ニュース

【速報】ついに花粉飛散開始!第三回花粉飛散傾向を発表

関東・東海・甲信・九州で続々と花粉シーズンに突入!

~ 花粉観測機『ポールンロボ』で1日10個以上の花粉を2日以上観測 ~

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、本日までに関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)、静岡県、山梨県、長崎県、宮崎県の1都10県で基準を超える花粉飛散量が観測され、今後も飛散が徐々に増える見込みであることから、関東全域、東海、甲信、九州の一部で“花粉シーズン”に突入したことを発表しました。花粉シーズンインの時期は、昨年と比べて関東地方では18日、山梨県では13日、宮崎県では11日遅くなり、長崎県と静岡県では4日早まりました。ウェザーニューズでは、全国1,000ヵ所に花粉観測量に応じて目の色が変化する独自の花粉観測機『ポールンロボ』の設置を進めて花粉の観測をしています。2月12日は関東、静岡県内、山梨県内の3割以上、長崎県や宮崎県内の5割以上の観測地点において、花粉飛散量が花粉に敏感な人に症状が出始めるレベル(10個)に達しました。『ポールンロボ』で観測された花粉情報は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」やインターネットサイト「ウェザーニュース」の『花粉Ch.』からご覧いただけます。また、ウェザーニューズは、スマホアプリの利用者を対象に一人ひとりに合わせた当日おすすめの対策方法や飛散予想を毎朝お知らせし、花粉症にお悩みの方をサポートしていきます。

『花粉Ch.』はこちらから
スマホアプリ
「ウェザーニュースタッチ」
をダウンロード後、
『花粉Ch.』にアクセス
スマホ向けwebサイト
「ウェザーニュース」
http://weathernews.jp/s/pollen/
インターネットサイト
「ウェザーニュース」
http://weathernews.jp/pollen/

いよいよ花粉シーズンへ突入!

 今日までに、花粉観測機『ポールンロボ』によって、関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県)、山梨県、静岡県、長崎県、宮崎県で基準を超える花粉飛散量が観測されました。今後も飛散が徐々に増える見込みであることから、“花粉シーズン”に突入したことを発表しました。ウェザーニューズは、各都道府県の3割の『ポールンロボ』が、花粉を10個以上観測した日が2日以上あった場合に飛散開始と定義しています。関東や山梨県では、2日以上という条件を満たしていませんが、12日に花粉を10個以上観測しており、今日は夕方にかけて更に飛散量が増える見込みで、週末にかけても十分に飛散する可能性が高いため、本日“花粉シーズン”に突入したことを発表しました。 スギ花粉の雄花は暖かくなると花を開いて花粉を飛ばし始めます。1月中旬以降は寒さが緩む日も出てきましたが、飛散シーズンインには至りませんでした。その後、2月初めは再び真冬の寒さとなりましたが、12〜13日は寒さが緩み関東全域、東海、甲信、九州の一部で花粉シーズンインとなりました。

20150213_1
~ 花粉観測機「ポールンロボ」の観測結果 ~

東京都

観測場所 大田区 中野区 青梅市 狛江市 八王子市
12日(木) 18個 12個 14個 14個 12個
13日(金)
12時まで
4個 3個 15個 13個 9個

神奈川県

観測場所 横浜市 茅ヶ崎市 川崎市 厚木市 葉山町
12日(木) 10個 25個 14個 17個 10個
13日(金)
12時まで
3個 1個 7個 8個 3個

埼玉県

観測場所 さいたま市 狭山市 熊谷市 富士見市 久喜市
10日(火) 7個 11個 14個 11個 10個
13日(金)
12時まで
17個 18個 16個 15個 7個

千葉県

観測場所 千葉市 市川市 市原市 大網白里市 館山市
12日(木) 10個 18個 14個 21個 16個
13日(金)
12時まで
2個 13個 3個 7個 1個

静岡県

観測場所 静岡市駿河区 御殿場市 御前崎市 伊豆の国市 三島市
10日(火) 8個 7個 22個 25個 6個
12日(木) 13個 10個 11個 26個 13個

長崎県

観測場所 長崎市 諫早市 大村市 壱岐市
9日(月) 15個 4個 8個 46個
12日(木) 17個 1個 1個 25個

宮崎県

観測場所 宮崎市1 宮崎市2 延岡市 高鍋町 えびの市
9日(月) 21個 10個 6個 22個 38個
12日(木) 17個 10個 5個 28個 3個

花粉の飛散開始予想

〜2月中旬は西〜東日本の太平洋側で続々花粉シーズンインと予想〜

 2月中旬は、西日本を中心に春の気配を感じられる程暖かい日や、風が強まる日もあるため、西〜東日本の太平洋側では続々と花粉シーズンに突入する予想です。2月下旬もまだ冬の寒さになる日が多くなりますが、冬型の気圧配置が緩んで寒さが和らぐ日もあり、そのタイミングで山陰など西日本の日本海側では花粉シーズンに突入する見込みです。
 平年(2008〜2014年)と比べると、東北や北陸では3~7日程度遅く、その他のエリアでは平年並のシーズンインとなる予想です。
 花粉シーズンに入った後、1週間から10日くらいで本格的な飛散シーズンに突入し、九州では3月上旬、関東から中四国の各地では3月中旬にスギ花粉の飛散ピークを迎える予想です。また、スギ花粉の飛散量がピークを過ぎた後は、桜の花が咲く頃にヒノキ花粉の飛散量が増え、西~東日本では4月上旬~中旬にヒノキの花粉飛散量がピークとなる見通しです。

