ニュース

14日は“ふたご座流星群”の出現ピーク!好条件なら1時間に50個観測も

“ふたご座流星群”、太平洋側で観測のチャンス!

~ 「SOLiVE24」で“ふたご座流星群”を全国7カ所から生中継 ~

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は12月5日(金)、冬を代表する天体イベントである“ふたご座流星群”を楽しんでいただくため、観測のピークを迎える14日(日)の全国の天気傾向を発表しました。14日(日)は冬型の気圧配置で太平洋側は観測に好条件の夜空となります。日本海側や沖縄では雲の多い予想ですが、雲が切れるタイミングを狙えば、流星観測のチャンスがありそうです。ウェザーニューズでは、14日(日)20時より24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて全国7カ所から流星の同時中継を行い、視聴者にリアルタイムに流星の動画をお届けします。「SOLiVE24」は、BS910や特設サイト“ふたご座流星群2014”の他、YouTubeやニコニコ生放送でも配信する予定です。また、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『星空Ch.』内に“ふたご座流星群”の専用サイトを本日開設し、中継映像で流星をとらえてから3分以内にスマホにお知らせするサービス“流星キャッチャー”の事前登録を始めました。ウェザーニューズでは、全国の皆様と一緒に天体ショーを楽しむため、気象面のサポートだけでなく、天体観測をライブ中継で楽しむコンテンツや、観測に役立つきめ細かい情報を提供していきます。

“流星キャッチャー”の登録はこちら “ふたご流星群”の最新情報はこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」
をダウンロード後、『星空Ch.』にアクセス
インターネットサイト特設ページ
“ふたご座流星群2014”
http://weathernews.jp/gemini/
スマホ用webサイト
“ふたご座流星群”
http://weathernews.jp/s/
star/gemini/


11月14日(日)の天気は?

画像をクリックすると拡大画像が見られます

 ふたご座流星群のピークは14日(日)21時で、14日(日)18時から15日(月)早朝が流星を楽しめる時間帯です。この期間、太平洋側は晴れて、流星観測をバッチリ楽しめそうです。一方、冬型の気圧配置の影響で日本海側は雨や雪が降り、流星観測には不向きな空となる予想です。東北(太平洋側)や、東海〜京阪神の一部、沖縄などには、時々雲が流れ込んでニワカ雨や雪の可能性がありますが、雲の隙間から流星を見られるチャンスはありそうです。夜は各地で冷え込むので、しっかり防寒をして楽しんでください。
“ふたご座流星群”は三大流星群の一つで、条件が良いと1時間に50個以上の流星が見えることもあり、観測に好条件の天気となる太平洋側では多くの流星を見られる可能性があります。ただ、今年は23時以降になると、月明かりの影響で星が見えにくくなるため、なるべく早い時間帯に観測するのがおすすめです。

※このMAPは、12月5日10時時点での予報をもとに作成しています。最新の天気は随時更新しているスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」、携帯サイトまたはインターネットサイトにてご確認ください。

「SOLiVE24」で“ふたご座流星群”を全国7カ所から生中継!

画像をクリックすると拡大画像が見られます

 24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、“ふたご座流星群”を視聴者と一緒に楽しむため、14日(日)夜(事前番組:20時〜、流星中継21〜23時)に特別番組を放送します。この番組では全国7箇所のロケ先から流星を生中継し、流星の映像と観測スタッフのコメントをリアルタイムにお伝えします。また、チャット機能で流星を見た感動を共有できるため、視聴者の皆様とスタジオが一体となって流星を楽しむことができます。当日、屋外で星空を見られない場合も「SOLiVE24」を通して “ふたご座流星群”を楽しむことができます。今回も流星の動画は、ワテック株式会社のご協力により、高画質な映像でご覧いただけます。番組はスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」やテレビ(BS 910ch)、PC特設ページ “ふたご座流星群2014”(http://weathernews.jp/gemini/)のほか、YouTubeやニコニコ生放送から無料でご覧いただけます。


今年最多の流星出現なるか!?

画像をクリックすると拡大画像が見られます

〜“流星キャッチャー”で流星動画をスマホにお届け!〜

 スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内の『星空Ch.』にて、“ふたご座流星群”の専用ページを公開しました。専用ページでは流星が見えるエリアが一目でわかる「流星見えるかなマップ」を確認できるほか、“ふたご座流星群”が見える方角や時間帯、流星のメカニズムを紹介しています。また、『星空Ch.』で事前に“流星キャッチャー”を登録しておくと、14日の夜(特別番組の時間帯:20〜23時)に番組内で流星が撮影された時に、スマホにPUSH通知が届き、流星動画をお楽しみいただけます。  当日は夜空を流れる星の数を全国の皆さまとカウントする“流星カウンター”を公開する予定です。2012年には全国1万人の皆さまと5万個の流星をカウントしました。“ふたご座流星群”は観測される流星の数が多い天体ショーなので、数をカウントして楽しむのもおすすめです。