ニュース

ウェザーニューズ、お盆休みの天気傾向を発表!
厳しい残暑で熱中症に注意が必要!
後半ほど全国でゲリラ雷雨発生の可能性

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、お出かけの計画に役立て、お盆休みを楽しく過ごして頂くため、8月10日(土)から8月18(日)までのお盆休みの天気傾向を発表しました。最新の天気傾向は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」で確認できます。お盆休みの期間中は、太平洋高気圧が勢力を強め、厳しい残暑が続きます。特に西日本では猛暑日が続くこともあり、暑さが収まる気配はありません。“ゲリラ雷雨”の発生は、お盆期間の終わりに近づくほど各地で活発になるため、お出かけの際は天気の急変に注意が必要です。スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」では、突発的に発生する“ゲリラ雷雨”の可能性を事前にお知らせする『スマートアラーム(ゲリラ雷雨モード)』を展開しており、これらのサービスを有効活用することで、旅行やお出かけ先でも天気の急変に備えることができます。

お盆期間中の天気傾向

お盆期間中は、太平洋高気圧の勢力が強いため、全国的に晴れる日が多く、厳しい残暑が続く見込みです。北日本は晴れる日が多くなりますが、太平洋側ほど湿った空気の影響を受けて雲が広がりやすく、市街地でもゲリラ雷雨には注意が必要です。北日本の暑さは平年並みの予想ですが、一時的に平年より暑さが厳しくなることもありそうです。西•東日本は太平洋高気圧の勢力が非常に強く、晴れて夏空が広がる日が続きます。お盆前半のゲリラ雷雨の発生は山沿いが中心ですが、後半は湿った空気の影響で、広範囲でゲリラ雷雨が発生します。西•東日本の各地で厳しい残暑が続き、特に西日本では猛暑日や熱帯夜が続くため、紫外線対策や熱中症対策を心がけましょう。南西諸島は晴れる日が多いですが、台風の影響を受ける可能性があります。台風の動向によっては予報が変わってくるため、今後の見解に注意が必要です。南西諸島は、前半ほど暑さが厳しく、特に最低気温が高い日が多くなりそうです。

お盆期間中のゲリラ雷雨傾向

北日本
20130805_1

画像をクリックすると拡大画像が見られます

お盆前半のゲリラ雷雨は、山沿いを中心に発生し、回数も少なめです。しかし、半ばから後半ほどゲリラ雷雨が発生しやすく、市街地でも天気急変に注意が必要です。モクモクとした雲が近づいてきたら、急な雨にご注意ください。北日本の暑さは平年並みになる予想ですが、一時的に平年より暑さが厳しくなることもありそうです。

東日本
20130805_2

画像をクリックすると拡大画像が見られます

お盆前半のゲリラ雷雨は、山沿いを中心に発生します。お盆後半は広範囲でゲリラ雷雨の可能性が高まります。モクモクとした雲を見つけたら天気急変に注意が必要です。また、東日本の各地で厳しい残暑が続くため、紫外線対策や熱中症対策を心がけましょう。山や川にレジャーへ行かれる際は、最新の天気予報をチェックしてください。

西日本
20130805_3

画像をクリックすると拡大画像が見られます

お盆前半のゲリラ雷雨は、山間部を中心に発生します。お盆後半は広範囲でゲリラ雷雨の可能性が高まります。天気急変に備えて、折りたたみ傘を持ち歩くようにしましょう。また、西日本では猛暑日や熱帯夜が続くため、紫外線対策や熱中症対策を忘れずに心がけましょう。夏祭りや花火大会へお出かけの際は、最新の天気予報を忘れずにチェックしてください。
南西諸島
20130805_4

画像をクリックすると拡大画像が見られます

お盆期間中は、台風の影響で天気が荒れる可能性があり、交通機関への影響も考えられます。朝から晴れている日は、湿った空気の影響で海上から雨雲が流れ込む予想です。日差しが届いても、ニワカ雨や雷雨の可能性があります。また、お盆期間前半ほど暑さは厳しく、特に最低気温が高い日が多くなりそうです。