ニュース

世界最高齢(80歳)で世界最高峰へ
三浦雄一郎チームのエベレスト登頂をサポート

~気象面でのサポートとスマホ・携帯を通じた応援~

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、世界的プロスキーヤー・冒険家の三浦雄一郎氏が、世界最高齢(80歳)でエベレストに挑む「MIURAエベレスト2013」(2013年3月末-5月)において、前回2008年に引き続き、安全面と登頂成功に配慮した気象面のサポートを行うとともに、当社のスマホ・携帯サイトにて、登頂隊の現地の様子を随時更新、サポーターの応援メッセージを三浦隊に届けながら、偉大な挑戦を応援します。

MIURAエベレスト2013 特設ページ(無料)4月初旬より開始

スマートフォンアプリケーション
「ウェザーニュースタッチ」
をダウンロード後に特設ページにアクセス

携帯サイト
URL:http://wni.jp/

8848mに80歳で挑む三浦雄一郎氏

三浦雄一郎氏と豪太氏は、2003年、エベレストに初の日本人親子同時登頂を成し遂げ、2008年には三浦雄一郎氏が75歳でエベレスト登頂に成功しました。
この度は、3度目の挑戦、しかも80歳という世界最高齢で、究極のアンチエイジング(抗加齢)に挑戦します。

現地との相互な情報交信による気象サポート

ウェザーニューズでは、この『MIURAエベレスト2013』登頂プロジェクトに共感し、2008年に引き続き、同登頂隊へ気象面でのサポートを行います。8000m級の高峰では気象は刻々と変化し、特にエベレスト頂上付近では風速50m/sにも及ぶジェットストリーム(偏西風)が吹き荒れることがあるため、登頂成功にはタイムリーな気象把握が欠かせません。当社では、三浦隊に携行してもらうハンディな観測機「ソラヨミマスター」の気温、風速、湿度、気圧などのデータ、現地からの写真やリポートをもとに、登頂ルートに合わせた気象解析を登山気象の専門家が行い、メールや衛星電話を使って登頂隊に提供し、登山の安全面と登頂の判断をサポートします。登頂隊と予測チームの相互な情報交信により予測精度、リスクの回避の可能性を高めます。

三浦隊がスマホ・携帯サイトで刻一刻と状況を投稿。みんなで応援します

当社では、スマホ・携帯電話を通じて、この挑戦を応援します。4月初旬から特設ページにて、三浦隊からの現地の状況等を投稿してもらい、その投稿に皆さんが応援メッセージなどを送ることができます。この“応援メッセージ”は、前回エベレスト登頂の際にも数多く集まり、現地の登頂隊を強く励ますことができました。今回も日本中の皆さんと世界最高齢の世界最高峰の登頂挑戦を応援していきます。