ニュース

ウェザーニューズ、全国7.5万人と“夏の振り返り調査”を実施

猛暑は関東だけ?! 今年の夏、2人に1人が「長雨・大雨」の印象強い

~ 中四国・九州では「長雨・大雨」が8割以上、“8月豪雨”が影響 ~

株式会社ウェザーニューズ(所在地:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、今夏を一般の方がどのように感じていたか調査するため、全国のウェザーリポーターの協力のもと、8月20日〜25日、9月2日に“夏の振り返り調査”を実施しました。合計75,199人のウェザーリポーターによる回答を分析した結果、全国の半数以上が8月は「長雨・大雨」だったと感じており、西日本ほどその傾向は強く、「猛暑」や「ゲリラ雷雨」の印象が強く残っている人は約2割にとどまりました。また、8月の暑さを「猛暑」と感じている人は関東に限り、他の地域では普通の暑さだったと認識されていることがわかりました。実際、35度以上の猛暑日は関東で多かったことから、人の身体も温度計のように暑さの違いを感じていると言えそうです。ウェザーニューズは、本解析結果をより良いサービスの提供に活かしていきます。


8月は雨が多かった?!全国の2人に1人が「長雨・大雨」の印象強い

 ウェザーニューズは今年の8月の天気の印象を調査するため、9月2日、スマホアプリ『ウェザーニュースタッチ』内のウェザーリポーターに“8月の印象は?”と質問し、「長雨・大雨」「猛暑」「ゲリラ雷雨」「少雨」から選択してもらいました。全国12,315人から寄せられた回答を集計した結果、「長雨・大雨」と感じていた人が54%、「猛暑」が21%、「ゲリラ雷雨」が18%、「少雨」が7%となり、全国の半数以上の人にとって「長雨・大雨」が最も印象深いことがわかりました。都道府県別では、1位香川、2位高知、3位鳥取、4位佐賀、5位長崎となり、中国・四国・九州で「長雨・大雨」と答えた人が8割以上と高い割合を占めました。中国・四国・九州で割合が高い理由としては、前線や台風の影響による長雨や、高知・三重・広島など各地で大雨に見舞われたことが影響していると考えられます。これらの地域では、8月の降水量の平年比が350%を超えており、特に、高知では平年より1,200mm以上も多く降ったことが影響し、「長雨・大雨」の印象が強い人が9割以上という結果となりました。一方、「猛暑」と回答した人は全国的に少なく、唯一、関東だけで高い割合を占めました。全国3,000カ所に設置した気象観測機「WITHセンサー」を用いて、昨年8月との温度を比較したところ、去年より温度が高かった地点は北日本と東日本の一部に限られました。関東は、平年と比べて特別高かったわけではありませんが、平年より降水量が少ない地域が多かったことや、猛暑日が続いたことから「長雨・大雨」だけでなく「猛暑」の印象も強く残ったと考えられます。

20140908_1 140908_table1
140908_table2
※ 8月の降水量(mm):アメダスの観測値
20140908_2
※ WNI解析雨量積算値と気象庁メッシュ平年値の比
140908_table3
20140908_3
※ 「WITHセンサー」の平均温度差(2013-2014)
20140908_4

〜回答者(ウェザーリポーター)のコメント〜
<長雨・大雨>
■今年は曇り空や雨が多く、梅雨のような夏でした。(きょうちゃんさん 広島)
■由良川や桂川の水が茶色くなり、いつもよりも流量が増えていたこと。よく緊急避難メールが鳴っていたこと。家の中での会話が大雨の音で聞こえなかったこと。などからです。(つきさん 京都)
<猛暑>
■かなり早い時間からエアコンの中って初めてかもーそして夕方夜にでも消せなかったです。(ひまわりさん 群馬)
■関東地方は少雨で猛暑日が続いて、とにかく暑かった(-ぴょんさん 神奈川)


8月の暑さ、「猛暑」と感じたのは関東だけ?!

