ニュース

ウェザーニューズ 2013年の「ゲリラ雷雨傾向」発表

“ゲリラ雷雨”発生回数、昨年比で全国平均3.5倍増の見込み

~ 全国的に8月上旬~中旬に多発する傾向で、九州、四国、東北では昨年比で5倍増の予想も ~

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、突発的かつ局地的に大雨や雷をもたらす“ゲリラ雷雨”に対し、事前対策への意識を高め、被害軽減に繋げるため、7月~9月における“ゲリラ雷雨”の発生傾向を発表しました。突然の激しい雷雨をもたらす雨雲は、局地的に急発達しますが、既存の気象観測機では、スケールの小さい気象現象を捉え、予測することが困難と言われています。全国で“ゲリラ雷雨”に起因する災害が起きていますが、“ゲリラ雷雨”の発生が多くなるこの時期、一人ひとりが災害に対する意識を高め、被害軽減に繋げることが必要とされています。

“ゲリラ雷雨”の発生傾向

20130717_1
20130717_2
画像をクリックすると拡大画像が見られます

“ゲリラ雷雨”は、大気の状態が不安定な時に、地上付近での局地的な加熱や、地上風の収束などによって上昇気流が発生し、そこで積乱雲が急発達することによって発生します。
昨年2012年は、太平洋高気圧が強弱を繰り返す中で、勢力が弱まり寒気が流れ込んだお盆休みの頃をピークに、“ゲリラ雷雨”の発生回数が多くなりました。高気圧が北~東日本を中心に強まり、西日本方面に暖かく湿った空気が流れ込んだため、近畿・東海エリアを中心に“ゲリラ雷雨”が多発しました。これにより、道路冠水や浸水被害、落雷被害などが都市部でも発生しました。北~東日本でも高気圧の勢力が弱まったお盆の頃を中心に“ゲリラ雷雨”が発生しました。しかし、8~9月は高気圧の中心が東に偏った傾向があったため、北日本を中心に記録的な残暑となり、北海道〜関東地方では全国的に見ると、発生数は少ない傾向になりました。また、九州など西日本の太平洋側は曇りや雨の日が多く、“ゲリラ雷雨”の発生数が少ない傾向にありました。
今年の“ゲリラ雷雨”シーズンは、太平洋高気圧の勢力によって“ゲリラ雷雨”の発生回数が増減する見通しです。7月上旬は高気圧の勢力が強く、西日本を中心に晴れて非常に暑い日が続きましたが、いったん高気圧の勢力が弱まっている現在は“ゲリラ雷雨”発生数が多くなっています。今後は再び高気圧が強まる予想で、7月下旬~8月はじめにかけて“ゲリラ雷雨”は発生しにくくなる見通しですが、8月上旬~中旬は再び“ゲリラ雷雨”発生数が多くなりそうです。また、今年も8月下旬〜9月前半は高気圧が強まり厳しい残暑となり、“ゲリラ雷雨”発生数はいったん少なくなる予想です。9月も“ゲリラ雷雨”が発生する日があるものの、後半は台風や前線の影響を受ける日が増える傾向にあり、“ゲリラ雷雨”ではないものの、強い雨には注意が必要となります。
今年の“ゲリラ雷雨”発生数は、全国的には昨年2012年より多くなる予想で、全国平均では昨年の約3.5倍となる見通しです。また、昨年同様、急激に発達する積乱雲により、道路冠水や浸水被害、落雷被害などが発生する可能性があるため、注意が必要です。

