ニュース

ヘリコプターの効率的な運航判断と迅速な医療搬送を実現する

動態管理システム「FOSTER-copilot」が 内閣府広域医療搬送訓練で活用

~ 空・陸の機体/車両の位置情報と気象情報を一元管理し、搬送支援を実施 ~

2013年8月31日、南海トラフの巨大地震を想定して実施された「平成25年内閣府広域医療搬送訓練」で広域災害時の防災関係機関の連携強化と迅速な医療搬送を実現するため、株式会社ウェザーニューズ(所在地:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)のヘリコプター動態管理システム「FOSTER-copilot」が活用されました。訓練ではドクターヘリ11機、災害調査ヘリ2機に加え、ドクターカー・災害時医療支援車両(DMAT車両)10台に「FOSTER-copilot」を搭載、運航判断支援ツール「FOSTER-GA」上で各機体/車両の位置情報と気象情報を一元化、最適な運航(行)判断をサポートしました。

日本初の機内持ち込み型動態管理システム「FOSTER-copilot」

当社は「空の安全を守る」というミッションのもと、ヘリコプターの運航において長年の課題となっていた機体の位置情報の把握による安全かつ効率的な運航管理を実現するため、機体の修理改造の必要がなく低コストで導入可能な、機内持ち込み型動態管理システム「FOSTER-copilot」を日本で初めて開発、サービス化しました。
「FOSTER-copilot」によって取得された位置情報は運航判断支援ツール「FOSTER-GA」上に表示され、気象情報と重ね合わることで、ヘリコプターの安全かつ効率的な運航判断への支援を実現しました。

20130904_1
FOSTER-copilot実物
大きさ:65x26x130 mm、重さ:202g
20130904_2
FOSTER-GA上で機体の位置・状況を確認

関係各所の連携強化と迅速な搬送支援のため「FOSTER-copilot」を活用した実動訓練

東日本大震災発生直後、全国各地から多くのドクターヘリや救急車、ドクターカーなどが被災地に参集しましたが、各機体/車両の位置情報や出動可否などの情報の一元的な把握が難しく、各拠点の連携と迅速かつ効率的な医療搬送が課題となりました。
今回の広域医療搬送訓練では、広域災害となる可能性の高い南海トラフ巨大地震を想定し、各拠点の円滑な連携と、安全かつ効率的な運航(行)判断によって迅速な医療搬送を実現するため、当社の動態管理システム「FOSTER-copilot」が活用されました。

空・陸の機体/車両の位置情報を一元化、効率的な運航(行)判断をサポート

20130904_3
愛知県庁にて各機体/車両の位置を確認する様子

今回の訓練ではドクターヘリ11機、災害調査ヘリ2機に加え、地上のドクターカー・DMAT車両10台に「FOSTER-copilot」を搭載しました。災害対策本部やSCU(航空搬送拠点臨時医療施設)、ドクターヘリ基地病院等において、運航判断支援ツール「FOSTER-GA」上で機体/車両の位置情報と気象情報を一元的に表示し、最も迅速に医療搬送が可能な機体/車両の選定と安全かつ効率的な運航(行)判断を支援しました。

20130904_4
ドクターヘリやDMAT車両の位置情報と気象情報を一元化(当日の様子)
20130904_5
名古屋空港から「FOSTER-copilot」を搭載し飛び立つドクターヘリ

ウェザーニューズでは、今後もヘリコプターの安全・効率的な運航をサポートするために、「FOSTER-copilot」を活用するとともに、将来想定される広域災害時においても、ドクターヘリやドクターカー・DMAT車両など、空・陸の機体/車両の位置情報の一元把握による迅速な医療搬送の実現に向けた取り組みを進めていきます。