ニュース

ウェザーニューズ、「梅雨(6~7月)の降雨傾向」第二報発表

梅雨の雨量、末期の大雨により期間全体では平年並となる傾向に

~西・東日本で7月上旬に雨のピーク、土砂災害や浸水に要注意~

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、6月18日(火)、今シーズンの梅雨の季節における降雨傾向(第二報)を発表しました。本発表は、全国的に降雨量が増す梅雨の季節に、降雨の傾向を知ってもらう事で、土砂災害や浸水などの事前対策に役立てていただくことを目的としています。なお、最新の気象情報は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」や携帯サイト「ウェザーニュース」(http://wni.jp/)で随時更新していきます。

梅雨の季節の降雨傾向(6月~7月)

〜全国的に雨量は平年並、特に7月上旬は西・東日本を中心に雨量増加〜

20130618_1
画像をクリックすると拡大画像が見られます

今年は5月下旬に西〜東日本の広範囲で梅雨入りしましたが、その後すぐに太平洋高気圧が弱まったため、梅雨前線が本州の南へ離れ、6月上旬の雨量は平年より少なくなりました。今後は梅雨前線が本州付近に停滞するようになり、梅雨入りが遅れていた北陸や東北も次第に梅雨らしくなりそうです。
今年の梅雨も例年通り、雨の降り方にメリハリがあり、梅雨末期の大雨が予想されます。特に7月上旬は、例年でみても雨量の多い時期ですが、今年もこの時期に各地で雨量がピークを迎え、活発な梅雨前線の影響で西〜東日本の広い範囲で大雨となり、土砂災害や浸水などが発生する恐れがあります。また、今週は台風4号が本州に接近する可能性があり、台風と梅雨前線の影響で西〜東日本の広範囲で大雨に注意が必要です。
今年は梅雨前半の雨量が少なくなりましたが、梅雨後半は雨がまとまるため、梅雨の期間全体の雨量は平年並のところが多くなる見込みです。また、6月下旬には一時的にオホーツク海高気圧が強まり、東北太平洋側〜関東地方は梅雨寒の時期がありそうです。ヒンヤリとした空気に包まれるので、体調管理と農作物への影響にご注意下さい。梅雨明けは全国的に平年並になる見込みで、夏の訪れは西〜東日本で7月中旬、北日本で7月下旬となる予想です。

エリアごとの降雨傾向

地域 予想降雨量
(昨年比)
降雨の特徴 降雨傾向


同じ
参考:仙台
6月:約150㎜
(昨年207mm)
7月:約100㎜
(昨年164mm)
参考:秋田
6月:約120㎜
(昨年35mm)
7月:約200㎜
(昨年208mm)
今年は太平洋高気圧の張り出しが弱いため梅雨前線の北上の時期が平年より遅くなりましたが、今週は次第に梅雨らしくなる見込みです。
今年も昨年とほぼ同じ時期にオホーツク海高気圧の影響を受け、6月下旬〜7月初めにかけて、雨量が少なく、太平洋側を中心に気温の低い時期がありそうです。梅雨前半の雨量は少なくなる予想ですが、7月前半には梅雨末期の大雨となる時期があり、梅雨期間のトータルの雨量は昨年と同じくらいになる見込みです。
今年は平年より遅く梅雨入りしましたが、梅雨明けは平年並になる見込みで、夏の訪れは7月下旬になる見込みです。
20130618_2

画像をクリックすると拡大画像が見られます



同じ
参考:東京
6月:約170㎜
(昨年185mm)
7月:約140㎜
(昨年130mm)
参考:名古屋
6月:約200㎜
(昨年200mm)
7月:約180㎜
(昨年224mm)
参考:金沢
6月:約160㎜
(昨年113mm)
7月:約220㎜
(昨年228mm)
今年は5月下旬に梅雨入りしましたが、その後、太平洋高気圧が弱まったために梅雨前線が南海上へ南下したため、6月上旬の雨量は平年より少なくなりました。
今後は梅雨前線が本州付近に位置する日が多くなる見込みで、雨の日が増え、次第に梅雨らしくなる予想です。今週は台風4号が接近する可能性もあるため、東日本の広範囲で強雨・大雨に注意が必要です。6月下旬にはオホーツク海高気圧の影響で関東地方は湿った北東風が吹き、気温が低く、雨量の少ない時期がありそうです。7月上旬になると次第に雨がまとまるようになり、梅雨末期の大雨が予想されます。今年の梅雨は後半に雨量がまとまるため、梅雨時期トータルの雨量は昨年と同じくらいになる見込みです。
梅雨明けは平年並の予想で、夏の訪れは7月下旬になりそうです。
20130618_3

画像をクリックすると拡大画像が見られます

西

同じ
参考:大阪
6月:約240㎜
(昨年291mm)
7月:約160㎜
(昨年194mm)
参考:広島
6月:約300㎜
(昨年197mm)
7月:約260㎜
(昨年360mm)
今年は5月下旬に梅雨入りしましたが、その後、太平洋高気圧が弱まったために梅雨前線が南海上へ南下したため、6月上旬の雨量は平年より少なくなりました。
今後は梅雨前線が本州付近に位置する日が多くなり、雨の日が増え、次第に梅雨らしくなる見込みです。今週は台風4号が接近する可能性もあり、台風と梅雨前線による大雨に注意が必要です。
今年は6月下旬と梅雨末期に、活発な梅雨前線が停滞して雨量が多くなる予想で、雨量のピークが2回ある見込みです。梅雨前半の雨量は平年より少なくなりましたが、梅雨後半は2度の雨のピークで雨量がまとまり、昨年と同じくらいの雨量になる可能性があります。
梅雨明けは平年並となる見込みで、夏の訪れは昨年より早く、7月中旬になる予想です。
20130618_4

画像をクリックすると拡大画像が見られます

※梅雨の降雨傾向の発表について
当社では、日々、長期気象予測サービスの実用化に向けて取り組みをおこなっていますが、現在の気象予測の技術水準では、予測精度の誤差が大きくなる場合があります。この度の梅雨の降雨傾向発表にあたり、複数の長期予報の有識者の見通しを元に、総合的に見解を出しています。本リリースにおける情報につきましては、発表日における最新の見解になりますので、最新の見解は、当社のスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」、携帯サイト(http://wni.jp)にてご確認ください。