ニュース

ビッグ天体ショーを『SOLiVE24』で生中継!

4月4日は“皆既月食”!全国的に観測チャンス

〜夜桜と赤い満月の絶景コラボが楽しめる特別な12分間〜


株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、皆既月食を楽しんでいただくため、4月4日の19時より24時間ライブ放送番組『SOLiVE24』や特設サイト『皆既月食2015.4.4』にて、皆既月食の様子を生中継します。皆既月食は、月が地球の影に完全に隠れた時に赤銅色の満月が見える天体ショーです。国立天文台によると、4日19時15分頃から部分月食が始まり、20時54分〜21時6分が皆既月食の時間帯となります。4日の夜は北日本を中心に晴れて観測に好条件の夜空となり、東〜西日本でも雲の隙間から観測できそうです。特に、関東・東海・近畿・中国・四国ではちょうどお花見の見頃の時期と重なり、皆既月食と夜桜を同時に楽しめる滅多にない機会となります。しかし今回の皆既月食は観測時間が約12分間と短いため、最も感動的な瞬間を逃さないよう、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」で事前登録をした方には部分月食と皆既月食の開始をお知らせするサービスを提供します。また、本サービスに登録した方は、天体ショーの終了後に皆既月食の全経過をまとめた動画をご覧いただけます。詳細は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」やインターネットサイト「ウェザーニュース」の特設サイト『皆既月食2015.4.4』からご覧いただけます。


『皆既月食2015.4.4』スペシャル企画の
詳細はこちら
『皆既月食2015.4.4』の
特設サイトはこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を
ダウンロード後、
「ALL Channel」から「星空Ch.」にアクセス
インターネット特設サイト
『皆既月食2015.4.4』
http://weathernews.jp/s/eclipse2015/

4月4日の天気は?

 4日夜は、北海道や東北、沖縄でよく晴れて、皆既月食の観測に絶好の夜空となりそうです。一方、関東〜九州は低気圧や前線の影響で雲が広がりやすくなりますが、雲には隙間があり、皆既月食を見られるチャンスはありそうです。この時期は朝晩冷えるので、暖かい服装で天体ショーを楽しんでください。

※このMAPは、3月27日時点の予報をもとに作成したものです。最新のMAPは、随時更新しているスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内のALL Channelから選択した「星空Ch.」、または、インターネットサイト「ウェザーニュース」の特設サイト『皆既月食2015.4.4』にてご確認ください。

画像をクリックすると拡大画像が見られます


『SOLiVE24』で“皆既月食”を生中継!国立天文台とのコラボで専門情報が充実

 24時間ライブ放送番組『SOLiVE24』では、視聴者の皆様と天体ショーを楽しむため、4日19〜22時の特別番組で、皆既月食の生中継と、国立天文台との連携による専門的な天体情報をお届けします。
 番組は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」およびインターネットサイト「ウェザーニュース」の『SOLiVE24 Ch.』のほか、テレビ(BS 910Ch)、YouTube、ニコニコ生放送でご覧いただけます。
 また、『SOLiVE24』を高画質で視聴できるPC用無料アプリ『ソラマド』でご覧になると、チャット機能を使って一緒に見ている視聴者の方とコミュニケーションをとりながら楽しむことができます。
 なお、4日19時〜21時半は、YouTubeで英語版の番組も同時に配信する予定です。

画像をクリックすると拡大画像が見られます


12分間のチャンスを逃さぬよう、皆既月食の開始をお知らせ!

 今回の皆既月食は、わずか12分間の天体ショーです。最も感動的な瞬間を逃さず楽しんでいただくため、部分月食と皆既月食の開始をスマートフォンにお知らせするサービスの事前登録を開始しました。スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」から事前登録しておくと、皆既月食の事前現象である部分月食の開始時に1度目のお知らせが届き、皆既月食が始まる時に2度目のお知らせが届きますので、タイミングを逃さず観測することができます。また、本サービスに登録した方は、天体ショーが終わった後も皆既月食の全経過を動画でご覧いただくことができ、感動の瞬間を振り返ることができます。

画像をクリックすると拡大画像が見られます