ニュース

12月14日は“ふたご座流星群”、2012年は全国1万人と約5万個の流星を観測

“ふたご座流星群”、太平洋側を中心に観測のチャンス

~ 「SOLiVE24」でふたご座流星群を全国7カ所から生中継 ~

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は12月4日(水)、冬を代表する天体イベントである“ふたご座流星群”の観測を楽しんでいただくため、観測ピークを迎える12月14日(土)の夜の全国の天気傾向を発表しました。14日(土)は太平洋側を中心に雲が少なく、好条件で流星を楽しめる予想です。当日は24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて21時から特別番組を組み、全国7カ所の流星動画をリアルタイムにお届けする予定です。また、中継映像で流れた流星の様子を3分以内にスマホへお知らせするサービス“流星キャッチャー”の登録も受付中です。2012年にふたご座流星群を観測した際は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『星空Ch.』内でみなさんが観測した流星の数をカウントして報告できる『流星カウンター』に全国12,714人の方から流星の報告が寄せられ、その総数は50,536個に及びました。今年も多くの流星が流れることを期待して、全国のみなさまと一緒に“ふたご座流星群”を観測します。

“ふたご座流星群”の最新情報はこちらから
スマートフォン向けアプリケーション
「ウェザーニュースタッチ」
をダウンロード後、『星空Ch.』にアクセス
インターネットサイト「ウェザーニュース」
特設ページ“ふたご座流星群2013”
http://weathernews.jp/gemini/

12月14日(土)の天気は?

20131204_1

画像をクリックすると拡大画像が見られます

ふたご座流星群がピークとなる14日(土)は、冬型の気圧配置となります。このため、北~西日本の日本海側ほど雲が多く、流星の観測は雲の隙間からとなりそうです。太平洋側ほど雲が少なく、バッチリ観測できる予想ですが、日本海側から雲が流れ込み、太平洋側でも雲が増える可能性があります。夜は冷え込みますので、暖かい服装で流星観測を楽しんで下さい。

このMAPは、12月4日時点での予報をもとに見解を出しています。最新の天気は随時更新しているスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」、またはインターネットサイト「ウェザーニュース」にてご確認ください。

「SOLiVE24」で“ふたご座流星群”を全国7カ所から生中継!

24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、“ふたご座流星群”を視聴者と観測して楽しむため、14日(土)21〜24時に全国各地から生中継を行う特別番組を組む予定です。流星を見た感動を多くの方と味わえるよう、観測に適すると予想される全国7カ所からリアルタイムに流星の様子をお届けします。番組は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『SOLiVE24 Ch.』で楽しめる他、PCやテレビ(BS 910Ch)でも無料で視聴可能です。番組では、中継の様子だけでなく、視聴者の方と共に流星を見た感動や喜びをチャット機能を利用して語り合ったり、利用者から寄せられたコメントなども紹介します。

“ふたご座流星群”を楽しく観察!専用ページを開設

20131204_2
画像をクリックすると拡大画像が見られます

ウェザーニューズは、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内の『星空Ch.』にて、“ふたご座流星群”の専用ページを公開しました。流星観測のチャンスがあるか一目でわかる最新の「流星見えるかなマップ」を確認できます。また、『星空Ch.』では、今の星の見え具合が10分単位でわかる“10分天気マップ”を確認することができ、星空観測の強い味方となってくれます。
このほか、14日(土)の夜は、全国の利用者が観測した流星の数をカウントして報告できる『流星カウンター』を『星空Ch.』内で開始する予定です。2012年に“ふたご座流星群”を観測した際は、全国12,714人の方から流星の報告が寄せられ、その総数は50,536個に及びました。今年も多くの流星が流れることを期待し、みなさまと一緒に観測していきます。

流れ星の瞬間をスマホに動画でお届けする“流星キャッチャー”

20131204_3
画像をクリックすると拡大画像が見られます

“流星キャッチャー”は、有料会員向けのコンテンツで、スマートフォン向けアプリケーション「ウェザーニュースタッチ」内にある『スマートアラーム』から、事前に設定しておくと、ふたご座流星群の観測チャンスとなる14日(土)の夜(21〜24時)に流星が観測された際、スマートフォンのPUSH通知が届き、いち早く流星動画を楽しむことができるサービスです。PUSH通知を受け取る流星の中継エリアは“全国”“現在地”から選択でき、いつどこにいても、スマートフォンで流星を視聴できるのが特徴です。また、“twitter”を通じて流星の様子を他の人にも伝えることができ、より多くの方と感動を分かち合うことが可能です。