ニュース

広島市民や復旧・捜索活動に関わる方々へ関連情報を一括して発信

ウェザーニューズ『広島土砂災害特設サイト』を開設

〜被災地の今後の気象見解や現地からの被害報告を公開〜

8月19日から20日未明の局所的豪雨によって、広島市内の複数箇所で大規模な土砂災害が発生しました。株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は8月21日、被災された方々や現在も復旧・捜索活動に関わる方々が今後の気象情報や被害に関する情報をいち早く確認出来るよう、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」、インターネットサイト「ウェザーニュース」で『広島土砂災害特設サイト』を開設しました。『広島土砂災害特設サイト』では、ウェザーニューズ予報センターによる最新の気象見解や現地のウェザーリポーターからの被害報告など、今回の土砂災害に関連する情報を一括して発信しています。広島市内では今後も雨が予想されており、これまでの雨で地盤が緩んでいる場所もあるため、引き続き土砂災害に警戒が必要です。ウェザーニューズでは、土砂災害や二次災害による被害の軽減に向けて、本特設サイトを通じて住民の方々や現地で作業される方々への情報発信を続けていきます。

『広島土砂災害特設サイト』へのアクセスはこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」
ダウンロード後、起動画面から
『広島土砂災害特設サイト』にアクセス
下記特設ページURLよりアクセス
http://weathernews.jp/gensai/hiroshima
※PC/スマホどちらからもご覧いただけます
 

広島の土砂災害に関連する情報を一括して発信、『広島土砂災害特設サイト』開設

 『広島土砂災害特設サイト』では、最新の気象見解や注意点、現地のウェザーリポーターから多数寄せられた被害報告など、被災地に関わる情報を一括して発信しています。また、ウェザーニューズ予報センターによる動画での最新の気象見解や解説も公開しており、急いでいる時でも即座に最新の情報を確認することができます。また、スマートフォン用特設ページやスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」からもアクセスすることができるため、屋外での作業中や移動の際など、どこにいても確認可能です。

20140821_1
クリックで
拡大画像が見られます
インターネット用特設ページ
20140821_2
クリックで
拡大画像が見られます
20140821_3
クリックで
拡大画像が見られます

スマホアプリ『ウェザーニュースタッチ』
起動画面からアクセス

今夜再び激しい雷雨の恐れ、さらなる土砂災害・二次災害に警戒が必要

 土砂災害が発生した広島市内では現在も復旧・捜索活動が続く中、今夜から22日(金)にかけて再び激しい雷雨となる恐れがあります。屋外での作業は二次災害に十分な警戒が必要です。また、他の地域でもこれまでの雨で地盤が緩んでいる可能性もあるため、引き続き土砂災害の発生に注意してください。ウェザーニューズでは土砂災害や二次災害による被害の軽減に向けて、この『広島土砂災害特設サイト』を通じて気象に関する見解や現地のウェザーリポーターから寄せられた報告など、被災地の最新の情報を発信していきます。

20140821_4
クリックで
拡大画像が見られます
ウェザーニューズ予報センターからの動画による
最新の気象見解
20140821_5
クリックで
拡大画像が見られます
20140821_6
クリックで
拡大画像が見られます

被災地に向けた応援メッセージも公開
(ウェザーニュースタッチ内特設ページ)