ニュース

ウェザーニューズ、花火大会の観客と主催者を総合的にサポート

全国1,200カ所の花火大会の開催可否をスマホにお届け

〜50大会の運営主催者に花火大会開催可否判断支援サービスを提供〜

イベント気象 > モバイル/インターネット >

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、花火大会にお出かけされる方のスマホに全国1,200カ所の花火大会情報や天気をお届けする通知サービスと、花火大会の主催者向けに大会運営を気象面でサポートする「花火大会開催可否判断支援サービス」の提供を開始しました。  スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内「花火天気Ch.」にある「花火のしらせ」は、事前に登録しておくと開催日の前日に会場の天気、当日に花火大会の開催可否が届く通知サービスです。「花火大会開催可否判断支援サービス」は、大会の中止や続行を判断する花火大会の主催者に対して、雨・風・雷・熱中症などの気象リスク情報を提供するサービスです。主催者は突発的な雷雨など気象リスクが高い場合、来場者に対して中止や延期情報を事前に周知することができます。ウェザーニューズは、一般の方が花火大会をより楽しめるよう、また主催者が安全に大会を運営できるよう、総合的にサポートしていきます。

「花火天気Ch.」の通知サービス

スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「花火天気Ch.」の「花火のしらせ」に登録

「花火天気Ch.」はこちら

1)「ウェザーニュースタッチ」から
「花火天気Ch.」にアクセス

2)スマホ向けwebサイト
http://weathernews.jp/s/hanabi/

3)インターネットサイト(PC版)
http://weathernews.jp/hanabi/

 

◆大会の開催可否や当日の天気をスマホにお知らせする通知サービス「花火のしらせ」  

 「花火のしらせ」は、登録した花火大会の前日に「当日の天気」、当日に「開催可否」をスマホにお届けする通知サービスで、悪天による大会の中止を事前に知ることができます。7〜8月はゲリラ雷雨が1年で1番発生しやすく、今年の発生のピークは8月上旬・下旬と予想しています。特に昼過ぎからちょうど花火大会が開催される時間帯は注意が必要で、夏休みを最大限に楽しむためにも、事前の登録をおすすめします。「花火のしらせ」は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「花火天気Ch.」からご登録いただけます。なお、「花火のしらせ」に登録した花火大会は、「花火天気Ch.」内の「Myスケジュール」に表示され、その大会の詳細情報や天気のページへ簡単にアクセスできるようになります。ぜひご利用ください。

shirase 1

◆全国1,200カ所の花火大会を紹介、あなたにピッタリの大会がきっと見つかる!  

2 「花火天気Ch.」では、国内最大規模の数となる全国約1,200カ所の花火大会を紹介しています。「花火サーチ」では、花火大会を様々な方法で検索いただけます。「都道府県ごと」や「現在地周辺」の検索のほか、「大会名」や「開催日」での検索もできますので、出かける花火大会が決まっている方も、決まっていない方も、その方にとってぴったりの大会が見つかるはずです。例えば、急に思い立った時でも「現在地周辺」で検索して、近くで行われる花火大会に行くことができます。また「開催日」で検索して、夏休みの旅行と合わせて知らない土地の花火大会を探してみるのも、旅の楽しみが増えそうです。  
 大会ごとのページでは、開催日時・場所・アクセス・打ち上げ数などの基本情報はもちろん、大会1週間前からは予報センターによる詳しい天気解説もご確認いただけます。花火は雨・雷・風などの天候による影響を受けやすいため、予定を立てる際にぜひご確認ください。無事に開催される場合でも、「煙で花火がよく見えない!」ということにならないよう、事前に風向きを調べておき、どこに席をとるのかの検討にもご利用いただけます。

 

◆花火大会の延期を最小限に、大会運営の安全性をサポート

 昨今、ゲリラ雷雨の発生による花火大会の中断や延期が相次ぎ、主催者の的確な実施・中止の判断と来場者への事前周知の重要性が高まっていまOLYMPUS DIGITAL CAMERAす。ウェザーニューズは、今夏50以上の大会に対して「花火大会開催可否判断支援サービス」を提供し、大会を開催するか否かを判断する主催者を気象面からサポートします。
 「花火大会開催可否判断支援サービス」では、各大会の開催可否判断のタイミングに合わせて、運営に重要な要素である雨・風・雷・熱中症の4種類の警戒情報を3段階(通常・注意・警戒)で発表します。ゲリラ雷雨の可能性も事前に把握することができるため、中止や延期を来場者に対して前広に発信することが可能になります。ウェザーニューズイベント気象チームは24時間対応可能で、主催者はいつでもお問い合わせいただけます。

 

◆「花火大会開催可否判断支援サービス」のサポート実績

昨年は、第27回東京湾大華火祭、第38回隅田川花火大会、2015 びわ湖大花火大会をはじめとする全国の約50大会をサポートしました。 <サポート例>  当日は気象庁から市内に大雨注意報・洪水注意報が発表されており、大会主催者は午前中の段階では中止の方向で検討していました。ウェザーニューズイベント気象チームは15:30に気象情報をお送りしてから最終判断の17:00までに大会主催者と3回コミュニケーションを行い、一貫して「雨は降っても短時間で、花火打ち上げ時間の19:30までには止む予想」とお伝えしました。主催者はこれを受けて開催を決定し、予想通り雨は上がって、予定通りに花火大会は開催されました。

5

◆花火大会主催者様向けサービスについてのお問い合わせ窓口

株式会社ウェザーニューズ 花火大会サービス担当   
電話:043-274-5590   FAX:043-296-3763   
メールアドレス:hanabi-support@wni.com

 

 

本ニュースをプリントアウトしてご覧になりたい方はこちら