ニュース

GWまであと約一週間! GWの天気傾向発表

GWはお出かけ日和多めも、前半は天気急変に注意

~ 寒暖差が大きく体調管理に注意!晴天日は過ごしやすく、半袖日和に ~

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、ゴールデンウィーク(4月27日~5月6日)の計画に天気情報を役立ててもらうため、期間中の天気傾向を発表しました。今回発表する内容は、全国および、北日本、東日本、西日本、南西諸島のエリアごとの天気と体感の傾向です。ゴールデンウィーク直前の4月25日(木)には、最新の全国各地の10日間天気予報を発表する予定です。

ゴールデンウィーク期間中の全国の天気傾向

~GWは晴れてお出かけ日和が多い傾向に~

今年のゴールデンウィークは、高気圧に覆われる日が多い予想で、晴れてお出かけを楽しめる日が多くなりそうです。ただ、低気圧や前線の通過で3~4日おきに雨になる可能性もあります。ゴールデンウィーク前半(4月27日~5月1日)は、可能性は低いものの、上空の寒気の影響で山沿いを中心に雷雨が発生する恐れがあります。屋外でのレジャーを計画する際は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」や携帯サイト、インターネットサイトにて最新の情報を確認するようにして下さい。体感については、北日本を中心に寒暖の差が大きくなる見込みなので、長期の旅行の際は羽織るものを持つなど、上手く調節できる服装を準備しておくと良さそうです。沖縄では晴れて強い日差しが照りつけることもありますが、次第に梅雨の走りとなり、ゴールデンウィーク終盤ほど曇りや雨の日が数日続くこともありそうです。一方、北海道では、ゴールデンウィーク期間中に桜の開花前線が津軽海峡を渡り、開花シーズンを迎える予想です。

各エリアの天気傾向

北日本
20130417_1
画像をクリックすると拡大画像が見られます
GWはお花見日和に
ゴールデンウィークの期間中は、天気が周期変化する予想です。晴れて春の陽気になる日が多いものの、冷たい雨や雷雨になる日もありそうです。気温の変化で体調を崩さないよう、服装で上手に調節するようにして下さい。
東北北部では桜が見頃を迎え、開花前線は津軽海峡を渡り北海道に到達する見込みです。ゴールデンウィーク後半(5月2日~6日)には青森県にある弘前公園の桜が満開の時期を迎え、札幌周辺でも桜が開花する予想です
東日本
20130417_2
画像をクリックすると拡大画像が見られます
晴天日は過ごしやすく、レジャーに最適な陽気に
ゴールデンウィーク前半(4月27日~5月1日)は、高気圧に覆われて晴れる日が多くなりそうです。ただ、低気圧や前線の影響で雨の降る日もあるため、お出かけの際は最新の情報を確認しておくと安心です。また、山のレジャーは、雷雨の発生など天気の急変に注意が必要です。
ゴールデンウィーク後半(5月2日~6日)も、晴れてシャツ1枚で快適に過ごせる日が多くなる予想です。ただ、朝晩や雨の日はひんやりとするので、体調管理には注意が必要です。新緑が眩しく清々しい時期ですが、紫外線も強さを増しています。万全の紫外線対策をして、屋外レジャーをお楽しみ下さい。
西日本
20130417_3
画像をクリックすると拡大画像が見られます
GWは晴天多く半そで日和になる日も
ゴールデンウィーク前半(4月27日~5月1日)は、天気が周期変化します。前線の影響で曇りや雨になる日もあるので、登山などレジャーを計画の際は、最新情報を確認して下さい。また、上空の寒気の影響で、雷雨が発生する可能性もあります。
ゴールデンウィーク後半(5月2日~6日)は、晴れる日が多くなりますが、低気圧や前線の通過で雨の降る日もある見込みです。晴れると昼間は半袖で丁度良い日もある一方、朝晩と昼の気温差があるので、お出かけの際の服装選びは注意が必要です。
南西諸島
20130417_4
画像をクリックすると拡大画像が見られます
GW後半は早くも梅雨の走りに
ゴールデンウィーク前半(4月27日~5月1日)は、高気圧に覆われて晴れると、強い日差しがジリジリと照りつけます。海のレジャーは、紫外線対策をしっかりしてお楽しみ下さい。また、前線の影響で天気がぐずつくタイミングもありそうです。
ゴールデンウィーク後半(5月2日~6日)は、前線の影響で曇りや雨の日が増える見込みです。梅雨の走りで、ムシムシ、ジメジメと感じられる日が多くなる予想なので、お出かけはゴールデンウィーク前半がオススメです。