ニュース

いよいよ北日本でも本格的な花粉シーズンへ

<速報>春の嵐で東京都では今シーズン一番の飛散数に
大阪府を含む2府8県で“本格”花粉シーズン突入!

~ 本日、滋賀県、石川県、富山県で本格花粉シーズンへ ~

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、2月28日(木)〜3月1日(金)にかけて、西・東日本の各地で花粉飛散数が増加し、今後も飛散数が増える見通しから、大阪府を含む2府8県が“本格花粉シーズン”に突入したことを発表しました。3月1日(金)16時現在、発達した低気圧の影響で全国的に春の嵐となり、西日本・東日本の各地で花粉が大量飛散しています。当社では全国1,000ヵ所に、花粉観測量に応じて目の色が変化する独自の花粉観測機『ポールンロボ』の設置を進め、花粉の観測をしています。2月28日(木)、大阪府内約3割の観測地点において、花粉症の症状が出始める花粉飛散量(30個)を超えるレベルに達しました。また、府内の花粉症の方の症状報告を見ても、“ややつらい”以上の症状を感じる方が増えてきています。その他では、福島県、宮城県、長野県、福井県、京都府、和歌山県でも30個以上の飛散に達したため、28日に本格花粉シーズンに突入したことを発表いたします。また同様に、本日滋賀県、石川県、富山県でも本格花粉シーズンに突入しました。花粉症の方は、最新の花粉飛散情報を確認し、十分な対策を取る必要があります。
※「花粉に敏感な人が花粉症の症状が出始める花粉飛散数10個」「花粉症の症状が出始める花粉飛散数30個」は、過去8年、協力者と共に蓄積した花粉飛散量と症状のデータを相関、分析した情報です。また、花粉観測機「ポールンロボ」は、全国の花粉症の方の一般家庭や企業、病院などに設置している当社独自の観測機で、人の呼吸と同じ量を吸引し、観測しているため、実際に人間が空気中で吸い込む花粉量を計測することができます。

今後の飛散予測についての全国の概況

20130301_2_1
画像をクリックすると拡大画像が見られます

28日は高気圧に覆われ、西日本・東日本を中心に暖かな晴天となり、大阪を含む2府5県で本格花粉シーズンに突入しました。昨シーズンに比べて1週間程度早いものの、平年(過去5年の平均)と同時期の本格花粉シーズン突入となりました。また、今日は、日本海に進んだ低気圧により南風が強まり、さらに暖かくなりました。このため、一気に花粉の飛散数が増加し、東京都を含む関東南部などでは今シーズン一番の飛散となっている所もあります。明日以降は冬型の気圧配置となり、再び冷たい空気に覆われる予想ですが、それでも引き続き強風となるため、花粉が大量に飛散する恐れがあります。特に週末外出される方は、しっかりと対策をとることが必要です。
3月は寒さが緩むタイミングも周期的にある見通しですので、そのタイミングではさらに飛散数も多くなる可能性があります。今年の花粉の飛散量は、昨シーズンより多くなる所が多く、東北地方を中心として、大量飛散となった2011年シーズンと同程度となる可能性もあります。早めにしっかりとした対策をとることが必要です。最新の飛散情報と各地の本格シーズン突入のお知らせは、スマートフォン向けアプリケーション「ウェザーニュースタッチ」および携帯サイト(http://wni.jp)にて随時発表していく予定です。

20130301_2_2
上の図は3月1日16時現在のインターネットサイト「ウェザーニュース」の『花粉Ch.』。大量飛散(今日の花粉飛散数200個以上)となっている観測点を赤いアイコンでプロットされています。

花粉観測機「ポールンロボ」の観測結果

<本格花粉シーズン突入>
大阪府

観測場所

東大阪市

東淀川区

高槻市

堺市中区

吹田市

28日(木)

68個

34個

58個

66個

79個

長野県

観測場所

長野市

大町市

駒ヶ根市

上松町

千曲市

28日(木)

39個

44個

92個

36個

93個

宮城県

観測場所

仙台市泉区

美里町

大河原町

多賀城市

山元町

28日(木)

35個

82個

45個

59個

46個

<春の嵐で今シーズン一番の飛散に>
東京都

観測場所

港区

町田市

目黒区

三鷹市

中野区

1日(金)

333個

373個

265個

294個

275個

今後の見解

20130301_2_table
  • 飛散開始予想日は各県内において3割以上の花粉観測機「ポールンロボ」が10個/日以上(2日以上)を、本格飛散予想日は30個/日以上を、観測した日を基準としています。

  • 赤字で日付が記載してある県は、すでに「花粉シーズン」「本格花粉シーズン」に突入しています。