ニュース

ウェザーニューズ、「年末年始の10 日間予報」を発表!

年末年始の10日間予報を発表!初日の出は太平洋側ほどチャンスあり 初日の出は西日本ほどバッチリ楽しめそう!

~ 1 月4 日までの天気・渋滞情報など帰省に役立つ情報をスマホで公開 ~

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、2 0 1 4 年1 2月2 6 日〜2 0 1 5 年1 月4 日の全国各地の1 0 日間予報を発表しました。年末は全国的に冷たい雨や雪が降り、東日本の一部市街地でも積雪する地域があるため、車での帰省は雪に注意が必要です。2 0 1 5 年元旦は、西日本を中心に初日の出をバッチリ楽しめそうです。最新情報は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「おしらせ」や、インターネットサイト「ウェザーニュース」の『年末年始の天気C h .』からご確認ください。『年末年始の天気C h .』は、4 日までの全国の天気予報や道路の渋滞情報、旅行先からの実況リポートやゲレンデ情報など、帰省や旅行に便利なコンテンツが満載です。ウェザーニューズは、みなさんに素敵な年末年始を過ごしていただくため、最新情報を毎日更新します。

最新の“年末年始の1 0 日間予報”はこちら
スマホアプリ
「ウェザーニュースタッチ」 の
『お知らせ』にアクセス
インターネットサイト「ウェザーニュース」
『年末年始の天気Ch.』 http://weathernews.jp/newyear/
携帯サイト
「ウェザーニュース」
http://wni.jp/

年末年始の10 日間予報

~ 年末は南岸低気圧で東日本の一部市街地でも積雪 ~

20141225_nenmatsunenshi
画像をクリックすると拡大画像が見られます

 27日は高気圧に覆われ、全国的に日差しが届くところが多くなりますが、穏やかな天気は長続きしません。28日は南岸低気圧の影響で西から雨が降り出し、29日には全国で冷たい雨が降る予想です。北海道や東北北部は平野でも雪が降り、内陸や山沿いを中心にまとまった雪が降る恐れがあります。
 また、寒気や低気圧の動向によっては、東北南部や関東北部の市街地でも雪の可能性があり、車で移動する方は注意が必要です。
 南岸低気圧の通過後は太平洋側を中心に晴れますが、日本海側では雪や雨が降りやすく、風が強まる可能性もあります。また、大晦日から元日は東日本の太平洋側でも雲が広がりやすく、雨や雪が降る可能性がありますが、雲の切れ間から初日の出を見られるチャンスはありそうです。年末年始はこの時期らしい寒さが続くため、しっかり寒さ対策をして風邪を引かないように注意してください。

~ 2 0 1 5 年の初日の出は西日本ほどバッチリ見えそう! ~

20141225_hinode_sr
画像をクリックすると拡大画像が見られます

 元旦は冬型の気圧配置となり、西日本を中心に初日の出がバッチリ見えそうです。東日本の太平洋側もチャンスがありますが、低気圧が通過して雲が広がりやすくなるため、雲の切れ間から初日の出を見ることにりそうです。北陸以北の日本海側は雨や雪が降り、初日の出には厳しい気象条件となる予想です。

年末年始10日間予報~エリア別~



年末年始は日本海側を中心に雪の降る日が多くなります。太平洋側やオホーツク海側は晴れる日が多いものの、28日〜29日は低気圧の通過によって広範囲で湿った雪が降ります。路面状態が悪化するので、車で移動する際は運転に注意が必要です。電線などへの着雪にも注意して下さい。30日以降は太平洋側では晴れますが、日本海側では雪が降り、風が強まる可能性があります。また、体感はこの時期らしい寒さが続き、北風も吹いて極寒と感じることもありそうです。初詣などへお出かけの際は、万全の寒さ対策が必要です。
20141225_hokkaido
画像をクリックすると拡大画像が見られます

年末年始は日本海側を中心に雪の降る日が多くなります。太平洋側は晴れる日もありますが、29日〜30日頃は低気圧の通過で冷たい雨や雪が降ります。東北北部は市街地でも雪が降り、内陸や山沿いでは雪がまとまる可能性があります。寒気や低気圧の動向次第では、東北南部の市街地も雪の予報に変わる可能性があります。低気圧通過後は冬型の気圧配置になり、太平洋側では日差しが届くようになりますが、日本海側では雪が降りやすい状況が続きます。また、大晦日から元日は太平洋側でも一時的に雪が降る可能性はあるものの、雲の切れ間から初日の出を楽しめそうです。年末年始はこの時期らしい寒さが続くため、初詣などへお出かけの際は万全の寒さ対策が必要です。
20141225_touhoku
画像をクリックすると拡大画像が見られます

