ニュース

4日4日はビッグ天体ショーを世界中から楽しもう!

赤銅色の満月を生中継!“皆既月食”特別番組を英語で世界に配信

〜ウェザーニューズと天文の専門家が、バッチリ見えるエリアや注目ポイントを紹介〜


 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は4月4日10時〜12時30分(GMT)に、当社初となる英語で皆既月食を生中継する番組“The Total Lunar Eclipse 2015”を配信します。2014年10月8日に皆既月食を日本語で生中継した動画は、世界109カ国で視聴され、再生回数は約82万回に達しました。これを受け、海外の方にもより楽しんでいただくため、YouTubeで英語版の番組配信を決定しました。ゲストには国際天文学連合のチャン・シーリュン氏を招き、日本から観測される皆既月食の生中継とともに、バッチリ見える国や地域、観測の際の注目ポイントなど、天体情報に関する専門的な解説をお届けします。また、ウェザーニューズ予報センターのジェシー・ベッキオーニが、当日、皆既月食の観測に適した天気になるエリアはどのあたりなのか、世界の衛星画像を駆使して最新見解をお伝えします。ウェザーニューズは、世界中の方にビッグな天体ショーを楽しんでもらえるサービスの提供に努めていきます。


英語版“皆既月食2015特別番組”
“The Total Lunar Eclipse 2015”
“皆既月食 ”の振り返り動画はこちらから
https://youtu.be/XB5GmTyhhBU スマホアプリ「Sunnycomb」の“My Profile”
“notifications”にアクセス
(皆既月食の翌日にOPEN予定)

“皆既月食”特別番組を英語版で生配信

  皆既月食を生中継する英語版の特別番組“The Total Lunar Eclipse 2015”を4月4日10時〜12時30分(GMT)にYouTubeで配信します(日本時間:4 月4日19時〜21時30分)。本番組では、日本国内の2地点から撮影した皆既月食の生中継映像とともに、ゲストである国際天文学連合(International Astronomical Union)のチャン・シーリュン(Sze-leung Cheung)氏が、世界の主要都市で皆既となる時間や見える方角をはじめ、月が赤く見える理由、月面に青色の帯が見える“ターコイズフリンジ”と呼ばれる現象のメカニズムなどを解説します。また、ウェザーニューズ予報センターのジェシー・ベッキオーニ(Jesse Vecchione)が世界の衛星画像を駆使し、地球上のどの地域で皆既月食を楽しめる天気となっているか、最新の気象情報をお伝えします。なお、司会はウェザーニューズ「Sunneycomb TV」お天気キャスターのブローニン・ムーレン(Bronwyn Mullen)が担当します。

画像をクリックすると拡大画像が見られます

画像をクリックすると拡大画像が見られます
Sunneycomb TV」キャスター
ブローニン・ムーレン

画像をクリックすると拡大画像が見られます
ウェザーニューズ予報センター
ジェシー・ベッキオーニ


天体ショーの後も感動をもう一度!

 事前にスマホアプリ「Sunnycomb」をダウンロードされた方を対象に、皆既月食の全過程をまとめた動画を公開します。月が欠け、やがて赤色に染まっていく神秘的な変化をスマホの画面で再生でき、皆既月食が終わってからも感動の瞬間を振り返ることができます。また、世界各地から届いた皆既月食のリポートを合わせて紹介します。今回の皆既月食は東経103度〜日付変更線〜西経110度付近のエリアから観測できるため、東アジアやオセアニア、アメリカ大陸西部をはじめとする様々な国と地域から届いた皆既月食のリポートをご覧になって楽しむことができます。

画像をクリックすると拡大画像が見られます