に接近した台風や爆弾低気圧の影響で落葉したり、葉が傷ついて色がくすんだりしたところもありました。
 これから紅葉が始まる東日本の平野部や西日本では、10月後半以降も天気が周期変化して朝晩の冷え込みと十分な日照が見込まれ、鮮やかな紅葉に期待出来ますが、強い雨風に見舞われると色づきに影響が出る可能性もあります。

地域別の紅葉見頃予想



道央や道南で見頃のピーク!今週末は札幌市内でも紅葉狩りを楽しめそう
北海道は、8月後半にオホーツク海高気圧の影響を受けて平年よりも低い気温となり、大雪山旭岳では平年よりも早い見頃を迎えました。9月は高い山から段々と色づきが進み、道東や道北では広範囲で見頃を迎えました。オホーツク海側では早くも紅葉シーズンが終了しています。
10月15日(木)にかけて流れ込んだ寒気の影響で気温が下がって葉の色づきが急速に進み、その後も周期的に変化する天気が続くため、平野部では平年並に見頃を迎える見込みです。今週末は札幌市内にある円山公園や大通公園などでも見頃を迎え、紅葉狩りを楽しむことができそうです。また、天気の周期変化によって紅葉の色素の生成に必要な十分な日照と秋らしい冷え込みが見込まれるため、美しい紅葉に期待できそうです。ただ、10月初めの爆弾低気圧や台風23号の強い雨風でダメージを受けた木々は、色づきに影響が出ることもあります。
20151016_3 20151016_4

山沿いでは続々見頃に!平野部は平年並に見頃を迎える見込み
東北地方では9月後半、周期的に高気圧に覆われて放射冷却により朝晩に冷え込む日がありました。このため、山形蔵王など標高が高いスポットでは平年よりも早い見頃を迎えました。現在は山沿いで葉の色づきが進んでおり、今週末は田沢湖高原(秋田県)や安達太良山(福島県)で紅葉狩りを楽しむことができそうです。今後も天気が周期的に変化して放射冷却や寒気の影響で冷え込むため、色づきが進んで平年並の見頃を迎える予想です。天気の周期変化は十分な日差しと朝晩の冷え込みをもたらすため、鮮やかな紅葉が期待できそうです。
20151016_5 20151016_6

北部の山は既に見頃、都心周辺では11月末から見頃に!
関東では、9月は上〜中旬に曇りや雨の日が増えたことや寒気が流れ込んだ影響で平年より気温が低くなり、群馬県や栃木県の北部山沿いでは平年よりも早い見頃を迎えています。今週末も谷川岳(群馬県)や竜頭ノ滝(栃木県)で紅葉狩りを楽しむことができそうです。今後、気温は平年より高めの予想で、平野部ほど平年より色づきが遅れそうです。また、十分な日照と朝晩の冷え込みが見込めるため、鮮やかな紅葉が期待できます。神宮外苑銀杏並木など都心周辺のイチョウは、11月下旬に見頃となりそうです。
20151016_7 20151016_8

上高地など山沿いから見頃に!東海では平年より遅く見頃を迎える見込み
中部では、9月は上旬や中旬に曇りや雨の日が続いたことや寒気が流れ込んだ影響で平年より気温が低くなり、長野県付近の標高が高い山では平年より早く紅葉が始まりました。上高地(河童橋付近/長野県)や白山白川郷ホワイトロード(石川県)では既に見頃を迎えており、今週末は紅葉狩りを楽しむことができそうです。今後、気温は平年より高めの予想で、東海地方の平野部を中心に見頃が平年よりも遅くなりそうです。また、十分な日照と朝晩の冷え込みがあるため、鮮やかな紅葉が期待出来ます。
20151016_9 20151016_10

平野部の見頃は平年より遅い見込み、十分な日照と冷え込みで鮮やかな紅葉に期待!
近畿では、紀伊山地や鈴鹿山脈の標高が高い山で色づきが進んでいるものの、平野部の木々が色づくのは11月下旬以降のところが多くなりそうです。10〜11月の気温は平年より高めとなり、平野部では見頃が遅くなりそうです。また、十分な日照と朝晩の冷え込みがあるため、鮮やかな紅葉が期待出来ます。
20151016_11 20151016_12

大山では10月下旬に見頃に!平野部の見頃は平年より遅い予想
中国地方では、大山など中国山地の標高が高い山で色づきが進んでいるものの、平野部の木々が色づくのは11月下旬以降のところが多くなりそうです。10月後半〜11月の気温は平年より高めとなるため、平野部の見頃は平年よりも遅くなりそうです。また、十分な日照と朝晩の冷え込みが見込めるため、鮮やかな紅葉が期待出来ます。
20151016_13 20151016_14

剣山など高い山では見頃に、平野部の紅葉は平年より遅くなる見込み
四国では、9月は上旬や中旬に寒気の流れ込みや曇りや雨の日が続いたことで平年より気温が低くなりました。この影響で、剣山では平年よりも早い見頃を迎え、今週末も紅葉狩りを楽しむことができそうです。10月後半〜11月は気温が平年より高めとなるため、平野部は平年よりも遅く見頃を迎える予想です。また、十分な日照と朝晩の冷え込みがあるため、鮮やかな紅葉が期待出来ます。
20151016_15 20151016_16

平野部ほど平年より見頃遅い傾向、十分な日照と冷え込みで鮮やかな色づきに期待!
九州では10月後半〜11月の気温が平年より高めとなる予想で、見頃を迎える時期は平野部ほど平年より遅くなる見込みです。また、十分な日照と朝晩の冷え込みがあるため、鮮やかな紅葉が期待できそうです。
20151016_17 20151016_18
<参考情報>名所の紅葉情報(10/16現在) 20151016_0