 今年の夏の暑さの体感を調査するため、8月21日、スマホアプリ『ウェザーニュースタッチ』内のウェザーリポーターに、“8月の暑さどうだった”と質問し、「猛暑」「普通に暑かった」「暑くなかった」から選択してもらいました。12,367人から回答が寄せられ、「普通に暑かった」は49%、「猛暑」は45%、「暑くなかった」は6%となりました。「猛暑」と回答した人の割合が最も多いエリアは主に関東でした。  都道府県別では、1位群馬、2位埼玉、3位茨城、4位東京、5位栃木と、上位を関東が占める結果となりました。35度以上の猛暑日の日数が多い地域が関東に集中していることから、「猛暑」と回答している割合が多いエリアが関東に多い結果となりました。猛暑日が関東に多かった理由としては、太平洋高気圧の勢力や台風、前線が大きく影響していることが挙げられます。今年は、太平洋高気圧にしっかりと覆われた地域は関東付近まででした。関東より西、北の地域は、湿った空気が流れ込みやすく、特に西日本は台風11号、12号の影響もあり、夏空が少なかったことからも暑さの体感はそれほどでもなかったと考えられます。また、前線の影響で雲が広がった日があり、じりじりとした真夏の暑さを感じにくかったようです。

20140908_5 20140908_6
140908_table4
140908_table5

8割以上が熱中症にならず、事前対策や気温が影響か

  今年の夏、熱中症になったかどうかを調査するため、8月22日、スマホアプリ『ウェザーニュースタッチ』内のウェザーリポーターに、“今夏、熱中症になった?”と質問し、「熱中症になった」「熱中症になっていない」から回答してもらいました。全国13,645人から寄せられた回答を集計した結果、熱中症になった人はわずか13%、なっていない人が87%であることが判明しました。 「熱中症になった」と回答した割合が最も高かったのは、徳島県で5人に1人が「熱中症になった」と答えました。  8月の熱中症患者の人数が昨年より約1万人少なかったことからも(参照:総務省消防庁)、今年は昨年よりも熱中症になった人が少なかったと言えそうです。理由としては、平年よりも8月の気温が低い地域が多かったことが挙げられます。また、昨年の夏のような猛烈な暑さを想定し、熱中症に対する対策をしっかりととっていた人が多かったことが考えられます。

20140908_7
140908_table6
140908_table7

※出典:総務省消防庁(速報値につき変更される場合があります)

夏は暑さ対策してる?全国の2割弱が“夏だけシャワー”

 季節によって湯船に入るかどうか変える人がどのくらいいるのか調査するため、8月25日、スマホアプリ『ウェザーニュースタッチ』内のウェザーリポーターに、“シャワー派?湯船派?”と質問し、「1年中湯船」「1年中シャワー」「夏だけシャワー」「その他」から選んで回答してもらいました。全国11,946人から寄せられた回答を集計した結果、「夏だけシャワー」に変更する人が37%いることがわかりました。「夏だけシャワー」の割合が最も多いのは佐賀県で6割を超える結果となりました。「夏だけシャワー」の割合が多い県は「1年中シャワー」の人がほとんどおらず、夏の暑さに対応して入浴の仕方を変えていると考えられます。

20140908_8

140908_table8

 その他、8月20日、ウェザーリポーターに「8月の天気の印象は?」と質問し、「雨が多い」「夏空が少ない」「晴れが多い」「風が強い」から選んで回答してもらいました。12,890人の回答から、東北は夏空が少ない、関東は晴れ間が多い、西日本は雨が多いと感じている人が多いことがわかりました。また、8月24日、「この夏は海派?山派?」と質問し、「インドア派」「山派」「海派」から選んで回答してもらいました。12,036人の回答を分析した結果、全国の2人に1人がインドア派で、山と海では、山が多い都道府県は山派が多く、海がある地域は海派が多いことが明らかになりました。

※ 「ウェザーリポーター」とは、2005年から携帯サイト「ウェザーニュース」において開始された気象を通じたコミュニティーです。現在約650万人の会員から、スマートフォンの無料アプリ「ウェザーニュースタッチ」と合わせて1日平均2万通の空の写真や天気の報告が寄せられており、ウェザーニューズではみんなの報告を天気予報に活かしています。

参考資料

140908_table9
140908_table10
※ 8月の降水量、猛暑日の算出はアメダスの観測値を利用しています。
※ 小数点以下の全数値を用いて計算を行っているため、必ずしも合計が100.0%にならない場合があります。