ニュース

台風26号、明日は関東を直撃、交通への影響は?

スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」にて台風26号の通知サービス開始

~風のピークや交通機関への影響を、あなたのスマホにいち早くお知らせ~

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、現在本州に接近中の台風26号の被害を少しでも軽減するため、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の有料会員向けサービス『台風ピンポイント』と『スマートアラーム(台風モード)』において、台風26号に関する最新情報の配信を開始しました。10月15日14時現在、大型で強い勢力の台風26号は、明日の朝に強い勢力で房総半島付近に接近または上陸すると予想しており、東日本から北日本の太平洋側を中心に広い範囲で、大雨や暴風、高波、高潮に厳重な警戒が必要です。気象庁予想では、関東に最接近する前の16(水)0時の台風の勢力は950hPa、最大瞬間風速55m/sとされており、この勢力を保ったまま関東に上陸すれば、交通への大きな影響が予想されます。『台風ピンポイント』は、台風最接近のタイミングや雨風のピーク、交通への影響を都道府県ごとに確認できるサービスです。前日の段階で鉄道の運転見合わせや大幅遅延、道路の通行止めの可能性、航空の欠航や遅延といった交通への影響予想をきめ細やかにお伝えします。また、『スマートアラーム(台風モード)』は、GPS機能を利用してあなたの居場所に合わせて、雨風のピーク等詳しい影響をPUSH通知でピンポイントにお知らせするため、台風から身を守る対策の一つとして活用していただけます。

『台風ピンポイント』
の詳細はこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後、
『天気予報Ch.』にアクセス
『スマートアラーム(台風モード)』
の登録はこちら
スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後、
『スマートアラーム設定』にアクセス

鉄道、道路、航空など交通への影響をお伝えする「台風ピンポイント」

20131015_1
※画像はサンプルです(台風18号)

ウェザーニューズでは、利用者の居場所へピンポイントに台風の状況をいち早く伝えられるよう、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内で展開している『台風ピンポイント』にて、台風26号の情報配信を開始しました。『台風ピンポイント』は、台風最接近のタイミングや雨風の強さ、交通への影響を都道府県ごとに確認することができる有料会員向けのサービス(315円/月)です。GPS機能を活用し、利用者の居場所に合わせて、雨風のピーク、鉄道の運転見合わせや大幅遅延、道路の通行止めの可能性、航空の欠航や遅延といった交通への影響を前日の段階で詳細に確認できます。また、「ウェザーニュースタッチ」では『台風Ch.』も展開しており、台風の発生から消滅までの進路をアニメーションで追うことができるほか、台風の勢力や大きさなどの最新情報や、現地から送られてくる被害リポート、台風の監視・解析を行っている予報センターの最新見解などをリアルタイムに確認することができます。

居場所に合わせて、最新の台風情報をお知らせする「スマートアラーム(台風モード)」

20131015_2
20131015_3
(左)「台風モード」を“オン”(右)イメージ画像

台風は過去に多くの甚大な被害をもたらしてきており、一人ひとりが台風に対して十分な警戒をする必要があります。そこで、ウェザーニューズでは、利用者の居場所へピンポイントに台風の状況をいち早く伝えられるよう、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内で展開している『スマートアラーム』にて、台風26号の情報配信を開始しました。『スマートアラーム』は、GPSの機能を利用し、今いる場所に起きている、または起きる見込みがある気象情報をいち早くお知らせする有料会員向けのサービスです。“台風モード”の設定ボタンをオンにすると、出張や旅行に出ていても、自分の居場所に合わせて雨・風の強さ、交通機関への影響や台風の進路など、より詳しい通知を受けることができます。普段の生活の中でも、最新の台風情報をいち早く入手することで、台風に備えた対策を取ることができます。