ニュース

10月21日夜〜22日早朝は“オリオン座流星群”を楽しもう

“オリオン座流星群”、太平洋側の広範囲で観測に絶好の天気!

〜「SOLiVE24」で全国7カ所から流星を生中継!〜

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、秋を代表する天体イベントである“オリオン座流星群”の観測を楽しんでいただくため、出現のピークを迎える10月21日(水)夜〜22日(木)早朝の全国の天気傾向を発表しました。当日は西〜東日本の太平洋側を中心によく晴れて、全国の広い範囲で観測を楽しめそうです。国立天文台によると、今年は21日(水)夜〜22日(木)早朝が流星のピークで観測に適した時間帯となり、特に月が沈む21日(水)24時頃から早朝にかけては、月明かりの影響もなく観測におすすめです。21日(水)22時より、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて特別番組を組み、全国7カ所から流星の同時中継を通して、視聴者にリアルタイムでお届けする予定です。また、中継映像でとらえた流星の様子を3分以内にスマホへお知らせするサービス“流星キャッチャー”の登録を開始しました。ウェザーニューズは、全国の皆様と一緒に天体ショーを楽しむため、今後も気象面のサポートだけでなく、天体観測に役立つきめ細かい情報を提供していきます。

“オリオン座流星群”の最新情報はこちらから
スマホアプリ
「ウェザーニュースタッチ」を
ダウンロード後「星空Ch.」から
“オリオン座流星群”にアクセス
スマホ向けwebサイト
“オリオン座流星群”
http://weathernews.jp/
s/star/orion/
インターネットサイト
「ウェザーニュース」
特設ページ
“オリオン座流星群2015”
http://weathernews.jp/orion/

10月21日(水)の天気は?

 オリオン座流星群がピークとなる21日(水)夜〜22日(木)早朝は西〜東日本の太平洋側ほど晴れて、観測に絶好の夜空となりそうです。また、北日本でも雲の切れ間から見られるチャンスがありそうです。一方、西〜東日本の日本海側は前線の影響で雲が広がりやすく、特に北陸は雨の可能性もあり、観測には厳しい天気になりそうです。
 国立天文台によると、今年は21日(水)夜〜22日(木)早朝が流星のピークで観測に適した時間帯となり、特に月が沈む21日(水)24時頃から早朝にかけては、月明かりの影響もなく観測におすすめです。夜は冷えるので、暖かい服装でお楽しみください。

20151014_1

※このMAPは、10月14日時点での見解から作成しています。最新のMAPは、随時更新しているスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内のALL Channelから「星空Ch.」を選択後、“オリオン座流星群”をご覧いただくか、または、インターネットサイト「ウェザーニュース」の特設ページ“オリオン座流星群2015”にてご確認ください。

「SOLiVE24」で“オリオン座流星群”を全国7カ所から生中継!

 24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、“オリオン座流星群”を視聴者と観測して楽しむため、21日(水)夜(事前番組:22時〜、流星中継23〜25時)に全国各地から生中継を行う特別番組を予定しています。流星を見た感動を多くの方と共有できるよう、観測に適すると予想される全国7カ所からリアルタイムに流星の様子をお届けします。番組は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」で楽しめる他、PCやテレビ(BS 910Ch)でも無料で視聴可能です。番組では、中継の様子だけでなく、チャット機能を使って番組を見ている仲間と楽しく会話もできます。

どこにいても流星観測が楽しめる“流星キャッチャー”の登録開始!

 “流星キャッチャー”は事前に登録いただいた方のスマホに星が流れた瞬間をとらえた映像を3分以内にお届けするサービスで、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」から登録できます。
 “オリオン座流星群”の観測のチャンスとなる21日(水)22〜25時は、ウェザーニューズのスタッフが全国7カ所の流星中継をモニタリングし、流星が確認されると即座に動画を編集して、登録している方のスマホにPUSH通知でお知らせします。PUSH通知の画面からはワンタッチで流星の動画を再生でき、流星の瞬間をすぐにご覧いただけます。PUSH通知を受け取る流星中継エリアは“全国”または“ここのエリア周辺のみ”から選択できます。“全国”に設定すると、7カ所の中継先でとらえた流星の動画がお知らせで届くので、現在地が曇りや雨で星を見るのが難しい場合も、お手元のスマホで天体ショーを楽しむことができます。

20151014_2