ニュース

東日本・西日本の100カ所以上で紅葉の見頃ピーク

週末の紅葉狩りは、東日本・西日本ともに土曜日がオススメ

~ 毎週木曜に更新!ウェザーニュースタッチで『今週末のオススメスポット』を本日公開 ~

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、11月14日(木)、東日本・西日本で紅葉のピークを迎えたことを受け、今週末に見に行っておきたい名所と週末の天気傾向を発表しました。今年の夏の猛暑や秋に多く訪れた台風の影響は一部に限られ、ほとんどの地域では例年通りのあざやかな紅葉が楽しめそうです。また、今週初めに訪れた寒気の影響で、やや遅れていた西・東日本の色付きも進み、見頃となる時期も例年に近いと思われます。今週末は、16日(土)に広い範囲で晴れて色あざやかな秋を満喫することができそうです。詳細は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『紅葉Ch.』内で本日公開された、週末に見頃を迎える名所を紹介するサービス『今週末のオススメスポット』にてご覧いただけます。『今週末のオススメスポット』では、毎週木曜日にウェザーニューズの予報センターが厳選したおすすめスポットを紹介します。週末の紅葉狩りの計画に是非ご活用ください。

『今週末のオススメスポット』の詳細情報はこちら 最新の紅葉情報はこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」 を
ダウンロード後、「ALL Channel」から
『紅葉Ch.』にアクセス
インターネットサイト「ウェザーニュース」
『紅葉Ch.』
http://weathernews.jp/koyo/

紅葉狩りの前に見ておきたい『今週末のオススメスポット』

20131114_1

『今週末オススメスポット』は、週末に見頃を迎えるスポットを紹介するサービスです。全国550万人のウェザーリポーターから寄せられる最新の紅葉リポートと全国3,000ヶ所に設置する気象観測システム「ソラテナ」の気象解析データを活用し、ウェザーニューズの予報センターから紅葉狩りに適した日程やおすすめスポットなどの情報を発信しています。
今週は東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州の7エリアの情報を公開しています。毎週木曜日に更新され、週末の“色づき状況”、“週末の天気”、“おすすめスポット”のほか、全国から届いた紅葉写真をエリアごとに表示しています。『今週末オススメスポット』は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『紅葉Ch.』からご覧いただけます。そのほか、『紅葉Ch.』内には、紅葉の見頃をお知らせする「紅葉スポット通知」や、全国の見頃時期を解説する「今年の紅葉解説」、色づきが始まる条件やキレイに色づく条件を紹介する「紅葉の豆知識」など、紅葉をより楽しめるコンテンツが満載です。

関東エリアの紅葉狩りは16日がオススメ!

20131114_2

関東エリアでは北部の山々では紅葉シーズンが終了に向かっており、色付きは山から平野へと下りてきています。今週初めの冷え込みにより、平野での色付きはより加速している状況です。また、秋らしく晴れと雨を繰り返す天気、さらに晴れた日は朝晩の冷え込みも出てきており、色付きは例年通りのあざやかさとなると予想されます。しかし、関東南部沿岸の一部では台風18号による塩害で、葉が枯れている可能性があります。
今週末に紅葉狩りを楽しむなら、16日(土)がオススメです。16日(土)は移動性高気圧に覆われて穏やかな秋晴れとなり、黄色や赤に色付いた紅葉が楽しめそうです。一方、17日(日)は低気圧が接近するため、雨が降る恐れがあります。週末は週初めのような強い冷え込みは無く、昼間は秋の装いで問題なさそうです。

中部エリアの紅葉狩りは16日がオススメ!

20131114_3

中部エリアでは中部山岳周辺の山々で落葉が進んでいます。今週初めの寒気の影響で、長野県では市街地でも雪が降り、紅葉シーズンは終了に向かっています。一方、北陸エリアでは市街地でも色付きが増し、今が見頃となっています。東海エリアの沿岸でもジワジワと色付きが進んでおり、これから楽しめる地域が多くなりそうです。
夏の日差しが十分あったことや、秋らしく晴れと雨を繰り返す天気、さらに晴れた日は朝晩の冷え込みもあり、色付きは例年通りのあざやかさとなる予想です。ただし、愛知・静岡県では台風18号による強風で、葉が傷み、色付きが良くない可能性があります。
今週末に紅葉狩りを楽しむなら、16日(土)がオススメです。16日(土)は移動性高気圧に覆われて穏やかな秋晴れとなり、黄色や赤に色付いた紅葉があざやかに楽しめそうです。北陸エリアでは晴れたり曇ったりですが、17日(日)は低気圧が接近し、雨が降る恐れがあります。東海・甲信エリアも17日(日)は晴れたり曇ったり、雨が降ったりと変わりやすい天気になります。また、北陸・甲信・東海エリアともに週初めのような強い冷え込みは無く、秋の装いで問題なさそうです。

近畿エリアの紅葉狩りは16日がオススメ!

20131114_4

近畿エリアでは平年よりやや色付きが遅れていましたが、今週初めの寒気やここ最近の朝晩の冷え込みの影響で色付きが進み、これまでの遅れを取り戻しています。標高1000mを越える山ではそろそろ落葉となり、綺麗な色付きは麓に降りようとしています。また、秋らしく晴れと雨を繰り返す天気、さらに晴れた日は朝晩の冷え込みもあり、色付きは例年通りのあざやかさとなる所が多い予想です。しかし、台風の影響で土砂崩れが合った地域や強風が吹いた地域では木や葉の痛みにより色付きが悪くなる恐れがあります。
今週末の紅葉狩りは16日(土)がオススメです。17日(日)でも紅葉狩りは楽しめそうですが、天気は変わりやすく、にわか雨の可能性があります。一方、16日(土)は移動性高気圧に覆われて秋晴れとなる地域が多くなる見込みです。北部沿岸ではやや雲が多めですが、穏やかな陽気で、京都市内でも黄色や赤に色付いた紅葉があざやかを増し、楽しませてくれそうです。週末は週初めのような冷え込みは無いため、昼間は秋の装いで問題なさそうです。

中国四国エリアの紅葉狩りは16日の早めがおすすめ!

20131114_5

中国四国エリアでは中国山地や四国山地で見頃を迎え、標高1000m程度の場所では落葉が進んでいます。今週初めの寒気の影響で平野部でも色付きが進んできており、やや遅れていた色付きの時期を取り戻しつつあります。 今週末に紅葉狩りを楽しむなら、16日(土)がオススメです。16日(土)は移動性高気圧に覆われて秋晴れとなる地域が多くなります。山陰・中国山地では雲が広がるタイミングもありますが、穏やかな陽気です。一方、17日(日)でも紅葉狩りは楽しめそうですが、天気は変わりやすく、各地でニワカ雨の可能性があります。また、雨の後は急に冷えるので、特に山に出かける場合は服装にも注意が必要です。

九州エリアの紅葉狩りは16日がオススメ!

20131114_6

九州エリアでは九州山地など山沿いで見頃を迎えています。平野部でもジワジワと色付きが進んでおり、例年通りの時期に紅葉が楽しめそうです。
今週末に紅葉狩りを楽しむなら、16日(土)がオススメです。16日(月)は晴れる地域が多く、北部ではやや雲が出ますが、多くの地域で穏やかな陽気になります。17日(日)は前線の影響でニワカ雨があり、山沿いでは雲も多くスッキリしません。また、段々と風が冷たく寒くなるため、服装にも注意が必要です。

参考資料:都道府県別の紅葉ピンポイント 情報(11月14日現在)

※全国800ヵ所の紅葉情報の一部を抜粋

20131114_0