ニュース

ウェザーニューズ、GWの天気傾向を発表

全国的にお出かけ日和!特にGW前半がおすすめ

〜北〜西日本は前半ほど晴れが多く、南西諸島は後半の晴れ間に期待〜

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、ゴールデンウィーク(GW)の計画に天気情報を役立ててもらうため、4月25日(土)~5月6日(水)の天気傾向を発表しました。今年のGWは高気圧と低気圧が交互に通過することで、天気は数日の周期で変化する傾向です。GW前半は北〜西日本の広い範囲で晴れてお出かけを楽しめる日が多くなりそうです。一方、GW後半は晴れる日はあるものの、寒気の影響で強い雨の日がありそうなので、お出かけはGW前半がおすすめです。最新情報は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」やスマホ向けwebサイト「ウェザーニュース」をご確認ください。

ゴールデンウィークの天気傾向はこちらから
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を
ダウンロード後、「おしらせ」にアクセス
スマホ向けwebサイト
「ウェザーニュース」にアクセス
http://weathernews.jp/s/

全国の天気傾向(4月25日〜5月6日)

〜北〜西日本はGW前半ほどお出かけ日和、南西諸島の旅行はGW後半がおすすめ〜

 GW前半は、周期的に通過する低気圧の影響で北〜西日本は雨が降る日があるものの、広い範囲で晴れる日が多く、レジャーや旅行などお出かけを満喫できそうです。北海道では桜の開花が進み、函館市の五稜郭公園で見頃を迎えるため、お花見に行くのもおすすめです。
 GW後半の北〜西日本は、晴れる日はありますが、天気が崩れやすい傾向です。寒気の影響で強い雨が降る日があり、特に、東日本を中心に雷や突風にも注意が必要です。
 気温は、北〜西日本で平年並〜やや高めとなる予想で、晴れる日は薄着でも過ごしやすくなりそうです。
 また、南西諸島ではGW期間を通して雨の日が続きますが、GW後半にはしっかりと晴れる日もあるため、GW後半であれば旅行や海のレジャーも楽しむことが出来そうです。

画像をクリックすると拡大画像が見られます

エリア別の天気傾向(4月25日〜5月6日)

北日本 〜GW前半は北海道でお花見日和!GW後半は雨の日が多い傾向に〜

 GWは前半ほど晴れてお出かけを楽しめそうです。GW後半は晴れる日があるものの、雨の日が多い傾向です。雨風が強まって天気が荒れる日もあるため、お出かけはGW前半がおすすめです。
 気温は平年並〜やや高めの予想(札幌:14〜17℃、仙台:17〜20℃)ですが、晴れる日は朝晩冷え込みます。雨の日は日中も気温が上がらず、コートが必要な日もありそうです。 北海道ではGWに段々と桜が咲き始めて、お花見も満喫出来そうです。ただ、晴れて風が強く吹く日はシラカバ花粉の大量飛散が予想されるため、しっかりと対策をしてください。

東日本 〜GW前半ほどお出かけ日和!GW後半ほど雨風強まり荒れる傾向〜

 GW期間中は、数日周期で天気が変化します。その中でも、旅行やレジャーは、晴れる日が多いGW前半ほどおすすめです。GW後半は、雷や強い雨など荒れた天気となる日があるため最新の天気予報をご確認ください。また、紫外線が強まる時期なので、山や海のレジャーは日焼け止めや帽子など紫外線対策が欠かせません。
 気温は平年並〜やや高めの予想(東京:20〜23℃)で、晴れる日は薄着でも過ごしやすい体感となりそうです。

西日本 〜期間を通してお出かけ日和!ただし近畿はGW後半に雷雨や突風の日も〜

 GW期間中は、数日周期で天気が変化しますが、期間を通してはおおむね晴れる日が多い予想です。ただし、近畿周辺ではGW後半に雷雨や突風の可能性があるため油断はできません。外出される場合は最新の天気予報をご確認ください。また、紫外線が強まる時期なので、山や海でのレジャーを楽しむ際は紫外線対策をしっかりと行ってください。
 気温は平年並〜やや高めの予想(大阪:22〜25℃)で、晴れる日は薄着でも過ごしやすい体感となりそうです。

南西諸島 〜お出かけはGW後半に!前線の停滞でGW前半はぐずついた天気〜

 GW期間中は、前線が停滞する影響で雲が広がりやすく、雨の天気が続きそうです。GW後半になると、しっかりと晴れる日もあるため、旅行やマリンレジャーも満喫出来そうです。
 気温は平年並の予想(那覇:25〜27℃)で、晴れる日は半袖でも暑く感じられそうです。紫外線が強まる時期なので、日焼け止めや帽子などの対策を忘れずに行ってください。