ニュース

ウェザーニューズ、アジア新興国展開を本格始動

インドネシアの首都ジャカルタにオフィス開設

~ 日本国内での知見を活かし、気象・地象災害軽減に貢献 ~

ジャカルタ >

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は12月1日、ASEAN諸国において2カ国目となるインドネシア・ジャカルタにオフィスを開設したことを発表しました。世界第4位の人口を誇り、世界最多の島嶼を保有するインドネシアは、熱帯地域特有の大雨や洪水に加えて、多くの活火山や地震、津波などの自然災害のリスクを抱えています。当社はインドネシアにおける気象・地象災害軽減に貢献するため、日本国内で培った知見を活かし、リスクコミュニケーションサービスや独自のインフラを展開していきます。また、ジャカルタでのオフィス開設を契機に同様のリスクを持つアジア新興国への展開を本格的に進めて参ります。

 

ジャカルタに世界27番目のオフィス設立

〜アジア新興国の気象・地象災害軽減を目指す〜

 ウェザーニューズはこれまで日本国内において、様々な市場における気象・地象リスクの軽減をサポートするリスクコミュニケーションサービスの提供と、独自の気象観測レーダー(全国80カ所)や津波観測レーダー(全国30カ所)など、観測インフラの展開を進めてきました。この度、大雨や地震、津波など日本と同様の災害リスクを持つインドネシアの首都ジャカルタにオフィスを設立し、インドネシアにおける災害軽減に取り組んで参ります。また、本オフィス設立を契機に、その他のアジア新興国における災害軽減に向けたサービスを本格的に展開していきます。

 

オープニングセレモ二ー開催

〜在インドネシア日本国大使やBMKG長官ら、総勢70名が参加〜

 ウェザーニューズは11月27日、ジャカルタオフィス開設を記念したオープニングセレモニーを開催しました。代表取締役社長の草開はあいさつの中で「大雨、地震や津波とインドネシアは日本と災害リスクが似ている。まずは現地の気象や気候を肌で感じ、現地の皆様に勉強させていただきながらサービスを通じて役に立っていきたい。」というメッセージを述べました。また、祝辞として谷崎駐インドネシア大使からは「ピンポイントで生活に即した予報が提供されると思う。」といった期待の言葉や、気象気候地球物理庁(BMKG)のアンディ長官からは「ウェザーニューズを継続的にサポートしていきたい。」と、応援の言葉を頂戴しました。

 

ウェザーニューズジャカルタオフィス 概要

名称:WEATHERNEWS Jakarta
住所:46th - 50th Floor, Suite 48.11.
Wisma 46.Jalan Jenderal Sudirman Kav.1,
Jakarta, 10220, Indonesia

画像をクリックすると拡大画像が見られます