20150213_2

花粉の飛散量、関東は昨年の2〜3倍に増える見込み

2015年のスギ・ヒノキ花粉シーズンの花粉飛散量は、北〜東日本ほど多く、東北や関東、中部では平年(2008~2014年平均)の110~150%と多くの花粉が飛散する予想です。近畿では平年と同程度~130%となる見込みです。一方、その他の西日本の飛散量は平年より少ない所が多く、中四国では平年の80~90%程度、九州では平年の70~90%程度となる見通しです。また、昨シーズンと比べると、東北~近畿は飛散量が多く、特に関東を中心に2〜3倍(200~300%)となる見通しです。一方、中四国以西では、四国(太平洋側)~九州を中心に昨夏の天候不順の影響が大きく、昨シーズンの70~90%となる地域が多いです。特に、高知県・徳島県・佐賀県・大分県・宮崎県・長崎県では昨年と比べて大幅に少なく50~60%程度となる見通しです。

20150213_3
画像をクリックすると拡大画像が見られます
20150213_4
画像をクリックすると拡大画像が見られます
〜ウェザーニューズの花粉飛散量予想〜

 ウェザーニューズでは、スギ・ヒノキ林の活性度、2014年夏の天候、年ごとの飛散量傾向(飛散量が多い表年・少ない裏年の関係)、『雄花リポート』を加味して、花粉の飛散量を予想しています。

 ◯スギ・ヒノキ林の活性度
 今回の花粉飛散予想では、スギ・ヒノキ林にどれだけ多くの雄花が成長しているのか、全国の森林における雄花の成長状況を、衛星データを利用して把握し、花粉飛散予測に反映しています。今回用いたのは、千葉大学環境リモートセンシング研究センターと共同研究してきた「光合成有効放射吸収率(植物が光合成に有効な波長の光を吸収する割合;FPAR)」から解析した、森林の活性度を示す指標です。この値が高いほど、植物は光合成を活発に行い、スギの雄花の量が多くなると考えられます。森林の活性度を解析した結果、関東、甲信越、東北、北海道では2013年夏よりもFPARが高いか同程度となり、北陸西部や東海(静岡県を除く)、西日本各地では、2013年夏よりもFPARが低くなりました。これらは、2015年の花粉飛散量が、西日本を中心に2014年より少なくなり、東〜北日本では2014年並か多くなることを示唆しています。

20150213_5

 ◯2014年夏の天候
 一般的に、よく晴れて暑い夏ほど植物の光合成が盛んになり、雄花の生産量が多くなるという理由から、スギ・ヒノキ花粉の発生源となる雄花生産量は前年の夏の天候との相関が高いと言われています(北海道のシラカバ花粉も同様)。2014年の夏の天候は、北海道や関東を中心とする東日本(太平洋側)で、晴れて暑い日が多くなりましたが、西日本では中四国~九州を中心として曇りや雨の日が多く、平年よりも暑い日が少なくなりました。このため、北〜東日本では、北海道や関東を中心に雄花の生育に適した夏となり、西日本では特に九州など西のエリアほど雄花の生育に不向きな夏となりました。

 ◯年ごとの飛散量傾向
 花粉が多く飛散した翌年は飛散量が少なくなったり(裏年)、少ない年の翌年は多くなったり(表年)と、花粉の飛散量は交互に増減する傾向があります。2015年の花粉シーズンは、東北~中国、四国(瀬戸内側)では、“表年”となり、前年よりも飛散量が多くなる傾向です。また、北海道や九州、四国(太平洋側)では2015年春は“裏年”となり、前年よりも飛散量が少なくなる傾向と言えますが、近年は特に九州や北海道では“表年”・“裏年”という飛散量の増減がやや不明瞭になる傾向があり、東日本と比べると、飛散量の増減に対しては夏の天候の影響が大きいと考えられます。

 ◯雄花リポート
 ウェザーニューズには、 ウェザーリポーターと呼ばれる全国800万人の会員(2月現在)から、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を通して、天気や植物などに関する様々なリポートが1日に2〜3万通寄せられます。今回の花粉飛散予想では、ウェザーリポーターと花粉の発生源となるスギ雄花を調査した『雄花リポート』(11月8日~16日実施)を活用しています。『雄花リポート』によると、北〜東日本、近畿を中心に雄花の量は「昨年と同じくらい」「昨年より多い」という報告が多く、九州では「昨年と同じくらい」「昨年より少ない」という報告が多くなりました。

 これらを総合的に解析した結果、2015年の花粉シーズンは、関東を中心とする東日本(太平洋側)で昨年よりかなり多く、九州を中心に昨年よりも少ない飛散量となる見通しとなっています。これまでに全国のウェザーリポーターから、症状を和らげるには、花粉を体内に取り込まないようにする対策が最も有効だというコメントが数多く届きました。

エリアごとの花粉飛散傾向

※九州を除くエリアでは、前回発表から飛散ピーク時期に大きな見解変化はありませんので、第二回花粉飛散傾向をご覧ください。
http://weathernews.com/ja/nc/press/2014/141127.html

九州北部(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分)/九州南部(宮崎・鹿児島) 寒さの影響で飛散開始が遅れたため、九州北部、南部ではスギ花粉の飛散のピーク時期も当初の予想より遅くなりそうです。2月下旬にかけて各地で本格的な飛散シーズンに入り、スギ花粉の飛散のピークは3月上旬となる見込みです。その後、3月末~4月初めにかけてヒノキ花粉のピークを迎える予想です。
20150213_6
画像をクリックすると拡大画像が見られます
20150213_7
画像をクリックすると拡大画像が見られます

都道府県ごとの花粉飛散傾向

20150213_table1
※平年値:2008年〜2014年の7年平均飛散量
※飛散開始予想日は各都道府県に設置している花粉観測機「ポールンロボ」のうち、3割以上が1日10個以上を観測する日(2日間以上)を基準としています。