ニュース

ウェザーニューズ、アジア新興国への本格展開に向け拠点拡大

ベトナムの首都ハノイにオフィス開設

〜日本国内での知見を活かし、気象・地象災害のリスク軽減を支援〜

ハノイ >

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は9月3日、ASEAN諸国において3カ国目となるベトナム社会主義共和国(以下、ベトナム)の首都ハノイにオフィスを開設したことを発表しました。ベトナムは台風や熱帯低気圧、モンスーンなどの影響を受けることが多く、急峻な地形や山岳と海が近い地理的な要因も影響し、大雨による洪水や土砂災害、暴風、高潮のリスクを抱えています。当社はベトナムにおける気象・地象災害リスクを軽減する取り組みを支援するため、日本国内で培った知見を活かし、リスクコミュニケーションサービスや独自のインフラを展開していきます。また、同様のリスクを持つアジア新興国へのサービス展開を本格的に進めてまいります。


ハノイにASEAN諸国で3番目の拠点となるオフィスを開設

 ウェザーニューズはこれまで日本国内において、様々な市場における気象・地象災害のリスク軽減をサポートするリスクコミュニケーションサービスを提供するとともに、独自の気象観測レーダー(全国80カ所)や津波観測レーダー(全国30カ所)など、観測インフラの展開を進めてきました。この度、大雨による洪水や土砂災害、暴風、高潮など日本と同様の災害リスクを持つベトナムにおいて、首都ハノイにオフィスを開設いたしました。また、本オフィス開設に先立ち、今年1月にベトナム気象局とウェザーニューズは相互協力に関する協定を締結しております。ベトナムにおける災害リスクの軽減に向けて取り組むとともに、今後もアジア新興国における気象・地象災害のリスクを軽減するためのサービスを展開していきます。


開設を記念したオープニングセレモニーを開催

 3日、ハノイ市内でオフィス開設を記念するセレモニーが開催されました。ベトナム気象局、在ベトナム日本国大使館など、多数の現地法人・団体の方にご参加いただき、終始なごやかな雰囲気でとり行われました。幕張本社のグローバルセンターと生中継でつなぎ、全世界へ気象サービスを提供している現場からベトナム人スタッフによるコミュニケーションを行って、気象リスクへの対応についてお互いの理解を深めました。


ウェザーニューズハノイオフィス 概要

20150904_1

名称:Weathernews Inc. Hanoi Representative Office

住所:Room 2127, 21st floor, Capital Tower
109 Tran Hung Dao Street, Hoan Kiem District,
Hanoi, Vietnam