ニュース

気象による港湾事故ゼロに向けて、ウルサン港湾公社へ港湾管理支援サービス提供開始

~サービス強化に向けて独自の気象観測インフラ整備予定~


株式会社ウェザーニューズ(所在地:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は2014年4月1日、韓国のウルサン港湾公社(Ulsan, Korea; President:Chong Rok Park)へのサービス提供契約を締結したと発表しました。本サービスは地域・気象特性を加味した港湾管理支援情報で、昨年11月にウルサン港で発生した貨物船の座礁事故を受けて、気象による港湾事故をゼロにすることを目的としています。尚、韓国の港湾公社が民間気象情報会社からのサービス提供を受けるのは今回が初めての事例です。今後、ウェザーニューズではウルサン港湾公社との取り組み開始を皮切りに、アジア諸国へのサービスおよび独自の気象観測インフラの展開を促進していきます。

きめ細かな対応策支援によって、気象による港湾事故ゼロを目指す

韓国・ウルサン港で昨年11月、爆弾低気圧の影響で貨物船3隻が座礁し油濁被害が発生しました。事故当時、ウルサン港に特化した気象情報がなく、船舶の入出港禁止の判断が遅れたことも要因の一つと言われています。
そこで、ウルサン港湾公社とウェザーニューズは、気象による港湾事故ゼロに向けて、今年1月より試験的に取り組みを開始し、本日4月1日に本契約を締結しました。
サービスの内容は、ウルサン港に安全に船舶が入港できる基準を超える荒天のリスク監視による港湾管理支援情報の提供です。また気象情報の提供のみならず、ウェザーニューズの予報技術者による直接のコミュニケーションによって、最適な入出港禁止の判断のタイミングや、人員確保などの対応策まで踏み込んだきめ細かなサポートを行います。

独自の気象観測レーダーによってサービス強化

今後、さらなるサービス強化に向けて、ウェザーニューズでは、すでに日本国内で展開している独自の気象観測レーダーをウルサン港に整備予定です。
気象予測精度の向上とともに、差し迫った気象によるリスクの伝達に活用する予定です。

20140401
日本国内に設置されている気象観測レーダー