ニュース

桜シーズン到来! 関東南部や九州で今週末にお花見ピーク

今週末のお花見、関東南部~東海・四国ともに土曜日がオススメ

~最新の桜のスポット・天気情報を、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」で公開~

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、3月22日(金)、多くの方に短い桜シーズンを楽しんでいただくため、今週末にお花見を楽しめるスポット(関東、東海、四国、九州地方)と桜の開花予想を発表しました。3月に入り、全国的に急に暖かくなった影響で西~東日本に太平洋側を中心に桜のつぼみが生長し、開花シーズンを迎えています。今週末は、早くも開花を迎えた桜スポットへのお出かけがオススメで、関東南部では土曜日がお花見によさそうです。ウェザーニューズでは、お花見の計画に役立つ様々なコンテンツを用意しており、スマホ向けアプリ「ウェザーニュースタッチ」や携帯サイト、インターネットサイトで桜の名所730ヵ所、「さくらプロジェクト」に参加する一般の方の「マイ桜」約10,700本の詳細情報を公開しています。

※ 本発表は、3月22日時点のものになります。最新の天気・桜開花予想は以下のサイトにてご確認頂けます。

全国有数の名所の桜開花予想は下記から確認できます(無料)

スマートフォンアプリケーション
「ウェザーニュースタッチ」をダウンロード後
『さくらCh.』にアクセス

携帯サイト
URL:http://wni.jp

インターネットサイト「さくらCh.」
URL: http://weathernews.jp/sakura/

2013年の桜開花予想

~今年の桜はスピード開花、記録的な暖かさで各地開花シーズンイン!~
画像をクリックすると拡大画像が見られます

今年のソメイヨシノの一輪開花は九州から始まり、3月15 日~17日に九州全域と東京都で2割以上の桜が一輪開花以上の状態になり開花シーズンに入り、今週も西~東日本の太平洋側の地域で続々開花シーズンを迎えました。昨年と比べて1~2週間程度早く、東京では15日早い開花シーズンインとなっています。
12月~1月頃は、たびたび強い寒気が流れ込み、「休眠打破」はしっかり行われたと考えられます。2月は冷え込む日もありましたが、 3月になると一気に春本番の暖かさになり、休眠打破により生長を始める準備が整っていた桜は急激に成長を進めました。これは、偏西風の蛇行が日本付近では北寄りで、低気圧が日本海を通過しやすく、春以降によく見られる南高北低型の気圧配置が平年よりも多くなったためです。この気圧配置のときは低気圧に向かって南西からの暖かな風が吹くため、気温が上がりやすくなります。特に南西風でフェーン現象が起きる関東や九州北部~山陰では、3月上旬は1961年以降の統計で最も気温が高くなりました。東京の3月のこれまでの気温を見ると、例年の桜が満開~散る頃の気温にあたります。この記録的な暖かさにより桜の成長は一気に進み、記録的な早さの開花となりました。
ニッポンの桜をみんなで実況中継するさくらシミュレーターは、インターネット向けサイト『さくらCh.』で公開しているコンテンツで、全国1万本以上の桜の開花の様子を、簡単にシミュレーションすることができます。各地から寄せられる桜の観察リポートをもとにした現在の開花状況や、最新の開花予測を、アニメーションを用いて自由に動かすことができるのが特徴です。
シミュレーション結果を見ると、スピード開花の様子が一目で分かります。関東南部では、来週末には葉桜となるところもある見込みなので(22日10時時点)、お花見は今週末に行くのがオススメです。

3/23(左)、3/31(右)に予想される、桜の開花状況のシミュレーション結果
画像をクリックすると拡大画像が見られます

関東南部エリアのお花見は23日(土)がオススメ!

画像をクリックすると拡大画像が見られます

関東エリアでは3月の暖かさで桜の生長が一気に進み、3月中頃には東京から早い開花を迎えました。あまりのスピード開花に、「あんまり一気に咲かないでほしい」「今年は咲くのが早すぎる」という報告も寄せられています。東京の3月のこれまでの気温を見ると、例年の桜が満開~散る時期の気温にあたるため、記録的な早さの開花になったと考えられます。
現在は北部でも開花が始まっており、南部ではすでに見頃を迎えています。南部では来週末には散ってしまっているところが多い見込みなので、お花見は今週末に行くのがよさそうです。天気をみると、前線の影響でゆっくり下り坂で、24日(日)は雨が降る予想なので、お花見するなら23日(土)の方がオススメです。

東海エリアのお花見は23日(土)がオススメ

東海エリアでは3月の暖かさで桜の生長が一気に進み、3月中頃に静岡県から早い開花を迎えました。現在は愛知県や岐阜県美濃地方にも開花エリアが拡大し、見頃を迎えた所もあります。桜の名所として有名な、愛知県の名古屋城や岡崎公園、静岡県のはままつフラワーパークでも、今週末に見頃を迎える予想です。
今週末の天気は、前線の影響でゆっくり下り坂で、24日(日)は雨の可能性があります。お花見するなら23日(土)の方がオススメです。
画像をクリックすると拡大画像が見られます
四国エリアのお花見は23日(土)がオススメ
四国エリアでは3月の暖かさで桜の生長が一気に進み、3月中頃に高知県から早い開花を迎えました。現在は高知県や愛媛県を中心に開花が進んでおり、見頃を迎えた所もあります。
今週末の天気は、土曜日の昼間は問題ない天気ですが、夜は前線の影響で遅い時間ほど雨の可能性があります。24日(日)はすっきりせず、太平洋側ほど雨の可能性があります。お花見は23日(土)の昼間がオススメです。
画像をクリックすると拡大画像が見られます
九州エリアのお花見は折り畳み傘をお守りに

九州エリアでは3月の暖かさで桜の生長が一気に進み、3月中旬のうちに早い開花を迎えました。福岡の3月のこれまでの気温を見ると、例年の桜が満開~散る時期の気温にあたります。
現在は各地で見頃を迎えており、来週末には散ってしまっているところが多いので、お花見は今週末に行くのがよさそうです。
今週末の天気は、23日(土)は前線の影響で下り坂です。お花見は早めに始めて早めに終わらせるのがよさそうです。24日(日)も南部ほどに雨の可能性があるので、折りたたみ傘を持ってお出かけ下さい。
画像をクリックすると拡大画像が見られます

参考情報)2013年の各都道府県における名所の桜開花予想

下記の予想地点は、全国730箇所の名所から都道府県ごとに1つをピックアップ(北海道は2つ)したもので、その他の予想地点は、インターネットサイト(http://weathernews.jp/sakura/)または、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」、携帯サイト(http://wni.jp)にてご確認いただけます。また、昨年および5年平均開花日は、一部を除き各地点への当社独自調査によるものです。

※1)2010年より開花の定義を「5~6輪」開花からより需要の高い「1輪」開花に定義を変更したため、それ以前(20008年、2009年)の1輪開花日は当社の推定値に基づいて算出しています。