全国における“ゲリラ雷雨”発生傾向

20130717_0

※ゲリラ雷雨発生回数は、2012年に各都道府県で発生した、または、2013年に各都道府県で発生すると予想される回数の平均値を用いています。

エリアにおける7月下旬以降の“ゲリラ雷雨”発生傾向

北日本
20130717_3

画像をクリックすると拡大画像が見られます

7月中旬は梅雨前線などの影響で、“ゲリラ雷雨”は発生しにくい状況です。7月下旬には東北南部から次第に梅雨明けしそうです。梅雨明け直後は雲の発達を抑える高気圧が強く、“ゲリラ雷雨”は発生しにくくなりそうですが、8月前半にはいったん高気圧の勢力が弱まることにより“ゲリラ雷雨”が発生しやすくなり、ピークを迎える予想です。昨年は8月下旬から高気圧の勢力が強まり、非常に厳しい残暑となって“ゲリラ雷雨”も発生しにくくなり、シーズンを通してのゲリラ雷雨発生数が少ない傾向になりました。今年は昨年に比べると“ゲリラ雷雨”の発生数は多くなり、3~5倍程度となる予想です。

東日本
20130717_4

画像をクリックすると拡大画像が見られます

今年は梅雨明けが早く、梅雨明け直後は高気圧が強まり、猛烈な暑さとなりました。現在はいったん高気圧が弱まって、“ゲリラ雷雨”が発生しやすくなっています。今後は再び高気圧が強まるタイミングがあるものの、8月前半には再び勢力が弱まり、ゲリラ雷雨が頻繁に発生するようになる見通しです。その後、9月になっても“ゲリラ雷雨”が多くなる日がありますが、9月後半には台風や前線の影響を受けて、次第に“ゲリラ雷雨”の発生数は少なくなっていく見通しです。
今年の“ゲリラ雷雨”発生数は、昨年の2~4倍となる予想です。昨年、東日本の中で“ゲリラ雷雨”の発生数がもっとも多かった東海地方では、今年は昨年の2倍程度になる見通しで、関東甲信地方で昨年の3倍、北陸地方で昨年の4倍程度の予想です。

西日本
20130717_5

画像をクリックすると拡大画像が見られます

今年は梅雨明けが早く、梅雨明け直後は高気圧が強まり、猛烈な暑さとなりました。現在はいったん高気圧が弱まって、“ゲリラ雷雨”が発生しやすくなっています。今後は再び高気圧が強まるタイミングがあるものの、8月前半には再び勢力が弱まり、“ゲリラ雷雨”が頻繁に発生するようになる見通しです。その後、9月になっても“ゲリラ雷雨”が多くなることがありますが、9月後半からは台風や前線の影響を受けて、次第に“ゲリラ雷雨”の発生数は少なくなっていく見通しです。
今年の“ゲリラ雷雨”発生数は、昨年の2~5倍となる予想です。近畿地方では、昨年は西日本の中で“ゲリラ雷雨”発生数が最も多く、今年は昨年の2倍程度となる見通しです。また、九州・四国地方では昨年は太平洋側中心に“ゲリラ雷雨”発生数が少なかったため、今年は昨年の5倍程度、中国地方は昨年の3倍程度となる予想です。

“ゲリラ雷雨”発生回数の求め方

“ゲリラ雷雨”をもたらす雷雲は、予め予測可能な前線による雨とは別で、“突発的”かつ“局地的” に発達し、事前に予測することが難しいのが特徴です。また限られた数しか設置されていないアメダスでは、全ての降雨を正確に観測できないのが現状です。当社では、全国500万人以上の利用者からなる降雨報告において、“ザーザー”以上の強い雨 (5段階中の2番目以上に強い雨)が報告された中で、前線等の影響による雷雨(事前予測ができていた雨雲)を除き、当日の朝の時点で予測できていなかった 雷雨を“ゲリラ雷雨”とし、10kmメッシュごとにカウントしています。昨年2012年の発生回数は8月3日~9月30日の期間で算出しています。

“ゲリラ雷雨”傾向について

当社では、日々、長期気象予測サービスの実用化に向けて取り組みをおこなっていますが、現在の気象予測の技術水準では、予測精度の誤差が大きくなる場合があります。この度の“ゲリラ雷雨”の傾向発表にあたり、気象機関や長期予報の有識者の複数の見通しを元に、総合的に見解を出しています。本リリースにおける情報は、発表日における最新の見解です。また、今年の見通しは、7月下旬~9月末までの期間を対象としています。