ニュース

10月8日は“皆既月食”、赤い満月まであと1週間

全国的に観測チャンス!西日本ほど絶好の“皆既月食”観測日和

〜日本とオーストラリアから24時間ライブ放送番組『SOLiVE24』で生中継〜

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、日本では約3年ぶりに全国各地で観測できる皆既月食をより一層楽しんでもらうため、10月8 日(水)18時より24時間ライブ放送番組『SOLiVE24』や特設サイト“皆既月食2014”にて、見え方が反対になる北半球の日本と南半球のオーストラリアから同時に生中継します。皆既月食は、月が地球の影に完全に隠れることで、赤銅色の満月を観察することができる天体ショーで、今回は18時14分頃から欠け始め、1時間ほど皆既月食を観察できる見込みです。また、最も感動的な瞬間を見逃さないように皆既月食の「始まり」と「ピーク(食の最大)」をお知らせするサービスの登録受付をスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」で開始しました。登録された方は、皆既月食のまとめ動画もご覧いただけるため、天体ショーが終わった後でもお楽しみいただけます。詳細は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」やインターネットサイト「ウェザー二ュース」からご覧ください。

“皆既月食2014”特別企画の詳細はこちら “皆既月食2014”の特設サイトはこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後、
「ALL Channel」から『星空Ch.』にアクセス
特設サイト“皆既月食2014”
http://weathernews.jp/eclipse20141008

10月8日(水)の天気は?

 8日(水)夜は、西日本を中心に高気圧に覆われて晴れる見込みです。しかし、北日本や東日本の日本海側では上空の寒気の影響で局地的に雨や雷雨の可能性があります。長く降り続くような雨にはならない予想ですが、欠け始めから終わりまですべてを観測するのは難しいかもしれません。関東南部や南西諸島は湿った東風の影響で雲が発生し、雲の隙間からの観測になる見込みです。なお、台風18号の進路および接近のタイミングによって週末以降の天気は大きく変わる可能性があるので、随時最新の見解を確認してください。

20141001_1
  画像をクリックすると拡大画像が見られます

※このMAPは、10月1日時点の予報をもとにした見解です。最新のMAPは、随時更新しているスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内のALL Channelから「星空Ch.」を選択、または、インターネットサイト「ウェザーニュース」の特設サイト“皆既月食2014”にてご確認ください。

日本とオーストラリアから『SOLiVE24』で“皆既月食”を同時生中継!

 24時間ライブ放送番組『SOLiVE24』では、皆既月食を視聴者と楽しむため、10月8日(水)18-21時、絶好の観測ポイントとなる日本とオーストラリアから同時に生中継を行う特別番組を無料で放送します。
 番組は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『SOLiVE24 Ch.』で楽しめる他、PCやテレビ(BS 910Ch)でも視聴できます。また、『SOLiVE24』を高画質で視聴できるPC用無料アプリ『ソラマド』をご利用いただくと、チャット機能を使って番組を見ている仲間と楽しく会話しながら視聴することもできます。さらに、8日(水)は、PC版特設サイト“皆既月食2014”にて、皆既月食の全行程を無料で配信する予定です。今回は、YouTubeやニコニコ生放送でも中継の様子を配信します。皆既月食の映像を最初から最後まで配信するため、ゆっくり天体ショーを楽しみたい方にオススメです。

20141001_2
  画像をクリックすると拡大画像が見られます

“皆既月食”の始まりとピークをお知らせする特別企画

 ウェザーニューズは、“皆既月食”の欠けはじめやピークを見逃さずに楽しんでいただくため、事前登録者に対して“皆既月食”の前に「始まり」や「ピーク」をスマートフォンにお知らせする『ハワイ皆既月食』特別企画を行う予定です。スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内にある『星空Ch.』からあらかじめ“流星キャッチャー”に登録された方に、観察のベストタイミングをお知らせするため、中継映像で最も感動的な瞬間を見逃すことなくご覧いただけます。また、登録された方は、“皆既月食”のはじめから終わりまでを編集して短くまとめた動画をご覧いただけるため、天体ショーが終わった後でもお楽しみいただけます。