27日〜28日は高気圧に覆われて晴れますが、29日は南岸低気圧の影響で冷たい雨が降り、山沿いでは積雪の恐れがあります。寒気の動向によっては、関東北部の平野でも雪になる可能性があります。車で移動する方は、最新の情報に注意してください。30日からは晴れる日が多くなります。元旦は雲が出る可能性がありますが、雲の切れ間から初日の出を楽しめそうです。年末年始はこの時期らしい寒さが続くので、初詣などへお出かけの際はしっかり寒さ対策をしてください。
20141225_kanto
画像をクリックすると拡大画像が見られます



27日〜28日は高気圧に覆われて晴れますが、29日は南岸低気圧の影響で雨が降ります。内陸や山沿いでは雪が降り、長野市などでは市街地でも雪の可能性があります。寒気の動向によっては内陸で雪がまとまり、名古屋市などの平野でも雨に雪が混じる可能性があります。車で移動する方は、最新の情報に注意が必要です。30日以降は晴れ間が戻り、大晦日から年明けも晴れる日が多くなる見込みです。元旦は雲が出る可能性がありますが、雲の切れ間から初日の出を楽しめそうです。晴れる日は朝晩の冷え込みが強く、雨や雪が降る日は気温以上に寒く感じられそうです。年末年始はこの時期らしい寒さが続くので、初詣などへお出かけの際はしっかり寒さ対策をしてください。
20141225_toukai
画像をクリックすると拡大画像が見られます

27日〜28日は日差しが届きますが、29日以降は雪や雨の降る日が多くなり、内陸を中心に積雪量の増加に注意が必要です。元旦も雪が強く降る可能性があり、初日の出を見るには厳しい天気になりそうです。年末年始はこの時期らしい寒さが続くので、初詣などへのお出かけには、しっかり寒さ対策をしてください。
20141225_hokuriku
画像をクリックすると拡大画像が見られます

27日は高気圧に覆われて晴れますが、28日〜29日は低気圧の影響で雨や雪が降ります。寒気の動向によっては、山沿いでは雪が降る可能性があります。車で移動する方は、最新の情報に注意してください。30日からは太平洋側では晴れ間が戻り、 元旦は初日の出が期待できそうです。日本海側では元日も雪や雨が降りやすく、初日の出を見るには不向きな天気となりそうです。年末から年明けはグッと冷え込む日があるため、しっかり寒さ対策をして下さい。
20141225_kinki
画像をクリックすると拡大画像が見られます

27日は高気圧に覆われて晴れますが、28日〜29日は低気圧の影響で冷たい雨が降ります。山沿いでは雪が降り、積雪する可能性もあるため、車で移動する方は、最新の情報に注意が必要です。30日からは山陽の沿岸部を中心に晴れ間が戻り、元旦は初日の出に期待できそうです。山陰や中国山地は30日以降も雪や雨の降りやすい空ですが、雲に切れ間があるため、初日の出が見られるチャンスはありそうです。年末から年明けはグッと冷え込む日があるため、しっかり寒さ対策をして下さい。
20141225_chugoku
画像をクリックすると拡大画像が見られます

27日は高気圧に覆われて晴れますが、28日〜29日は低気圧の影響で冷たい雨が降ります。山沿いでは雪が降る可能性もあるので、車で移動する方は最新の情報に注意が必要です。30日からは晴れ間が戻り、元旦は初日の出が期待できそうです。その後も時々雲が広がることがありますが、晴れる日が多くなる予想です。年末から年明けはグッと冷え込む日があるため、しっかり寒さ対策をして下さい。
20141225_shikoku
画像をクリックすると拡大画像が見られます

27日は高気圧に覆われて晴れますが、28日は低気圧の影響で冷たい雨が降ります。山沿いでは雪が降る可能性もあるので、車で移動する方は、最新の情報に注意が必要です。30日からは晴れ間が戻り、元旦は初日の出に期待できそうです。その後も時々雲が広がることはあるものの、太平洋側ほど晴れる日が多くなる予想です。年末から年明けはグッと冷え込む日があるため、しっかり寒さ対策をして下さい。
20141225_kyushu
画像をクリックすると拡大画像が見られます

西

27日〜28日は前線の影響で雨が降りやすくなりますが、29日以降は天気が回復し、元日にかけて晴れ間が多くなります。2日からは雲が増えますが、大きな天気の崩れはなさそうです。気温はこの時期らしく、日差しがあると過ごしやすくなりますが、雲が増える日は上着が必要になります。特に29日以降は北風が吹き、ヒンヤリと感じそうです。
20141225_nansei
画像をクリックすると拡大画像が見られます

【都道府県別の天気傾向】

141225_table1